伊豆高原のお土産ならこれ!全部食べて散策して決めたお土産ランキングTOP10

伊豆エリアのなかでもカップルや若い女性に人気の伊豆高原エリア。軽井沢を思わせるおしゃれさ溢れる町並みに、日本有数の温泉地である伊豆の名湯が揃う観光地として人気ですね。しかし悩んでしまうのがお土産。今回wondertripでは、伊豆エリアをぐるっとお土産調査のために3日間をかけて調査し、伊豆高原ならではのお土産をまとめてみました。

実は難しい、伊豆高原のお土産

実は難しい、伊豆高原のお土産

image by PIXTA / 10303354

伊豆高原には一応伊豆高原駅の「やまもプラザ」に総合お土産ショップはあるのですが、これがまた数が多すぎて選ぶのが難しいのです。というか誤解を恐れずに言うと、伊豆自体がなかなかお土産の数が多すぎて、ダサい山のなかからおしゃれでセンスのある(意味のある)ものを見つける作業になっってしまうといいますか、なかなか中途半端なお土産のクオリティに残念な気持ちになってしまうことがあるのです。

お土産って、誰かに喜んでもらったり旅行の思い出を共有するために買うので、美味しいのはもちろん、「伊豆高原ならでは」という意味がないと選びにくいですよね。悪い例を言ってしまえば、「駿河湾のえび煎餅が無難かな?」などとを選んだとして、駿河湾って伊豆高原から離れた静岡市エリアですからね…ギリギリ静岡県で同じですが、意味はないと思います。

他の例では、人気のお土産として推されている煎餅が、特に地元のものではなく、よく調べたら大阪のメーカーが卸しているものだったというケースもあります。

伊豆高原のお土産、ランキングの選定基準

その中、Webにもなかなか伊豆高原のお土産情報は乏しく、なにが伊豆高原らしいお土産なのか考えながら、お土産を実際に購入し試食まで行い、ランク付けをしてみました。

選定基準は、「伊豆らしさ」「伊豆高原らしさ」「日持ち」を軸としながら、配りやすさや味などを総合的に評価しました。伊豆高原らしさがあるお土産をより高位のランクとし、そうではなくても、伊豆に来た意味があるお土産が見つかるようにセレクトしたので、伊豆高原のお土産がきっと見つかります。

それではさっそくTOP10から見ていきましょう!

10位 伊豆柏屋の「ひとくち栗羊羹」

10位 伊豆柏屋の「ひとくち栗羊羹」
10位は 伊豆柏屋の「ひとくち栗羊羹」。伊豆柏屋は伊豆の伊東を本拠地とするブランドなので、伊豆高原ならではということではないのですが、伊豆高原駅直結の商業施設「やまもプラザ」に直営店を構えており、伊豆高原で入手しやすい伊豆らしいお土産、として安定感があります。

かわいらしくも伝統を感じさせるパッケージに、小分けされていて取り分けやすく、食べやすい、お手本のようなお土産です。食べやすく、味はもちろんさすが地元で支持され続けているブランドなだけある栗羊羹。美味しいのですが日持ちがやや短いので10位にしました。

伊豆らしさ:★★★★
伊豆高原らしさ:★
賞味期限:4日間

9位 市川の「ぐり茶」

9位 市川の「ぐり茶」
静岡といえばお茶ですが、伊豆のお茶といえば「ぐり茶」なのです。そのあたりを踏まえずに、なんでもない富士山イラストとかが着いた静岡お茶を買って帰るのは、せっかく伊豆に来たのにナンセンスかなと感じてしまいます。大正8年より「ぐり茶」の製造を始め、静岡県東部で愛されているのが市川製茶で、4つしかない直営店のうちひとつが伊豆高原店なのですね。伊豆高原付近で購入できる伊豆らしいお土産として「ぐり茶」は正統派といえるでしょう。

ちなみにぐり茶とは、通常のお茶の形を整える段階を省略し、生葉を傷めずに製品化したお茶のこと。茶葉成分が抽出されやすく、よりお茶本来の味が楽しめます。

伊豆らしさ:★★★★
伊豆高原らしさ:★
賞味期限:製造日を含む11ヶ月

8位 伊豆柏屋の「いでゆむし羊羹」

8位 伊豆柏屋の「いでゆむし羊羹」
10位で紹介した伊豆柏屋から、引き続き羊羹を紹介します。「ひとくち栗羊羹」のようなキュートさは無いものの、本格的な地元の銘品っぽさを感じさせるパッケージに、味もさすが本格派・一級品で、選びやすいお土産といえるでしょう。

とりわけ易さはないものの、大中小とサイズ違いがあり、写真にある少サイズの羊羹はかわいらしい大きさなので、数人にそれぞれ買い分けても予算も全く苦にならないと思います。こういう硬派かつ定番ジャンルのお土産をさらりと選べると、お土産ポイント高いですね。

伊豆らしさ:★★★★
伊豆高原らしさ:★
賞味期限:2週間程度

7位 伊豆テディベアミュージアムの「テディベア」

7位 伊豆テディベアミュージアムの「テディベア」
食べ物ではないのですが、伊豆高原らしいお土産といえるものをひとつだけランクインさせてください。伊豆高原に皆様どのようなイメージを持ちますか?伊豆というと、熱海や稲取のような「大型ホテル・大衆浴場・温泉まんじゅう」のような世界観と一線を画し、伊豆高原はカップルや夫婦で訪れやすいおしゃれさ・可愛らしさがあると思うのです。まるで軽井沢か強羅温泉のような、避暑地っぽさもあり格式もあり温泉も楽しめる感じ。これが伊豆のなかで唯一無二だからこそ、伊豆の他のエリアとは違った客層に選ばれているのだと思います。

さてそんな伊豆高原の中心地にあるのが伊豆テディベアミュージアム。ここ周辺だけさらに異常に整備されていて清潔感ありおしゃれで、田舎の箱モノ施設感もなく、ふらっと立ち寄れてふらっとお土産屋のセンスが楽しめる感じがあるのです。きっと運命の、思い出のテディベアに出会えるかもしれません。

伊豆らしさ:★
伊豆高原らしさ:★★★
賞味期限:賞味期限無し(食品ではない)

6位 伊豆高原ビール

お土産で人気なのが、ひとつはやはり地ビール。そこでしか買えない、そこで買うことに意味がある、というものを探していくのがお土産センスにつながっていくと思うのですが、伊豆高原もビールが人気で、結構選ぶのに苦労するほど銘柄があります。伊豆高原駅の商業施設「やまもプラザ」の2Fにある土産ショップ「ぷらとー」では地ビール、自酒を多く取り扱っており、気になる銘柄が見つかること間違いなしです。

伊豆らしさ:★★
伊豆高原らしさ:★★★★
賞味期限:不明だが長い

5位 伊豆高原べるじゅの「やまももクッキー」

5位 伊豆高原べるじゅの「やまももクッキー」
これまで伊東にもある伊豆柏屋、市川製茶などを紹介してきた中、ようやく伊豆高原らしさを全面に押し出したお土産が紹介できます。伊豆高原らしさというものは、食材でいうと「やまもも」になります。赤い小さい樹の実です。必然的に、やまももをテーマにしたスイーツがいくつか伊豆高原には散在しているのですが、伊豆高原駅に位置するizu-kogen駅cafeべるじゅ(やまもプラザ内2F)で入手できるやまももクッキーは、攻守バランスに優れたお土産だなあと感じました。

もちろん地元で名産となっているやまももをテーマにしただけでなく、配りやすい小分けになっており、伊豆高原の名前が冠されており、賞味期限も長い、というのはバランスがよいです。

伊豆高原の名前を冠したお土産は本当に見つけにくいので、そういうところにこだわる場合、検討の俎上にまずあがってくるお土産といえるでしょう。

伊豆らしさ:★★★
伊豆高原らしさ:★★★★★
賞味期限:3ヶ月程度

4位 伊豆のうさぎ羊羹

4位 伊豆のうさぎ羊羹
伊豆高原エリア発の「伊豆のうさぎ」というブランド(および店舗)があり、そこでなんともかわいらしい羊羹を入手できます。駅から少し離れており、車必須の位置にあります。伊豆高原よりさらに高級旅館が集結した「富戸エリア」に位置しています。この羊羹、伊豆高原らしいかわいい見た目とは裏腹に、味は本格派。

ランキングでは「伊豆のうさぎ羊羹」をピックアップしたのですが、この「伊豆のうさぎ」という店舗自体結構広く、商品点数も結構な数を揃え、しかもクオリティも高いので、伊豆高原から富戸を経由して伊東に行こうかな、という旅程でしたら絶対立ち寄ってみてほしい土産店です。

伊豆らしさ:★★★
伊豆高原らしさ:★★★★★
賞味期限:4ヶ月程度
次のページでは『3位 レマンの森の「This IZU BAUM」』を掲載!
次のページを読む >>