絶景たくさん!山形のパワースポット決定版20選

日本全国に存在し、今や一般的な存在となっているパワースポット。現在は観光のメインスポットにもなっており、ご利益を得たり自然を楽しんだり、さまざまな形で訪れるものに楽しみを提供してくれます。今回はそのパワースポットから、山形県にあるパワースポットを見てみましょう。

観光資源に恵まれた山形県

観光資源に恵まれた山形県

image by iStockphoto

東北地方南西部・日本海に面する山形県は、全市町村に温泉が湧く観光資源に恵まれた県として知られ、温泉では「肘折温泉」や「蔵王温泉」、歴史的史跡では「山形城」などが見どころ。
またグルメではラーメンが有名で、その消費量は日本一とも言われています。

雪が積もる光景は必見「羽黒山五重塔」

月山・湯殿山(ゆどのさん)と並ぶ「出羽三山(でわさんざん)」の羽黒山にある五重塔。
平安時代の承平年間(931年 – 938年)に平将門によって創建と伝えられており、現在の塔は文中年間(約600年前)に羽黒山の別当「武藤政」によって再建されたもの。
塔の高さは29mと言われており、冬場には雪が積もった光景を撮影しに来る人々が訪れるとされています。

羽黒山五重塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 羽黒山五重塔
住所 山形県鶴岡市羽黒町手向7
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.dewasanzan.jp/publics/index/71/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

羽黒山五重塔のスポットページ

悪縁切りのパワースポット「山寺立石寺」

JR山寺駅から徒歩7分の「蔵王国定公園」内にあり、貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したとされる寺院。
パワースポットは「華蔵院(けそういん)」と呼ばれる永正16年(1519年)に造られた柱間一尺五寸(現在の約45.45cm)の塔で、ここが悪縁切りのパワースポット。
境内でも特に強力なパワーがあるとされており、全国で最も小さい三重塔があります。

山寺立石寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 山寺立石寺
住所 山形県山形市山寺4456−1
営業時間・開場時間 8:00−17:00
利用料金や入場料 入山料:大人300円 中人200円 小人100円
参考サイト http://rissyakuji.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

山寺立石寺のスポットページ

願い牛で子宝祈願「湯殿山神社」

こちらは鶴岡市にある「湯殿山神社」の分社。
パワースポットは平成2年(1990年)の御大典を記念して造られた「願い牛」で子宝に恵まれたい夫婦、体に悪い部分を抱える人が撫でるとご利益が得られるとされています。
その他には「おもかる石」 もあり、自分の想像する願いを浮かべながら石を持ち上げ、石を軽く感じれば願いが叶うというもの。







里之宮 湯殿山神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 里之宮 湯殿山神社
住所 山形県山形市旅篭町3丁目4−6
営業時間・開場時間 授与所:8:30−17:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.dewasanzan.jp/publics/index/52/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

里之宮 湯殿山神社のスポットページ

山の地主神・農耕の神を祀る「山寺日枝神社」

JR「山寺」駅から徒歩約8分、貞観2年(860年)創建と伝わる神社で、慈覚大師円仁(じかくたいしえんにん)が近江国(現在の滋賀県に相当する)坂本の日吉大社(ひえたいしゃ)から分霊を勧請したのが始まり。
山の地主神・農耕を司る神を祀っており、主なご利益は家内安全・産業振興など。
ご神体である大銀杏は市指定天然記念物に指定された貴重なもので、昭和47年(1972年)の暴風によって折られながら現在も生き延びています。

山寺日枝神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 山寺日枝神社
住所 山形県山形市大字山寺4449−4
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://hie348.wixsite.com/yamaderahiejinja
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

山寺日枝神社のスポットページ

全国唯一の作試し神事が有名「鳥海月山両所宮」

北山形駅から徒歩10分の鳥海月山両所宮(ちょうかいがっさんりょうしょのみや)は康平6年(1063年)創建の寺院。
鳥海山両所神社に安倍貞任討伐勝利を祈願した源頼義が、勝利の報賽(ほうさい、祈願成就のお礼として神仏に参拝すること)として創建したのが始まり。
市指定有形文化財に指定された「本殿、随神門、城輪神社社殿」や市の無形文化財になった全国唯一の作試し神事「ごくだめし」が有名。

鳥海月山両所宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 鳥海月山両所宮
住所 山形県山形市宮町3丁目8−41
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/db/cgi-bin/search/search.cgi?panel=detail&d01=883
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鳥海月山両所宮のスポットページ

東北唯一の官幣大社「月山神社」

こちらは湯殿山(ゆどのさん)、羽黒山と並ぶ「出羽三山(でわさんざん)」にある「月山」。
その山頂(標高 1,984m)に鎮座する「月山神社」は推古天皇元年(593年)創建と伝わる神社で、明治時代までは東北唯一の官幣大社(かんぺいたいしゃ、官(朝廷、国)から幣帛(神前の供物)・幣帛料を支弁される神社)とされてきました。
現在は水を司る農業神・航海・漁澇(ぎょろう、魚類や貝類を捕る人々)の神として信仰を集めています。
次のページでは『3羽のウサギを見つけ出そう「山形熊野大社」』を掲載!
次のページを読む >>