地元民が伝授!青森で絶対行きたい「弘前」の観光ガイド

みなさん。弘前をご存知でしょうか?私の大好きな街なんですが、おそらく、弘前城なら知ってるっていう方は多いかもしれませんね。弘前の歴史は長く、鎌倉・室町時代には、津軽藩として、藩庁が弘前城に置かれました。また有名な作家、太宰治が生まれ育ったのも弘前です。最近でいうと、画家の奈良美智も、弘前出身です。芸術家を生む基礎みたいなものが、この弘前にはあるのかもしれません。そんな魅力ある弘前を今回はたくさん紹介していこうと思います。

弘前観光の前に知っておこう!

弘前市内は、弘前城を中心に市内に歩いて行ける範囲で、いろんな歴史的建造物があります。
古い神社や寺も多く、パワースポットと呼ばれるところもあります。
教会も青森や八戸といった他の地域より断然多く、素晴らしい教会を見て歩くのも楽しいです。
自然も豊富で、白神山地は世界遺産にも登録されていて、許されるなら丸1日かけて観光してもいいくらいの価値があります。

弘前の観光ってなにをするの?

弘前の観光ってなにをするの?

image by PIXTA / 12736804

弘前市内は、弘前城を中心に、市内に歩いて行ける範囲で、いろんな歴史的建造物があります。
古い神社や寺も多く、パワースポットと呼ばれるところもあります。
教会も青森や八戸といった他の地域より断然多く、素晴らしい教会を見て歩くのも楽しいです。
自然も豊富で、白神山地は世界遺産にも登録されていて、許されるなら丸1日かけて観光してもいいくらいの価値があります。

弘前の主要観光地へのアクセス手段は?

弘前の主要観光地へのアクセス手段は?

image by PIXTA / 1030058

東北新幹線で、東京−青森(2時間59分)

特急・快速・普通電車に乗換−弘前(25〜約40分)

飛行機で、東京−青森(時間15〜20分)青森空港からバスで55分

弘前からは、各公共交通機関を使い、観光地へ行きます。
「津軽フリーパス」というパスが販売されていて、津軽の名所・温泉・観光地を列車とバスが2日間乗り放題になります。
ツアーパックではなく、個人での旅行なら、こういうパスを利用して上手に観光したいですよね。







弘前って寒い?おすすめの季節や服装は?

弘前って寒い?おすすめの季節や服装は?

image by PIXTA / 28185758

弘前の冬は寒く、青森市内同様雪が多いです。
雪がひどい日には、ホワイトアウトという現象が起こります。
雪を知らない地域の方には、そんな経験は全くないと思われ、自ら体験に訪れる観光客も毎年おられます。
来る際には、ヒートテックの極寒用など、寒さ対策を十分していらしてください。
また、最近の夏は、猛暑と呼ばれる暑さにもなります。
北国だから涼しいわけではないので、薄着でどうぞ。

おすすめは、寒さが苦手な方は、冬は避けたほうがいいかもしれませんが、冬だからこそ見られる光景やお祭りもあります。
それ以外の季節は、春は桜が弘前は立派ですし、夏や秋は、新緑や紅葉など自然の景色を楽しむには、絶好のシーズンなので、都合が合うときに思い切って休みを取って、津軽をエンジョイしにきてください!

弘前から青森県内の他の観光スポットは近い?

弘前から青森県内の他の観光スポットは近い?

image by PIXTA / 22687402

どうしても都会とは違い、バスや電車の本数は多くありません。
弘前市内から、郊外の観光へは津軽地方内であれば、だいたい車で1時間〜1時間半で移動できますが、それ以外の地域は高速道路を使っても、電車でも当然それ以上に時間がかかりますので、日帰りでは厳しいかもしれません。
次のページでは『弘前観光のモデルコースはこう!』を掲載!
次のページを読む >>