青森県「八甲田山」の絶景に感動…登山に温泉、紅葉まで楽しむ日本名山100

八甲田山は17以上の火山や溶岩ドームから成る火山群地域のことなんだそうです。火山の活動時期の違いから、大岳(標高1585m)や高田大岳などの山々がある方を北八甲田、櫛ケ峰がある方を南八甲田と南北に区分されているんです。一番早くに誕生した火山は約110万年前ということですから驚きますよね。八甲田という名前の由来は、沢山(八)のタテ状(甲)の山々と湿原(田)から付けられたんだそうです。なんだか、特別な景色がありそうですね。


路線バスに乗って八甲田山に行ってみよう!

八甲田山へ行くには青森駅(または新青森駅)からJRバス東北の十和田北線『みずうみ号』に乗りましょう!目的地である八甲田ロープウェイ駅前までは所要時間約1時間で到着しますよ。
『みずうみ号』は冬季の間”酸ヶ湯温泉行き”に、それ以外は”十和田湖行き”となりますのでご注意くださいね。

JRバス東北 十和田北線[みずうみ号] の住所・アクセスや営業時間など

名称 JRバス東北 十和田北線[みずうみ号]
住所 青森県青森市柳川1丁目1青森駅(東口11番のりば)
営業時間・開場時間 時刻表による
利用料金や入場料 青森駅-ロープウェー駅前 1,100円
参考サイト http://www.jrbustohoku.co.jp/route/detail/?PID=1&RID=1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

JRバス東北 十和田北線[みずうみ号] のスポットページ

八甲田山の玄関口!八甲田ロープウェイ

つぎは八甲田ロープウェイの山麓駅から山頂公園駅までの”空中の旅”を楽しみましょう。
北八甲田の田茂萢岳(タモヤチダケ)の山頂付近までロープウェイが整備されているだけあって、所要時間は約40分です。
かなりの高さがあるので目の前を遮るものがない美しいパノラマビューを望むことができますよ。
また山麓駅・山頂公園駅の各駅舎内には売店やトイレなどの設備も充実しています。

八甲田ロープウェイの住所・アクセスや営業時間など

名称 八甲田ロープウェイ
住所 青森県青森市大字荒川寒水沢
営業時間・開場時間 9:00 – 16:20(冬季15:40)
利用料金や入場料 大人往復1,880円 小人往復870円
参考サイト http://www.hakkoda-ropeway.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

八甲田ロープウェイのスポットページ

登山の難易度は☆☆~☆☆☆まで!

登山の難易度は☆☆~☆☆☆まで!

image by iStockphoto

八甲田山の登山は、主峰である大岳が最もポピュラーなので、このコースをご紹介します。
まず山頂公園駅を出発→赤倉岳→井戸岳→大岳避難小屋→八甲田大岳→大岳避難小屋→上毛無岱分岐→下毛無岱→酸ヶ湯温泉に到着!コースタイムは約5時間と、かなりハードです。
普段デスクワークで体を動かしていない方だと、登山の途中『…。
』が多く発生しそうな予感がしますね。

八甲田山の住所・アクセスや営業時間など

名称 八甲田山
住所 青森県青森市 八甲田山
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=156
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

八甲田山のスポットページ

『登山は断念』という方に、トレッキングをおススメ!

『登山は断念』という方に、トレッキングをおススメ!

image by iStockphoto

初心者の方には登山よりも、トレッキングを推奨します。
整備された遊歩道の中を気軽に散策してみましょう!出発は登山ルートと同じ山頂公園駅ですよ。
そこから三山展望台→田茂萢(タモヤチ)湿原を一周→山頂展望台→山頂公園駅に到着です。
この『八甲田ゴードライン』というコースは、約30分で八甲田山の豊かな自然を満喫できます。
是非、参加してみてください。


名前の由来『田』の部分を覚えていますか?

名前の由来『田』の部分を覚えていますか?

image by iStockphoto

八甲田山には沢山の湿原があるんです!仙人岱(センニンタイ)、毛無岱(ケナシタイ)、睡蓮沼など15以上の湿原では、それぞれに趣があって美しいですよ。
なかでも田代平(タシロタイ)湿原は青森市の天然記念物にも指定されている一番大きな(八甲田山系中)湿原です。
ここは比較的標高が低いため、他の湿原とは高山植物の種が異なっているんだそうですよ。
夏の辺り一面が緑色の景色も素敵ですが、秋の草の紅葉も見逃せません。

田代平湿原の住所・アクセスや営業時間など

名称 田代平湿原
住所 青森県青森市駒込深沢
営業時間・開場時間 5月下旬~10月下旬
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000094.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

田代平湿原のスポットページ

秋です!八甲田山周辺は赤一色

秋です!八甲田山周辺は赤一色

image by iStockphoto

9月下旬~10月下旬の約1か月間は紅葉の季節です。
八甲田ロープウェイからのブナやカエデの紅葉は美しく、また数ある湿原の草紅葉ももちろん美しいのですが、122mの高さをもつ城ヶ倉(ジョウガクラ)大橋から、十和田八幡平国立公園内有数の景勝地である城ヶ倉渓流とあわせて紅葉を楽しまれてはいかがでしょうか。
俯瞰でこれほどの景色を見渡せられるって素敵ですよね!

城ヶ倉大橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 城ヶ倉大橋
住所 青森県青森市荒川 青森県青森市荒川字南荒川山1-1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000130.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

城ヶ倉大橋のスポットページ

火山の恵み、温泉地がいっぱい!

八甲田温泉は”らむねの湯”が自慢!炭酸ガスが溶け込んだ炭酸泉は、血流を活発にする効果があると期待されています。
他にも八甲田山を望みながら露天風呂を楽しめる”龍神の湯”、肌の老廃物が取れお肌スベスベの美肌効果のある”みるくの湯”や、現代病である高血圧・糖尿病に効能がある”八甲田元湯”とありますよ。

関連記事を見る

国内の記事を見る

武勇と外交に長けた「鬼義重」こと佐竹義重、常陸統一から出羽転封までを語り尽くす
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
実は史跡や文化財の宝庫!日本を代表するホテル「椿山荘」の歴史とは
お台場=砲台?!意外と知らない品川台場の歴史と成り立ちについて
東京観光で行きたい庭園8選!公園で、歴史と絶景を楽しもう
きっとまた行きたくなる!由布院温泉の成り立ちと歴史的スポット
築地市場近くのあの建物は何?知っておきたい築地本願寺の今と昔