おいしい伊東土産はこれ!全部食べて決めた伊東温泉のお土産ランキングTOP15

伊豆エリアのなかでも首都圏からのアクセスがよく人気の伊東エリア。日本有数の温泉地である伊豆のなかでも名湯が揃う観光地として人気ですね。しかし悩んでしまうのがお土産。今回wondertripでは、伊豆エリアをぐるっとお土産調査のために3日間をかけて調査し、伊東温泉エリア(伊東駅周辺)ならではのお土産をまとめてみました。

実は難しい、伊東温泉のお土産

実は難しい、伊東温泉のお土産

image by PIXTA / 33041583

伊東といいますか伊豆全般に言えることなのですが、「意味のないお土産」が多いのが気になりました。すなわち、

・地元のものではない
・特に伝統があるものではない
・つまり、ここで買う意味がない

というようなものです。味は無難に美味しいというか工業的に美味しくつくられているのかもしれませんが、お土産として選ぶとセンスがないなぁと感じるものがたくさんあります。

わざわざ写真はあげませんが、例えば道の駅・伊東マリンタウンの某土産店では「荒磯せんべい」が1位として推されていました。ところが「荒磯せんべい」は、名前をそのまま「北海荒磯せんべい」とか「三陸荒磯せんべい」とか名前だけ変えて、デザインそのままに広く横展開されている製品です。こういうお土産は、残念ながら意味のないお土産だと思いますし、伊豆で作られているのかも疑ってしまいますし、それを1位に推すお土産店にも失望するところ。

伊豆の中でも、伊豆高原や修善寺はお土産屋が少なく、こうしたトラップに引っかかる可能性もやや低いと思うのですが、伊東はさすが伊豆のなかでも栄えた街が広がるだけあって、トラップが多いように感じました。
では、どうしたらトラップを回避して由緒正しきお土産を入手することができるでしょうか。それにはこの記事を読んでいただければ大丈夫です。

伊東お土産、ランキングの選定基準

今回、伊豆を3日かけて一周し、そのなかでも、なにが伊東らしいお土産なのか考えながら、お土産を実際に購入し試食まで行い、ランク付けをしてみました。

選定基準は、「伊豆らしさ」「伊豆のなかでも伊東らしさ」「日持ち」「味」を軸としながら、配りやすさや味などを総合的に評価しました。伊東らしさがあるお土産をより高位のランクとし、そうではなくても、伊豆に来た意味があるお土産が見つかるようにセレクトしたので、伊東のお土産がきっと見つかります。

それではさっそくTOP15から見ていきましょう!

15位 間瀬の「伊豆乃踊子」

15位 間瀬の「伊豆乃踊子」
15位には、伊東で定番の和菓子である「伊豆乃踊子」をご提案します。伊豆といえば小説「伊豆の踊子」ですが、その名を文字って伊豆エリアで広く普及しているお土産です。総合土産ショップでしたら大抵入手できるのではないでしょうか。

本来は、間瀬という和菓子メーカーは伊東ドンピシャのものではなく、熱海に近い網代駅に本店を構えるブランドであります。しかしながら伊豆を代表するお土産であり、なにか饅頭を買っていこうということであれば無難で、日持ちもし、個包装なので配りやすく、味もおいしいという鉄壁の守備を誇るお土産が、「伊豆乃踊子」です。

道の駅・伊東マリンタウンの「メルローズマーケット」で購入できます。

日持ち:1ヶ月程度
包装形態:個包装

メルローズマーケットの住所・アクセスや営業時間など

名称メルローズマーケット
住所静岡県伊東市湯川571-19 道の駅伊東マリンタウン内
営業時間・開場時間9:00~18:00
利用料金や入場料伊豆乃踊子(7個入) 777円〜
参考サイトhttps://ito-marinetown.co.jp/omiyage/melrose
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

メルローズマーケットのスポットページ

14位 伊豆高原べるじゅの「やまももクッキー」

14位 伊豆高原べるじゅの「やまももクッキー」
14位には、こちらも伊東マリンタウン購入できる伊豆高原べるじゅの「やまももクッキー」を推薦します。このクッキー、かなり洗練されていて、正直味のレベルの高さにびっくりします。東京の百貨店で並んでいても普通に通用する味わいです。伊豆高原のブランドである、ということで、伊東のお土産としてはこの位置につけたのですが、伊豆高原のお土産ランキングでは高順位につけています。

やまももは、伊豆高原の名産品とされており、伊豆高原では他にもやまももジュースなどお土産に展開されていたりします。こうした地のものがお土産になっているのはいいことですね。さらには、ちょっとエリアを伸ばして伊東でも販売しているのは、選択肢が増えてうれしいところ。

道の駅・伊東マリンタウンの「べるじゅ」で購入できます。

日持ち:3ヶ月程度
包装形態:個包装ではない

手づくりクッキー工房 べるじゅ の住所・アクセスや営業時間など

名称手づくりクッキー工房 べるじゅ
住所静岡県伊東市湯川571-19 道の駅伊東マリンタウン内
営業時間・開場時間9:00~18:00
利用料金や入場料やまももクッキー(100g) 420円
参考サイトhttps://ito-marinetown.co.jp/omiyage/beruju
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

手づくりクッキー工房 べるじゅ のスポットページ

13位 伊豆柏屋の「黒羊羹」

13位 伊豆柏屋の「黒羊羹」
お次に紹介するのが「伊豆柏屋」から、和菓子定番の「黒羊羹」。伊豆柏屋は伊東を本拠地とする由緒正しきブランドで、熱海でもなく、伊豆高原でもなく、伊東に来たら伊豆柏屋でお土産を買いたいところ。羊羹の老舗として確かな味わいの製品を世に送り出す伊豆柏屋は、そのパッケージの格式もよし、お土産・手土産のあらゆる用途を考え抜かれたサイズバリエーションもよしと、便利このうえないブランドです。

伊東駅の商店街に本拠地を構えていますので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

日持ち:2ヶ月程度
包装形態:羊羹1個入(サイズはお店で選べます)

伊豆柏屋の住所・アクセスや営業時間など

名称伊豆柏屋
住所静岡県伊東市中央町3番7号
営業時間・開場時間9:00~18:00
利用料金や入場料黒羊羹1本 540円
参考サイトhttp://izukashiwaya.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

伊豆柏屋のスポットページ

12位 石舟庵の「まんじゅう」

12位 石舟庵の「まんじゅう」
石舟庵も、伊東に長く根付く地元のブランド。先程の「伊豆柏屋」と同じく、伊豆全域に渡って店舗を構え、広く展開しているものの、伊東だからこそ立ち寄りたい店舗のひとつです。

そのなかでも、特におすすめなのはやはり「まんじゅう」。伊豆ってどこにいっても温泉まんじゅうだらけで、その差もわかりにくいし、むしろどのメーカーで作られているのかもわからないし、味の違いもそこまでわからない…どういう饅頭が多いなかで、頼りになるのはやっぱり格式・伝統・ブランドなわけですね。

お土産上手であればやっぱりそこはノンブランドの温泉まんじゅうでお茶を濁すのではなく、しっかりブランドを選び抜きたいところ。選び抜くというか、数えるほどしかないわけなので、せっかくだったら総合土産屋のなんでもないまんじゅうではなく石舟庵に立ち寄ってみてください。味は、極めて薄皮で食べやすく、何個でもいただけそうな上品な味わいです。

日持ち:3日間
包装形態:個包装
次のページでは『11位 文寿堂のどらやき』を掲載!
次のページを読む >>
廣瀬

Writer:

wondertrip編集長。短い日程で多くの観光地を巡るエクストリームな旅行を得意とする。またお土産調査が趣味で、旅行に行くたびに編集部はお土産まみれになる。一番得意なエリアは京都。

この記事のカテゴリ

お土産
静岡県

関連記事を見る

お土産の記事を見る

おいしい熱海お土産はこれ!全部食べて決めた熱海温泉のお土産ランキングTOP10
伊豆高原のお土産ならこれ!全部食べて散策して決めたお土産ランキングTOP10
修善寺温泉のお土産ならこれ!全部食べて決めたランキングTOP15
長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
飛騨高山のお土産ランキングTOP19 地元民に聞いた伝統グルメ&雑貨はこれ!
ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
安曇野で行きたい観光スポットはココ!定番から地元で人気のお洒落カフェ、穴場まで【長野県】
【沖縄お土産】もう迷わない!全部食べて決めた沖縄土産ランキングBEST30
山梨県の金精軒へ「水信玄餅」を食べに行こう!実際に行ってみた
【愛知お土産】地元民が選ぶ!スイーツから味噌まで愛知県のお土産28選
徳島県のこだわりお土産23選。グルメからスイーツまでこれでもう迷わない!
【表参道のお土産・手土産】おしゃれな街ならではのスイーツ目白押し。おすすめお土産10選