【静岡お土産】地元民が選ぶ!スイーツからグルメまで静岡のお土産30選

東西に長く伸び、大きな山や川がある静岡県は、地域ごとに全く違った文化を持つ県です。当然、同じ静岡県でも、西と東とでは名物も違いますし、当然食べるものも違います。ここでは、地元に根ざしたおみやげ物を中心にご紹介します。

 

静岡のお土産、洋菓子ならこれ!

静岡土産といえばこっこ。
浜松土産といえばうなぎパイ…誰でもそう思いますよね。
確かにそうなんですけど(実際紹介から外せませんけど)、静岡県には他にも美味しい洋菓子はあるのです。
個人的にどうしても和菓子の方を好んで買ってしまうので、本当はまだまだ美味しいものがあるかもしれません。

#1 ひよこなのに何故なのか ミホミの「こっこ」


静岡県民にはテレビCMでもお馴染みの静岡市銘菓。
県外へはもちろん、県内のお土産でも重宝されるので、静岡県民誰もが食べた事がある筈です。
ひよこをイメージした小さな黄色い蒸しケーキで、中に絶妙な甘さのミルククリームが入ってます。
静岡県産の抹茶を練りこんだ「抹茶こっこ」や、季節限定のものもあります。
実は材料にはかなりのこだわりを持って作られ、ケーキの蒸し上げには南アルプス山系を源とした澄んだ伏流水を使用しているとのこと。
静岡県内のキヨスクや東名高速道路サービスエリア、静岡県内のショッピングセンターなど、思いついた時に手軽に買えます。

こっこ庵の住所・アクセスや営業時間など

名称こっこ庵
住所静岡県静岡市駿河区中原696-1
営業時間・開場時間10:00−17:00 水曜定休
利用料金や入場料こっこ(6個入) 648円〜
参考サイトhttp://www.cocco-cocco.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

こっこ庵のスポットページ

#2 夜のお菓子は有名だけど 春華堂の「お菓子のフルタイム」


浜松市で最も有名なお土産と言えばうなぎパイ。
『夜のお菓子』という別名もまた有名ですが、朝、昼、夜、真夜中それぞれにお菓子があることを知っている人は多くありません。
その4種が全て入ったおみやげ物がこちら。
「朝のお菓子すっぽんの郷」、「昼のお菓子しらすパイ」、「夜のお菓子うなぎパイ」、「真夜中のお菓子うなぎパイV.S.O.P.」。
特筆すべきは、真夜中のお菓子。
ナッツとブランデーを使った、ちょっと大人のうなぎパイです。
ちなみにしらすパイには甘口と辛口があります(どちらも入ってます)。
違いの解かる男(女)のお土産として、ちょっとした話題になるはずです。

春華堂本店の住所・アクセスや営業時間など

名称春華堂本店
住所静岡県浜松市中区鍛冶町321-10
営業時間・開場時間10:00−20:00
利用料金や入場料お菓子のフルタイム 2,000円〜
参考サイトhttp://www.shunkado.co.jp/sweets/unagipai_s/post_58.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

春華堂本店のスポットページ

#3 遠州人が自分用のお土産としても買う まるたや洋菓子店の「あげ潮」


関西支店に異動となった社員が、出張会議のたびに買って帰った記憶のある浜松土産のクッキー。
化粧箱に入ったものもありますが、JR浜松駅構内でも袋のまま売っているのは、浜松出身の人達が多く買い求めるからだと勝手に思ってます。
オレンジやレーズン、クルミの入ったクッキー生地に、カリカリとしたコーンフレークを混ぜて焼かれた「あげ潮」は、コーンフレークの食感のアクセントになり、フルーツの甘みと合わさって独特の美味しさがあります。
見た目に反してあっさりしているのは、バターを使わず、純正の植物油で仕上げているから。
和風クッキーと書かれているのも納得です。

まるたや洋菓子店 神田本店の住所・アクセスや営業時間など

名称まるたや洋菓子店 神田本店
住所静岡県浜松市中区神田町367
営業時間・開場時間9:30−17:00
利用料金や入場料あげ潮(180g) 675円〜
参考サイトhttp://www.marutaya.net/catalogue/list_cookie.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

まるたや洋菓子店 神田本店のスポットページ

#4 一線を画すしっとり感と柔らかさ 治一郎の「バウムクーヘン」


今や全国的に名前を知られるようになった治一郎のバウムクーヘン。
関東を中心として店舗が進出してますし、全国の百貨店に商品が並ぶことがあるので、もはや静岡のお土産として紹介するのもどうかと迷いましたが…間違いなくオススメできるものを外すわけにもいきません。
実は私はバウムクーヘンがあまり好きではなかったのですが、友人に勧められて食べてから、近所にあった浜松市の本店で自分でも買い求めるようになりました。
他のバウムクーヘンとは一線を画すしっとり感と柔らかさ。
誰にでも自信を持ってオススメできる逸品です。

治一郎 大平台本店の住所・アクセスや営業時間など

名称治一郎 大平台本店
住所静岡県浜松市西区大平台3丁目1−1
営業時間・開場時間9:00−19:00
利用料金や入場料治一郎のバウムクーヘン 1,944円
参考サイトhttp://www.jiichiro.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

治一郎 大平台本店のスポットページ

#5 沼津市発の静岡ご当地菓子パン バンデロールの「のっぽ」


ほぼ毎月、静岡市に泊りがけで遊びに行っていたので、どこに行っても見かけていた「のっぽ」。
「のっぽパン」なのか「のっぽ」なのかも良く解かりませんが、30センチ以上もあるパンは目を引きます。
細長いコッペパンにクリームが入った「のっぽ」。
チョコ、クリーム、ピーナッツと、色々な種類がありますが、食べてみるとどこか懐かしい味で、意外とみずみずしい。
浜松市ではお目にかかったことがありませんが、静岡県東部のスーパーやコンビニ、東名自動車道のSAやJR駅構内などで、手軽に入手できます。
沢山お土産を買いたい時にはお財布にも優しいです。


ブレッドバスケット沼津店の住所・アクセスや営業時間など

名称ブレッドバスケット沼津店
住所静岡県沼津市高島本町1-5 イトーヨーカドー沼津店内
営業時間・開場時間9:00−21:00
利用料金や入場料のっぽ 160円〜
参考サイトhttp://www.banderole.co.jp/noppo/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブレッドバスケット沼津店のスポットページ

#6 三島由紀夫が日本一と絶賛した 日新堂菓子店の「マドレーヌ」


伊豆半島一周旅行中に立ち寄った半島最南端の下田市。
そこに昭和30年から変わらないパッケージと製法を守って販売しているマドレーヌがあります。
それが日新堂菓子店の「マドレーヌ」。
誰もが知ってるであろうマドレーヌのレシピは、卵、牛乳、バター、小麦粉が、それぞれ25%の同量となるのが基本ですが、日新堂菓子店の「マドレーヌ」は卵と牛乳を使わない独特のレシピ。
それでいて、しっとりとした食感と落ち着いた甘さが特徴です。
小説家の故三島由紀夫氏が大変気に入り、週に一度は通っていたほどだと言います。
下田市に立ち寄った際には、三島由紀夫が日本一と評したマドレーヌをお土産にしませんか。

日新堂菓子店の住所・アクセスや営業時間など

名称日新堂菓子店
住所静岡県下田市三丁目3−7
営業時間・開場時間9:30−19:00
利用料金や入場料マドレーヌ 1個190円
参考サイトhttp://nisshindoshop.weebly.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日新堂菓子店のスポットページ

#7 下田市のお土産代表格 平井製菓の「下田あんパン」


日新堂菓子店を出た後、すぐ近くにあった御菓子司平井で見つけた「下田あんパン」。
最近は静岡県内のスーパーでも時折見かけるようになりました。
手のひらサイズの小さなあんパンですが、手に乗せると意外に重い…。
本業(?)である和菓子と同じあんを使っていて、見た目とあんの多さに反してあっさりとした味わい。
季節限定も含めて、10以上の種類がありますが、個人的にはこしあんにバターが入っている牛乳あんパンがオススメ。
春であれば桜あんパンも外せないところ。
包装も和菓子のようにお洒落で、友人から職場の上司、大切な人まで、誰に贈っても安心なお土産です。

平井製菓 本店の住所・アクセスや営業時間など

名称平井製菓 本店
住所静岡県下田市二丁目11−7
営業時間・開場時間9:00−19:00 水曜定休
利用料金や入場料下田あんパン 1個185円
参考サイトhttp://www.hiraiseika.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

平井製菓 本店のスポットページ

静岡のお土産、和菓子ならこれ!

お茶の生産量が日本一の静岡県。
お茶に合うのは当然ながら和菓子ということで、静岡県は和菓子処が数多くあります。
特に羊羹の一人当たり消費量は、静岡市が県庁所在市と政令指定都市の中で4位/52都市という多さ(総務省統計局調べ)。
私が自信を持って勧められる和菓子を、誰でも知っている有名な和菓子から、知られざる逸品まで、幅広くご紹介します。

#8 御茶処の川根から 三浦製菓の「お茶羊羹」


静岡と聞いて真っ先に思い浮かぶのはお茶。
中でも川根で作られる川根茶は、静岡の川根本町、川根町で摘採された茶葉のみを同町内の工場で加工されたもののみが「川根茶」と呼ばれます。
その特徴は初夏に芽吹く茶葉は天然玉露と呼ばれ、新緑の香りもさやわか。
川根茶を丁寧に粉末にして羊羹に練りこんだ三浦製菓のお茶羊羹は、茶壺をイメージしたコロリ丸みを帯びた紙菅に包まれ、一口サイズで食べやすく、賞味期限も常温で90日と長め。
小さく軽いので、お土産や、ちょっとしたおやつとしてカバンに忍ばせても良いですよ。

みやこ

Writer:

広島で産まれて、広島カープの応援歌を子守唄に育ったアラサー主婦です。主婦になる前は、仕事で日本全国に転勤があり色んな場所で暮らしました。転勤先で最も長い期間を過ごした静岡県では、休日のたびに車で県内をプチ旅行していました。今は小さい子供がいるので広島県内の公園や施設巡りを楽しんでいます。

この記事のカテゴリ

お土産
国内
東海地方
静岡県

関連記事を見る

お土産の記事を見る

【沖縄お土産】もう迷わない!全部食べて決めた沖縄土産ランキングBEST30
山梨県の金精軒へ「水信玄餅」を食べに行こう!実際に行ってみた
福島の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
【愛知お土産】地元民が選ぶ!スイーツから味噌まで愛知県のお土産28選
徳島県のこだわりお土産23選。グルメからスイーツまでこれでもう迷わない!
【表参道のお土産・手土産】おしゃれな街ならではのスイーツ目白押し。おすすめお土産10選
原宿のお土産ならこれ!絶対外れないスイーツ&雑貨のお土産10選
京都に年100回通った私が決める!お土産ランキング【スイーツ編】
宇都宮土産はこれ!餃子だけじゃなかった!宇都宮で人気のお土産10選
滋賀土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選
浜松土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選
那須土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選