仙台に行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。仙台市での観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。
【決定版】地元民が教える、仙台の観光ガイドはこちら。

仙台市の光のページェント

仙台市の光のページェント

image by iStockphoto / 43042902

クリスマス・年末にかけてのイベント。
点灯時間はくらくなる17時くらいから夜中まで点灯する。
この定禅寺通にLEDライトが散りばめられ、その一帯は交通渋滞を起こす。
老若男女楽しむことができるイベント。
特に若いカップルはクリスマスイベントとして訪問し、クリスマスイブ、クリスマスは混み具合が最高潮に達する。

東北最大級、夏祭り

東北最大級、夏祭り

image by iStockphoto / 750842

東北を代表する夏のお祭り、仙台七夕祭り。
7月7日に開催されるわけではなく、8月7日が毎年メインとなる。
夜には花火大会も開催され、昼夜問わず、この時期はものすごい観光客が仙台を訪れる。
中でもアーケード沿いに七夕飾りが並ばれるのは圧巻であり、一度は訪れるべきお祭りとなる。
七夕飾りは個性豊かなものが多く、毎年参加しても飽きることはない。

塩釜神社の風景

塩釜神社の風景

image by iStockphoto / 1586374

仙台市ではなく、塩釜市の塩釜神社の庭園の風景です。
塩釜神社は宮城県を代表する神社であり、初詣には宮城で一番を争うほど、混み合う神社として知られています。
また塩釜神社に隣接して志波彦神社も隣にあります。
塩釜市は海に面していて、この塩釜神社からも海を一望することができます。
表山道からの階段は急な階段となっているため、裏参道からお参りされることをお勧めします。

船岡城址公園

仙台市ではなく、大河原市の船岡城址公園から見える「一目千本桜」の画像です。
宮城屈指の桜の名所であり、花見時期は大変込み合います。
船岡城址公園までの駐車場は大変混み合うため、朝から出掛けることをお勧めします。
そうしないと近場の駐車場にとめることができず、歩くことになります。
また、船岡城址公園の頂上には大仏さまがおられます。






仙台駅前の画像

仙台駅前の画像

image by iStockphoto / 58648154

仙台駅前のペデストリアンデッキの風景となります。
仙台西口にあり、東口よりもメインとなっています。
ペネストリアデッキの下にはバスプールやタクシーといった交通機関が網羅されています。
仙台駅前を待ち合わせ場所に設定する人はこの画像のペネストリアデッキが多いです。
ペネストリアデッキは道が広く、通行しやすいことが挙げられます。

仙台名物の牛タン

仙台名物の牛タン

image by iStockphoto / 44820420

仙台名物の牛タンです。
仙台にこられる観光客はまず牛タンを食べられます。
ちなみに、宮城県出身のひとは日常的には牛タンを口にしないため、他県のひとの方が、牛タンを食べる機会は圧倒的に多いです。
また、牛タンのお店も宮城のひとはあまり知っているひとは少ないようです。
仙台駅中には牛タン屋が数多く出店し、牛タンで観光客をお出迎えしています。

鳴子のこけし

鳴子のこけし

image by iStockphoto / 15237369

仙台市ではなく、大崎市の鳴子のこけしは非常に有名です。
鳴子は宮城でも大型な温泉がであり、毎年多くの観光客がこれらます。
硫黄の香りがする温泉街で非常に有名です。
日帰り温泉は昼の時間までしかしてなく、夜は宿泊客専用に取られている旅館が多く、宿泊者に趣をおいた宿が多いです。
冬時期は雪がひどく、多雪地域となっています。
次のページでは『仙台市中山の大仏』を掲載!
次のページを読む >>