愛知県観光なら「観音寺(荒子観音寺)」は必見!行き方や予算、営業時間は?「観音寺(荒子観音寺)」の観光情報まとめ

日本の中部地方に位置し・地方の中心都市でもある愛知県・名古屋市。名古屋市には「名古屋城」や「熱田神宮」など戦国時代に活躍した「三英傑」ゆかりのスポットが多く残っており、名古屋観光のメインスポットとなっています。今回はそんな愛知県・名古屋市の観光スポットから「観音寺(荒子観音寺)」について見てみましょう。

名古屋駅からのアクセス

名古屋駅からのアクセス

image by iStockphoto

荒子観音へは名古屋のターミナル駅・名古屋駅から電車1本でアクセス可能。
名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)の荒子駅からは徒歩約10分、地下鉄東山線「高畑」駅からは徒歩約15分の距離にあります。
荒子駅のロータリーには地元出身の戦国大名・前田利家の像が立っており、観音近くへ来たことを感じることでしょう。
また駅から徒歩12分の「権現公園」そばにある「富士天満社」は利家の父・前田利昌が築いた「荒子城」跡地であり、利家生誕の地でもある場所です。

image by iStockphoto

尾張四観音のひとつ・荒子観音


地元では「観音さま」として親しまれるスポットで、荒子地域のシンボル的存在。
創建は奈良時代の天平元年(729年)で、創建当初中川区高畑町(現在地の西側、地下鉄高畑駅の方面)にあったとされています。
その後天正4年(1576) に加賀藩主・前田利家によって再建。
尾張地方に存在する観音では守山区竜泉寺(りゅうせんじ)の「龍泉寺観音」、あま市甚目寺(じもくじ)の「甚目寺観音」、南区笠寺(かさでら)町の「笠寺観音」と並ぶ「尾張四観音」のひとつに数えられています。
住所:名古屋市中川区荒子町字宮窓138

荒子観音の住所・アクセスや営業時間など

名称荒子観音
住所愛知県名古屋市中川区荒子町宮窓138
営業時間・開場時間7:00−17:00
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.nagoya-info.jp/shisetsu/ftwDFHIT.html?cts=view
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

荒子観音のスポットページ

国の重要文化財であり名古屋最古の建築物「多宝塔」


観音の「山門」から入ったすぐの場所にある塔は「多宝塔」と呼ばれるこの観音の重要建築物。
宝形造(ほうぎょうづくり。
4枚の屋根がすべて三角形になる建築様式)の屋根、高さ 11.5mのこの塔は名古屋市に残る最古の建築物であり、天文5年(1536年)に再建。
現在は国の重要文化財(大正10年(1921)に指定)、さらには「名古屋市都市景観重要建築物等(1991年の第2回指定)」の指定を受けています。
内部では本尊である釈迦、多宝の二仏を祀っていますが、内部は非公開。


観音寺多宝塔の住所・アクセスや営業時間など

名称観音寺多宝塔
住所愛知県名古屋市中川区荒子町宮窓138
営業時間・開場時間7:00−17:00
利用料金や入場料無料
参考サイトhttps://www.pref.aichi.jp/kyoiku/bunka/bunkazainavi/yukei/kenzoubutu/kunisitei/0021.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

観音寺多宝塔のスポットページ

1年の厄を取り払う名物行事「節分祭」


いつもはひっそりとした荒子観音ですが、そんな観音が大勢の人で賑わうのが「節分祭」。
これは尾張四観音で毎年行われる名物行事で、多数の屋台が出店するなど周辺の住宅街まで大混雑。
豆まき祈祷は赤券3,500円(枡なし)、白券4,000円(枡付き)を購入すれば参加可能で、ここでしっかり厄払いをしてみては。
また観音では「名古屋城から見てその年の恵方にあたる観音に行く」とご利益があるとされており、荒子観音は2020年(西南西)がそれにあたる予定(2018年は南南東の笠寺観音)。

平日も行列の人気店「麺屋はなび本店」


グルメを食べようと思ったときは、徒歩約10分の場所にあるこの店へ行ってみては。
名古屋発祥とされる「台湾まぜそば」を提供するこの店は、現在愛知県内に7店舗構える店の本店。
ピリッと辛いミンチ、コシのある麺、唐辛子と山椒のパンチが刺激的な味わい、お好みで自家製昆布酢を入れてさっぱりした味わいを楽しむのもおススメ。
そして〆は無料サービスの「追い飯」を投入して最後までおいしくいただきましょう。
平日昼間でも開店待ちの人々が多くいる人気店のため、時間は早めに行った方がいいでしょう。
住所:愛知県名古屋市中川区高畑1-170

麺屋はなび 高畑本店の住所・アクセスや営業時間など

名称麺屋はなび 高畑本店
住所愛知県名古屋市中川区高畑1-170
営業時間・開場時間11:30−14:00, 18:00−21:00(土・日曜は11:00から) 月曜,第1・第3火曜定休
利用料金や入場料元祖台湾まぜそば 810円
参考サイトhttp://menya-hanabi.com/free/takabata
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

麺屋はなび 高畑本店のスポットページ

ぐつぐつのつけ麺「伊勢海老ラーメン」


はなびの近くに見える派手な看板が目印のラーメン店。
ここ「真心堂(しんしどう)」は、伊勢海老をふんだんに使ったスープのつけ麺が売りで、石焼の器からぐつぐつ煮えたぎるスープに太麺の組み合わせ、レモンを絞ってさっぱりした味を楽しむも良し。
〆はかつおめしの「あとめし」に伊勢海老スープを投入、つけ麺のスープをかける形。
ボリューミーな一品はおなかを空かせて行ってみては。
住所:愛知県名古屋市中川区高畑1-181

Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

名古屋
国内
愛知県
東海地方

関連記事を見る

名古屋の記事を見る

【愛知お土産】地元民が選ぶ!スイーツから味噌まで愛知県のお土産28選
都市景観に深み・個性をもたらす「名古屋市都市景観重要建築物」の指定スポット10選
焼き物の街「愛知県・常滑」と県内屈指のリゾート地「美浜」で見られる歴史的スポット9選
大正の雰囲気を残す名古屋の歴史的スポット「文化のみち二葉館」とは?
地元民が選ぶ!名古屋のデートスポット30選
名古屋の観光で見られる歴史的スポット16選と解説!
名古屋以上のモーニング文化!外食といえば岐阜のグルメ22選
地元民が伝授!名古屋の観光完璧ガイド
地元民が選ぶ!定番からアイディア商品まで名古屋のお土産30選
愛知県観光なら「八事山興正寺」は必見!行き方や予算、営業時間は?
愛知県観光なら「東山動植物園」は必見!行き方や予算、営業時間は?
愛知県観光なら「竹島」は必見!行き方や予算、営業時間は?