伊豆半島は美術館の宝庫だった!おすすめミュージアム20選

静岡県東部の伊豆半島は、隣接する箱根とともに首都圏から気軽に出かけられる距離にある温泉観光地の定番。でも食べ歩きや日帰り温泉だけで満足して帰っていませんか? じつは伊豆半島には個性的なミュージアムが数多く存在しています。今回はそんな伊豆半島のミュージアムをご紹介。

「伊豆は海山のあらゆる風景の画廊」

「伊豆は海山のあらゆる風景の画廊」

image by iStockphoto

日本人初のノーベル文学賞を受賞した川端康成は随筆「伊豆序説( 1931 )」冒頭で「伊豆は海山のあらゆる風景の画廊」と書き、「伊豆半島全体が一つの大きい公園 … 一つの大きい遊歩場」とつづけています。
大自然の創造した壮大な彫刻と、人の手になるアート作品とがともに楽しめるのも伊豆ならではと言えるでしょう。

1. 上原近代美術館(下田市)

伊豆半島南部の下田市は白浜海岸が有名なため「海」のイメージが強いですが、すこし山間部に入れば蓮台寺温泉や観音温泉などの隠れ湯的なスポットもあります。
上原近代美術館もそのような山あいの地に建つ美術館。
大正製薬名誉会長の上原昭二氏が長年にわたって収集した美術品を一般公開するための美術館として、2000年に開館しました。
セザンヌ、ルノワール、マティス、ピカソなどの西洋近代絵画をはじめ、梅原龍三郎、安井曽太郎、須田国太郎、川合玉堂、伊東深水など日本の絵画作品、マリーニ、マンズーなどの彫刻作品が常時展示されています。

現在開催中の展覧会は「冬の情景、そして春へ―モネから横山大観まで―(会期 : 2017年4月2日、会期中は無休)」。

隣接する上原仏教美術館は現在改修工事中で、2017年度に再オープンする予定です。

公益財団法人上原美術館

静岡県下田市宇土金341

Phone 0558-28-1228 / Fax 0558-28-1227

2. 池田20世紀美術館(伊東市)

「伊豆の瞳」と呼ばれる伊東市吉田の一碧湖は、約10万年前に活動した「伊豆東部単成火山群」の火口湖の跡だと言われています。

その一碧湖の湖畔に向かって下る「けやき通り」沿いに、たいへんモダンな銀色に輝く建物があります。
それが池田20世紀美術館です。
彫刻家井上武吉氏の設計による美術館は1975年に開館。
日本ではじめてステンレススチール張り外壁が採用された展示館は、それじたいが斬新なモダンアート作品と言ってもよいでしょう。

このモダンな建物の中にルノワール、ボナール、ピカソ、マチス、レジェ、シャガール、ウォーホル、ミロ、ダリなどヨーロッパ近現代の巨匠たちの作品が常設展示されています。

現在、「風のけしき―北 久美子展」が開催されています(会期 : 2017年1月10日まで)。

公益財団法人池田20世紀美術館

静岡県伊東市十足614

Phone 0557-45-2211 / Fax 0557-45-2212

3. 伊豆テディベア・ミュージアム(伊東市)

大室山火山の溶岩流が作った広大な台地、伊豆高原にはペンションや別荘が建ち並び、またアーティストの住民が多いことでも知られていますが、個人経営のユニークなコンセプトのミュージアムもたくさんあります。

伊豆テディベア・ミュージアムはその名のとおり全世界で愛されるクマのぬいぐるみ、テディベアの歴史と文化を紹介するミュージアムとして1995年に開館しました。
現在はテディベアのコレクションより、むしろ「となりのトトロ」の特別企画展のほうが有名かもしれません。
2階の展示室に入ると、巨大な「ネコバス」が出迎えてくれますよ。

伊豆テディベア・ミュージアム

静岡県伊東市八幡野1064-2

Phone 0557-54-5001 / FAX 0557-54-5005







4. 伊豆高原 象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~(伊東市)

以前、伊豆西海岸の伊豆市土肥・小土肥(おどい)地区にあった「象牙美術宝庫」が、2014年に伊豆高原に移転して再オープンした美術館です。

桜葉栽培指導者だった初代館長が仕事先の中国で見た象牙芸術に魅了されて以来、個人で収集したきたコレクションで、その点数は280点にものぼります。

現在、象牙輸入はワシントン条約で禁じられているため、これだけの象牙芸術のコレクションを見られるのは世界でここだけという希少価値の高いミュージアムです。
館内にはジェルキャンドルやパワーストーンブレスレットなどの制作体験コーナーもあります。

伊豆高原 象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~

伊東市富戸1096-1

Phone 0557-48-7777 / Fax 0557-48-7788

5. 野坂オートマタ美術館(伊東市)

オートマタ(automata, automatonの複数形)は、18-19世紀のヨーロッパの王侯貴族たちに愛好された精巧なからくり仕掛けの自動人形のことです。

野坂オートマタ美術館は伊豆急行「伊豆高原」駅から大室山方面へつづく「さくら並木通り」沿いにあるオートマタ専門の美術館として2000年に開館しました。

2016-2017年にかけての年末年始期間に企画展 「貴族の世界」が開催されます(会期 : 2016年12月29日-2017年1月3日)。

静岡県伊東市八幡野字株尻1283番75

Phone 0557-55-1800 / Fax 0557-55-1700

6. 伊豆高原アンティーク・ジュエリーミュージアム(伊東市)

「伊豆高原」駅から城ヶ崎海岸方面、徒歩約20分のところにある、19世紀ヴィクトリア朝時代の金細工工芸品や宝飾品、ダイヤモンドやドレスを専門に展示するミュージアムで、今年で開館20周年を迎えます。

なかでも圧巻なのが、オールドヨーロピアンカットのダイヤモンドと天然パール620個をあしらったティアラ。
豪華な宝石やドレスを試着しての記念撮影もできます。

伊豆高原アンティーク・ジュエリーミュージアム

静岡県伊東市八幡野1030-63

Phone 0557-54-5566

次のページでは『7. 伊豆高原ステンドグラス美術館(伊東市)』を掲載!
次のページを読む >>