地元民が伝授!宮城県「仙台城跡」の完璧ガイド。見どころからモデルコースまで

昨今のお城ブームで、全国のお城を見に訪れる人が年々増えていますね。日本の歴史の尊さと奥深さを知るのに欠かせないのがお城。仙台には「仙台城址」があり、残念ながら現在お城はないのですが、そこから、伊達政宗と仙台の歴史を垣間見ることができます。仙台城址を訪れる仙台の旅のご案内をさせていただきます。

仙台城址とは?

どこにあるの?どうやっていくの?

どこにあるの?どうやっていくの?

image by PIXTA / 26998313

行き方がいくつかあるのでご紹介しましょう。
まずは仙台市内を走っている、ちょっとレトロな雰囲気のあるバス、「るーぷる仙台」市内の観光地を巡りながら走っているバスですが、市民も乗車します。
観光バスとしての要素もあり、運転手さんが、観光名所や各地の歴史やプチ情報をアナウンスしてくれて楽しく乗車できます。
仙台駅から出ていて、時間は約20分ほどで仙台城址駅で降りればすぐ。
または、仙台駅から地下鉄東西線を利用して行くことも。
「国際センター駅」で下車し、ここから仙台城址までは歩いて行くことになります。
坂道ですが、歩きやすい歩道で、緑も美しいので、晴れて気候のいい時期にはお勧めです。
東西線は平成27年に開通した新しいラインで、駅も新しく、とても乗り心地のいい地下鉄。
仙台に来たらぜひ乗車してみてください。
行きと帰りで両方に乗ってみるのもいいですね。

どんな歴史があるの?

どんな歴史があるの?

image by PIXTA / 19701393

仙台を代表する観光地、仙台城。
地元では、「青葉城」と呼ばれることが多いです。
戦国武将、伊達政宗が建立したお城で、標高約130m、東と南を断崖が固める天然の要害に築かれた城。
お城のメインでもある天守閣は元々作られておらず、残念ながら今では城は消失してしまい、その様子をみることはできません。
それでも、本丸跡に立てば、仙台の美しい景色とともに、お城だった部分を想像させてくれるような景色をみることができます。
小高い丘を上がって行くと、城址の入り口には、脇櫓が立っています。
城壁の建物で、これが唯一復元された建物。
ちょっと寂しい感じもしますが、ここを上がって行くと本丸跡へと続きます。
すると堂々とした作りの石垣が。
ここがお城の跡だったのだということをわからせてくれる作りです。

東日本大震災後、復旧工事のためしばらく見ることができませんでしたが、この度無事に工事も終わり、再び姿を表してくれた石垣。
そして、いよいよ本丸跡へ。
政宗公騎馬像の前に立てば、天下取りの野望に燃えた政宗公と同じ視線で、市街を展望できますよ。
ここは平成15年に国の史跡指定を受けました。

どんな体験ができるの?

どんな体験ができるの?

image by PIXTA / 22307947

この中心部には護国神社があり、その隣には「本丸会館」があります。
ここにある青葉城資料展示館では、伊達政宗公の生涯をはじめ伊達家、仙台藩、仙台城(青葉城)関する歴史的に重要な資料や模型、パネル、などが展示されていて、詳しく解説もされています。
歴史や伊達政宗に興味がある方には、かなり魅力的な展示物です。
そして、コンピューターグラフィックによる映像で、再現された仙台城も見ることができます。
かなり豪華で手の込んだ内装の作りだったことが伺えるとともに、その時代にタイムスリップしたかのような、想像力を掻き立てる映像を見ることができますよ。
そしてここには、レストラン、お土産やさんも。
食事をしながらゆっくり観光できます。

近くにはどんなものが?

近くにはどんなものが?

image by PIXTA / 16468206

城下には、「仙台市博物館」があり、こちらも合わせて行ってみるといいでしょう。
ここは伊達家から寄贈された文化財をはじめ、仙台の歴史や文化に関する資料の保管、展示されている貴重な博物館。
特別展も年に何回か行われ、充実した内容で開催されています。
展示物の中には、国宝・ユネスコ記憶遺産の慶長遣欧使節関係資料、そして様々な美術工芸資料など約9万点収蔵しており、常設展ではそのうち約1000点を展示されています。
そして博物館を出てさらに下に行くと、ちょうど脇櫓の向かい側には支倉常長像を見ることができます。
この辺りは緑も多く、大変美しいので、歩いて見て回るといいと思います。
様々な角度から見るこの辺りの景色を楽しみましょう。

仙台城址を訪れるモデルコース


1泊2日で仙台城址を訪れるモデルコース

1泊2日で仙台城址を訪れるモデルコース

image by PIXTA / 10676714

それでは1泊2日の仙台の旅へ出てみましょう。
始めに仙台駅についたら、市内観光。
ご紹介したるーぷる仙台に乗って、市内の名所を早速訪れてみましょう。
バスのルート内には、仙台城址の他に、土井晩翠の生家、「晩翠草堂」、伊達政宗が眠る「瑞鳳殿」、「青葉山植物園」などがあります。
仙台城址へは仙台駅から出発して、6番目の停留所です。
ここで降りると、すぐそこに仙台城址があります。
上まで行って伊達政宗騎馬像から仙台市内の街を一望してみましょう。
お城が残っていなくて残念ですが、広々とした敷地から広がる仙台の眺めを、伊達政宗の気分になって、堪能してください。
夜はライトアップされて、それもまた美しいのでお勧め。
そしてここで護国神社を参拝したり、青葉城資料展示館もぜひチェックしてみましょう。
仙台城址の観光がおわったら、仙台市博物館へ。
見学したら、またバスに乗って市内中心地に戻ってもいいし、お天気が良かったらぜひ歩いて降りてみましょう。
新緑の季節は青々とした緑が本当に美しいエリア。
涼しささえ感じますよ。

お散歩気分で歩いて降りて、支倉常長像を通り過ぎて行くと、地下鉄国際センター駅がすぐそこに。
そこから今度は地下鉄に乗って仙台駅まで戻ってみてもいいですね。
戻ってきたら、仙台の中心地に続く長いアーケード街「クリスロード」を散策。
ここを歩きながら、お土産チェックや、ちょっとしたお買い物。
この通りにはたくさんのカフェもあるので立ち寄りながらブラブラしてみましょう。
仙台名物の笹かまのお店、「阿部かま」で売られている、「ひょうたん揚げ」という、アメリカンドッッグのかまぼこバージョンのような食べ物が人気です。
ぜひ食べてみてください。
定禅寺通りまで散策したら、市内のレストランで夕食。
仙台の美味しい魚介、牛タンを堪能してください。
そして市内に宿泊。

2日目は、朝食が済んだら松島へ行ってみましょう。
仙台駅からJR線で約20分です。
日本三景の一つ松島の美しい景色を堪能してみましょう。
着いたら遊覧船に乗って湾を周遊した後、瑞巌寺、円通院へ。
ここではオリジナルの数珠を作る体験ができます。
旅の記念になりますね。
そして食事は松島の牡蠣などの海の幸を堪能して、日が暮れる頃に仙台に戻ります。
松島の夕日は、日本の美を見せてくれる本当に美しい眺めなので、ぜひみてみましょう。
仙台に戻ったら、駅ナカでショッピング。
エスパル仙台には、たくさんのお土産やさん、レストランがあるので、ここでお茶、ずんだ餅を食べたり、お土産ショッピングにも最適。
新幹線で食べたいお弁当を買って帰路へ。

日帰り仙台と仙台城址のモデルコース

日帰り仙台と仙台城址のモデルコース

image by PIXTA / 16585836

日帰りの仙台の旅でも、十分に満喫できます。
まず、仙台駅についたら、ここにある牛タンストリートの牛タン屋さんで腹ごしらえ。
その後、るーぷる仙台に乗って、仙台城址へと向かいます。
ここで景色や観光を満喫したら、再びるーぷる仙台に乗って市内に戻ります。
メディアテーク前で下車して、ここから歩いて市内散策。
メディアテークは図書館で、有名建築家がデザインしたモダンで目を惹く建物。
ここは仙台のメインストリート定禅寺通りに面していて、建物とケヤキ並木がとても美しいコントラストを見せてくれます。
ここからアーケード街を通って、仙台駅に着いたら、駅ナカでショッピング。
お土産と、カフェで一息、お腹が空いていたら、せっかくなので、宮城の海の幸を使ったお寿司を食べてみるのもいいかも。

仙台城址付近を歩いて散策モデルコース

仙台城址付近を歩いて散策モデルコース

image by PIXTA / 22230683

たくさん歩きながら観光したい方には、散策しながら仙台城址付近を楽しみましょう。
まず、仙台駅から地下鉄東西線に乗り、国際センター駅で下車。
ここから仙台城址まで歩いていきます。
駅から出ると、緑が美しい落ち着いた雰囲気の眺めが広がります。
ここから仙台城址へ。
入り口にある脇櫓を通ると坂道が続きます。
坂道といっても歩道はきちんと整備されているので、急ではありませんが、歩きやすい靴で。
ゆっくり楽しみながら歩いて登っていくととても気持ちのいい美味しい空気を味わえますよ。
そして頂上に着けばそこが仙台城址。
疲れが飛んでしまうような美しい眺めを堪能してください。
護国寺、本丸会館を観光したら、歩いて降りていきましょう。
美しい石垣の作りを間近でみれます。

降りたら、また地下鉄で市街地に戻るか、まだ体力が残っていたら、歩いて戻ってみるのもお勧めします。
少し歩いて行くと広瀬川があり、この大橋からの眺めがとても美しいのです。
まさに仙台を象徴する眺めだと思います。
この辺りは素敵な写真も撮れますよ。

仙台の食べ物以外で有名なもの

demi

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

国内
宮城県
東北
歴史

関連記事を見る

国内の記事を見る

佐賀の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
大切な家族と一緒に…わんちゃんと泊まれる栃木の温泉宿30選
築城の名人が作った最新技術の詰まった海城・今治城
焼き物の街「愛知県・常滑」と県内屈指のリゾート地「美浜」で見られる歴史的スポット9選
由布院の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
「葛西臨海公園」の楽しみ方。イベントの花摘みや観覧車を見上げたり、癒される水族館も
猫に会える島、滋賀県「沖島」を観光。のんびり流れる時間と猫との出会いを満喫できる場所
えりも発!シーカヤックでアザラシの赤ちゃんに逢いに行く
激走!知床~釧路「よい景色と美味しいものを目指して」
都内で冬をめいっぱい満喫できちゃう!2人の仲が深まる東京の冬デートスポット30選
津軽の名城『弘前城』の歴史と魅力あふれる観光ポイントを解説
都内で秋をめいっぱい満喫できちゃう!2人の仲が深まる東京の秋デートスポット30選