おいしい伊東土産はこれ!全部食べて決めた伊東温泉のお土産ランキングTOP15

石舟庵 湯川本店の住所・アクセスや営業時間など

名称石舟庵 湯川本店
住所静岡県伊東市湯川4-13-1
営業時間・開場時間8:30〜18:00
利用料金や入場料お饅頭詰合せ(5個入) 540円〜
参考サイトhttp://www.sekishuan.co.jp/fs/seki/c/manjyu
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

石舟庵 湯川本店のスポットページ

11位 文寿堂のどらやき

11位 文寿堂のどらやき
商店街の端に佇むのが、これまた伊東エリアにある老舗中の老舗、文寿堂。こちらは手広く伊豆全域にあるわけではないので「伊東にしかないものが欲しいな」という場合は、ぜひ立ち寄ってください。伊豆全域にわたってこれまた「どら焼き」はとても多くのブランドが乱立しているのですが、文寿堂のどら焼きが買えればそれに越したことはありません。

味わいは、肉厚な包みに、さらにこれでもかと詰まったあんこが特徴で、1個でお腹いっぱいになる贅沢なつくり。イメージですが、おばあちゃんが孫のためにつくった感じがあり、パッケージも質素で、なんだか工業製品っぽくない愛情を感じてしまうのですね。

文寿堂からは他にもランクインしている製品があるので、続きをぜひ御覧ください。

日持ち:2週間程度
包装形態:個包装

文寿堂菓子店の住所・アクセスや営業時間など

名称文寿堂菓子店
住所静岡県伊東市猪戸1丁目2−3
営業時間・開場時間8:00〜18:00 水曜定休
利用料金や入場料どら焼き 1個130円
参考サイトhttps://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22019980/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

文寿堂菓子店のスポットページ

10位 磯丸の「磯キムチ」

10位には、こちらも伊東マリンタウン購入できる磯丸の「磯キムチ」を推薦。熱海や伊東にも数々の「干物」が販売されており、伊豆のお土産の定番といえば干物というところもありますが、やはり日持ちや持ち帰りなどの点でも難儀があるところ。そのなか、磯丸では数々のお土産志向な製品が開発されていて、そのなかでお店が1位に推すのは「磯キムチ」。

韓国本場のキムチでもイカとか海鮮がはいることがありますが、それでも、なんか世界中に韓国のキムチが伝搬するなかで、ここ伊豆でキムチが完成されてたのか!?と思うほどのクオリティで、もし知り合いが「伊東に行くけど欲しいものある?」とメッセージを寄越してきたら、僕はまずこれを推すでしょう。(それと、もちろん1位のやつも買ってきてほしいですが)

そんな磯キムチは、道の駅・伊東マリンタウンの「磯丸」で購入できます。

日持ち:約3週間
包装形態:1商品ごと包装

磯丸の住所・アクセスや営業時間など

名称磯丸
住所静岡県伊東市湯川571-19 道の駅伊東マリンタウン内
営業時間・開場時間9:00~18:00
利用料金や入場料磯キムチ(140g) 780円
参考サイトhttp://www.isomaru.com/subpage.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

磯丸のスポットページ

9位 伊豆柏屋の「いでゆむし羊羹」

9位 伊豆柏屋の「いでゆむし羊羹」
伊東に根付くブランド「伊豆柏屋」から2つ目のランクイン。こちらの「いでゆむし羊羹」は、先程の黒羊羹よりもビジュアル的にテンションあがる包みが特徴の羊羹で、伊豆柏屋自身は、これが当店1位だと謳っている製品です。

実際、お土産をもってどこかのお家にあがるようなとき、例えば義理の両親の家だったり、客先に行くときに、伊豆の「ぐり茶」とこれをもってお伺いできると、かなり上級者な振る舞いになるのではないでしょうか。

伝統、格式、ブランド。その期待に違わぬデザイン、味、使い勝手。お土産として使いやすい日持ち、サイズバリエーション、予算感。やはりどの観点からみても伊豆柏屋がこの世にあってよかったな!と思えますね。

日持ち:2週間程度
包装形態:羊羹1食分入

伊豆柏屋の住所・アクセスや営業時間など

名称伊豆柏屋
住所静岡県伊東市中央町3番7号
営業時間・開場時間9:00~18:00
利用料金や入場料極上栗蒸羊羹(小) 702円
参考サイトhttp://izukashiwaya.com/product/gokujyou-kurimushi/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

伊豆柏屋のスポットページ

8位 石舟庵の「みかんの花咲く丘」

8位 石舟庵の「みかんの花咲く丘」
先程も紹介した、伊東に根付くブランド「石舟庵」からもうひとつランクインさせたのがこちら「みかんの花咲く丘」。これ、外見ではわかりにくいですが、オレンジフレーバーのチーズケーキです。伊豆全域に渡って、まんじゅう・羊羹・どら焼きと和菓子が多いので、洋菓子がセレクトできるといいなぁと思っている方にはぜひおすすめできます。

伊豆は柑橘類が名産品でもありますから、こうしたオレンジや日向夏などをテーマにしたお土産というのは、外してません。王道のひとつに入るとおもいます。そのうえ個包装で配りやすく、パッケージもおしゃれで、なんだか老舗和菓子店の企画力に脱帽するような商品です。

日持ち:2週間程度
包装形態:個包装
次のページでは『7位 市川の「ぐり茶」』を掲載!
次のページを読む >>