秋田お土産ならこれ!地元民100人に聞いて決めたお土産ベスト10

日本海側に位置する秋田県は美味しいグルメを堪能できる観光地として。そしてなまはげなど古来からの伝統文化を目の当たりにすることができる場所として有名ですね。毎年厳しい冬が訪れるこの地では人々の様々な知恵が盛り込まれた加工品や工芸品も多数あります。そんな秋田県で買っておいて損のないお土産は何か?を、国内大手旅行雑誌「じゃらん」編集部が地元に住む20~69歳の男女を対象にアンケートしました。
地元の人が選ぶ一品なら決して間違いがはないはず。秋田の人たちが選んだお土産これからランキング形式で紹介していきますので秋田へ旅行・出張の方はぜひ参考にしてください。お目当てのお土産もランクインしているかも!?
本記事は旅行情報誌『じゃらん』のプレスリリースをソースとしています。

第10位「諸越(もろこし)」:小豆の粉と砂糖を混ぜて固めて作った落雁

92589:第10位「諸越(もろこし)」:小豆の粉と砂糖を混ぜて固めて作った落雁

写真/株式会社リクルートライフスタイル

もろこしは落雁の一種。
上質の小豆粉に砂糖や和三盆糖を加え、型打ち・乾燥・下焼きした銘菓です。
秋田で古くから栽培されていた小豆の粉を使って作られていて、口の中でサラサラととろけていくような食感がなんとも独特。

ちょっと不思議で美味なお土産として選択肢に入れてみてくださいね♪

第9位「秋田県産りんごを使ったパイ」

92588:第9位「秋田県産りんごを使ったパイ」

写真/株式会社リクルートライフスタイル

秋田が全国に誇る果物といえば”りんご”。
秋田ブランド「紅ほっぺ」をはじめ多数生産されている秋田りんごの甘い果汁と適度な酸味は絶品!そんなりんごがふんだんに使われたアップルパイが美味しくないはずがありませんよね。

横手産のりんごを使ってよく練ったパイ生地で包み込み、さっくりと焼き上げた、見るからに食欲をそそるパイ。
りんごのおいしさがしっかりと感じられ、特に女性に人気の商品です。

画像:150円(1個)/製造元:秋田菓子宗家 かおる堂

第8位「秋田ぷりん」

92595:第8位「秋田ぷりん」

写真/株式会社リクルートライフスタイル

言わずとも知れたお土産プリンですが、秋田ぷりんは秋田県由利本荘市にある花立牧場のジャージー牛乳を使っています。
素材にこだわりがあり、地元の養鶏場の卵を使用している、郷土愛の詰まったぷりん。
ジャージー牛乳のコクが生き、舌触りはとってもなめらかですよ♪地元の洋菓子店に置いてあるので、足を伸ばすお時間がある方はぜひ!

画像:270円(1本) /販売元:お菓子の郷ジロー

第7位「さなづら」:山葡萄の果汁ゼリー

92586:第7位「さなづら」:山葡萄の果汁ゼリー

写真/株式会社リクルートライフスタイル

「さなづら」とは秋田の方言で”山葡萄”を意味します。
甘酸っぱく、ねっとりとした食感で、お茶にもよく合う寒天風お菓子。
昔から山間地域で主に食べられてきた食品で、見た目も味もとっても上品!

秋田県銘菓として長年定番のお土産として広く知られています。

画像:1,260円(12枚)/販売元:菓子舗榮太楼







第6位「あんごま餅」:あんことすりごまがたっぷりのった餅

92584:第6位「あんごま餅」:あんことすりごまがたっぷりのった餅

写真/株式会社リクルートライフスタイル

第3位の「だまこ餅」とはまた違った美味しさをもつ「あんごま餅」。
その名の通り柔らかな餅になめらかで甘さ控えめのこし餡と香ばしいごまが乗っていて、その相性は言うまでもなく抜群!

秋田県北西部に位置し、かつて国内第2位の広さを誇った「八郎潟」のある八郎潟町の名産品。
こちらにいらした際のお土産としておすすめですよ♪

画像:620円(14個)/販売元:畠栄菓子舗

第5位「しとぎ豆がき」:黒豆入りの餅おかき

92585:第5位「しとぎ豆がき」:黒豆入りの餅おかき

写真/株式会社リクルートライフスタイル

第5位にランクインしたのは黒豆の入った秋田米の餅をからりと焼き上げたおかき。
「しとぎ」とは米粉やもち米で作った、現在の餅の”原型”ともいわれる食べ物のこと。
古くから神祭のお供えとして不可欠だったそうです。

米の自然な甘さを引きだすための塩加減も絶妙で、ついつい食べる手が進んでしまう罪作りなお菓子ですよ。

価格も20枚入りで648円(税込み)とコスパ高。
さらに30枚入りを買うと化粧箱に詰められているので、目上の方へのお土産品としてもおすすめなんです。

画像:648円(20枚)/販売元:一乃穂

第4位「バター餅 柴田さんちの “元祖” のび~るふわふわ」:甘い餅菓子

92583:第4位「バター餅 柴田さんちの “元祖” のび~るふわふわ」:甘い餅菓子

写真/株式会社リクルートライフスタイル

県内でも男鹿半島の近辺に所在する北秋田市で40年以上食べられてきたと言われている特産品。
水に一晩浸したもち米をつき、バター、卵黄、砂糖などを混ぜて作られるお菓子で、柔らかい食感でありながら、時間をおいても固くならないのが特徴です。

ちなみに人気TV番組『秘密のケンミンSHOW』でも紹介され、知名度も右肩上がりのおすすめ品ですよ♪

画像:バター餅 柴田さんちの “元祖” のび~るふわふわ「バター餅」450円(5切れ)/販売元:秋林商店

次のページでは『第3位「だまこ餅」:お餅の中に、ゴマだれが入った餅菓子』を掲載!
次のページを読む >>