修善寺温泉のお土産ならこれ!全部食べて決めたランキングTOP15

3位 十三夜の「とっこらしょっ(みかん餅)」

3位 十三夜の「とっこらしょっ(みかん餅)」
いよいよランキングもTOP3となりましたが、3位でご紹介したいのは十三夜の「とっこらしょっ(みかん餅)」。伊豆エリアが柑橘系の産物があり、オレンジをモチーフにしたスイーツは数あるものの、このみかん餅は、ちょっとびっくりするくらい美味しいです。ひとつひとつがかなり小ぶりで、一口で口に放り込めるくらいの大きさなのも、スマートなお土産としてGood。子どもにあげたら永遠に食べ続けるかもしれないな、と思える味です。12個入りなので、会社にももっていきやすいですね。難点は、ちょっと田舎っぽいネーミングが個人的には残念ですが、それでも胸を張って3位に推薦させていただきます。

日持ち:2週間程度
包装タイプ:個包装で取り分け可能
購入場所:「修善寺亀屋」
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺983

2位 饅頭総本山 源楽の「源楽胡麻饅頭」

2位 饅頭総本山 源楽の「源楽胡麻饅頭」
2位は、真っ黒でてかてかのビジュアルが特徴の、饅頭総本山 源楽の「胡麻饅頭」です。源楽が最もプッシュしているお土産でして、修善寺を代表するブランドであること、そのブランドが最も推していること、温泉地らしいお土産であること、修善寺の名産である黒米がテーマになっていること、高級感あるブランドでデザインも良いことなど総合的に鑑みて、胸を張って2位に推薦させていただきます。

味わいは、もちもちとしていながらも薄皮で、たっぷりあんこにすぐたどり着く嬉しいタイプの饅頭。いくつでも食べられる上品な甘さに胡麻の風味が香り、相当にハイレベルなお土産です。個包装で配りやすさも抜群で、会社で同僚にあげるのであればこれは鉄板でしょう。「修善寺のお土産といえば?」というクイズがあった場合、答えはこれです。教養レベルのお土産です。

日持ち:3日程度
包装タイプ:個包装で取り分け可能
購入場所:「饅頭総本山 源楽」
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺967

1位 十三夜の「ごぼうあられ」

1位 十三夜の「ごぼうあられ」
修善寺らしさある黒米や地酒、伊豆銘品のオレンジやわざび、様々な切り口でご紹介しましたが、最後1位はなんと「味」その1点で別格の存在を示した十三夜の「ごぼうあられ」を推薦します。もちろん修善寺を代表する土産ブランドの十三夜だからこそ1位を取る資格があってのご紹介ではありますが、ごぼうも、あられも、特に伊豆だからということはありません。ひたすら、びっくりするほど美味しいです。あられなのですが、口に入れた瞬間溶けます。この口当たりと、ほのかな塩辛さが癖になり、例えば酒の場に出したら一瞬でなくなるでしょう。

この中でもう一度お取り寄せして食べたいのはどれ?と聞かれたら、これです。月1で届いても嬉しいです。伊豆全域で今回お土産を80個買ってどれが一番美味しかった?と聞かれた場合、3本の指に入ります。(1位ではありません。1位はまた紹介します)

以外な結末となったかもしれませんが、これだからお土産探しはやめられないなぁとも思います。2位でご紹介した「源楽胡麻饅頭」こそがTHE修善寺のお土産であることは変わりませんが、味は、こっちのほうが私(および編集部の一致した見解見解として)上でした。修善寺でお土産を選ぶ方それぞれのお土産セレクトのなかに、会社にはこれ、家族にはこれとピンときたお土産はあったかもしれませんが、この「ごぼうあられ」はぜひ自分用にもひとつ紛れ込ませてもらいたい。ハイクオリティなお土産でした。

日持ち:3ヶ月程度
包装タイプ:取り分け不可
購入場所:「修善寺亀屋」
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺983

修善寺温泉らしいお土産を入手しよう!

この記事では、伊豆の修善寺温泉エリアのお土産を特集しました。ぜひ修善寺らしいお土産を購入し、旅行の思い出を家族・友人・知人にシェアしてください。
photo by PIXTA