愛知県観光なら「竹島」は必見!行き方や予算、営業時間は?

日本の中部地方に位置し、地方最大の県である愛知県。尾張・西三河・東三河地方の3地方に分かれる愛知県は地方最大の都市「名古屋市」にある最新スポット、郊外にある歴史・自然スポットなど、さまざまな見どころがあります。今回はその愛知県の観光スポットから「竹島」を見ていきましょう。

蒲郡の代表的スポット「竹島」

蒲郡の代表的スポット「竹島」

image by iStockphoto

今回取り上げる「竹島」は愛知県の南東部・東三河地方に位置する「蒲郡市(がまごおりし)」にある無人島で、三河湾に浮かぶ「三河湾国定公園」の中心となっているスポット。
島全体には65科238種の暖地性植物が生い茂っており、それらは国の天然記念物に指定。
3月から6月の温かい時期には潮干狩りを楽しむ家族連れで賑わう蒲郡を代表するスポットの1つとされており、5つの神社がある「パワー」やカップルのデートスポットとしても親しまれています。

image by iStockphoto

image by iStockphoto

竹島の住所・アクセスや営業時間など

名称 竹島
住所 愛知県蒲郡市竹島町3-15
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.aichi-now.jp/spots/detail/137/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

竹島のスポットページ

名古屋からは約1時間20分

名古屋からは約1時間20分

image by iStockphoto

名古屋駅かアクセスする場合の所要時間は約1時間20分。
JR東海道本線「豊橋行」の新快速に乗車、約40分でJR「蒲郡駅」に到着、そこから徒歩約15分行くと竹島へ渡る「竹島橋」前が見えてきます。
その他バスで行く場合は蒲郡駅から名鉄バス「竹島遊園」バス停で下車、自動車で行く場合は東名高速道路「音羽蒲郡IC」から音羽蒲郡道路(三河湾オレンジロード)を経由し約10分の予定。







image by iStockphoto

カップルのパワースポット「竹島橋」

竹島へ向かうには写真にある「竹島橋」を渡って行くことになります。
この橋は島へ向かって387m続く橋で、橋の周辺からは三河湾の絶景が見える構造。
向こう側に見える島の全景もここから捉えることも可能で、この橋を渡り切った先では島中央にある「八百富神社(やおとみじんじゃ)」の大きな鳥居がお出迎え。
この橋は「縁結びの橋」と呼ばれることもあり、カップルでくっついて渡る、振り返ることなく渡り切るとご利益があると言われています。

竹島橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 竹島橋
住所 愛知県蒲郡市竹島町3-15
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.gamagori.jp/look/detail_4_0_1_0_0.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

竹島橋のスポットページ

日本7大弁財天の1つ「八百富神社」へ参拝

島内に5つある神社の中でほぼ中央の場所に位置する「八百富神社(やおとみじんじゃ)」。
養和元年(1181年)に創建と伝わる神社で、ご祭神は開運、安産、縁結びの神様と言われる「市杵島姫命」。
長く「日本7大弁財天」に挙げられる神社であり、昭和5年(1930年には「竹島八百富神社社叢」として国の天然記念物に指定。
自然に囲まれた環境の中で、カップルのきずなを深めるのに最適なスポットと言えます。
その他の神社では穀物の神様を祀る「宇賀神社」、商売繁盛の神様「大黒神社」もあり、さまざまななご利益を得るのも良いでしょう。
住所:愛知県蒲郡市竹島町3-15
次のページでは『多様な展示を低価格で楽しめる「竹島水族館」』を掲載!
次のページを読む >>