【静岡観光】天浜線に乗って直虎ゆかりの地と奥浜名湖へ

天竜浜名湖鉄道(天浜線)は始発「掛川」から終点「新所原[しんじょはら]」まで営業距離67.7km、39駅からなる全線単線・非電化のローカル私鉄。旧国鉄分割民営化とおなじ1987年に第三セクター鉄道として再出発した天浜線は2011年に国の登録有形文化財指定を受け、また今年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」ゆかりの地を通過することもあって注目を集めています。今回はそんな天浜線沿線の見どころをご紹介(大かっこは、天浜線の最寄り駅名)。

世界農業遺産「茶草場農法」[掛川]

掛川市北部にそびえる標高532mの粟ヶ岳は、ヒノキで描かれた巨大な「茶」の一文字がシンボルの「茶文字の里」。
山頂休憩所からは牧之原大茶園に駿河湾、富士山、伊豆半島と文字どおりの大パノラマが開けます。

粟ヶ岳山麓を開墾した茶畑では現在も伝統的な「茶草場農法」で茶の生産がつづけられています。
この「茶草場」は英国の田園地帯を形成する植え込みのヘッジロウとおなじく、自然環境との共生を図った先人の知恵。
その役割が高く評価されて2013年、世界農業遺産に認定されました。

茶草場農園の住所・アクセスや営業時間など

名称 茶草場農園
住所 静岡県掛川市東山
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kakegawa-kankou.com/chagusaba/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

茶草場農園のスポットページ

サイクリングコース「田園滑走路」と和田岡古墳群[細谷、原谷(はらのや)]

天浜線は白ボディに静岡県特産のお茶のグリーン、浜名湖のブルー、そして「三ヶ日みかん」のオレンジのストライプの入った普通車両と団体用 / レトロ調車両のほか、「おんな城主 直虎」フルラッピング車両が田園風景の中をのんびり走っています。
「掛川」を出発してほどなくすると天浜線と並走する直線道路「田園滑走路」があり、サイクリストたちに人気のコースとなっています。

また「細谷」駅近く、原野谷(はらのや)川の河岸段丘には通称「和田岡古墳群」と呼ばれる古墳遺跡も点在。
前方後円墳4基、円墳15基、方墳3基からなる和田岡古墳群は5世紀前後の造営と言われ、1996年に国史跡指定を受けています。
「桜木」駅近くにはヤマハのピアノ製造拠点「ヤマハ掛川工場」もあります。

和田岡古墳群の住所・アクセスや営業時間など

名称 和田岡古墳群
住所 静岡県掛川市吉岡
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/kankou/spot/rekishibunka/wadaokakofun.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

和田岡古墳群のスポットページ

あじさい寺とききょう寺[遠州森、遠江一宮]

あじさい寺とききょう寺[遠州森、遠江一宮]

image by PIXTA / 22899188

「森の石松」で有名な周智郡森町は「遠州の小京都」と呼ばれ、古民家が軒を連ねる落ち着いた風情の宿場町。
ここには地元で「あじさい寺」として知られる実谷山(じっこくざん)極楽寺と、日本三大ききょう寺のひとつ香勝寺があります。

極楽寺は養老年間の717年に行基によって開創されたと言われ、30種類以上、13,000株ものあじさいが楽しめるという「あじさいの寺」。

「ききょう寺」の鹿苑山香勝寺は天文14年(1545年)開山の曹洞宗の寺院。
香勝寺のききょう園には15種・約4万株のききょうがあり、愛らしい「童地蔵」も出迎えてくれます。

実谷山極楽寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 実谷山極楽寺
住所 静岡県周智郡森町一宮5709
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 あじさい園観覧料(期間中):大人500円 小人100円
参考サイト http://www.ajisaidera.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

実谷山極楽寺のスポットページ

40万本の花しょうぶも楽しめる小國神社[遠州森、遠江一宮]

40万本の花しょうぶも楽しめる小國神社[遠州森、遠江一宮]

image by PIXTA / 9049275

「遠江国一宮」の小國神社は6世紀ごろに現在地に創建されたと伝えられる古社で、祭神は「因幡の白うさぎ」を助けた大国主命(おおくにぬしのみこと)。
総檜皮葺の大社造りの本殿や拝殿を擁する小國神社は「滝桜」や「御衣黄」などの桜と紅葉の名所で、花しょうぶ園も有名。
花しょうぶ園では白、ピンク、青、紫など130種以上、40万本もの花しょうぶが5月下旬から順次開花してゆきます。

鎌倉時代初期に伝わったとされる小國神社の「十二段舞楽」は国の重要無形民俗文化財に指定されており、毎年4月中旬に奉納されます。
老杉生い茂る広大な社寺林は「古代の森」と呼ばれ、標高511mの本宮山に鎮座する奥宮「奥磐戸神社」の境内からは遠州灘も一望できます。








小國神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 小國神社
住所 静岡県周智郡森町一宮3956−1
営業時間・開場時間 一宮花菖蒲園:9:00−17:00
利用料金や入場料 一宮花菖蒲園:大人300円 小学生以下無料
参考サイト http://www.okunijinja.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

小國神社のスポットページ

天浜線じたいも見どころ、転車台 & 鉄道歴史館ツアー[天竜二俣]

天浜線は、1935年の「掛川」-「遠江森」間開業当初から現在も使用されている「鉄道遺産」が多いことも大きな特徴。
天浜線36施設が国登録有形文化財に指定されており、その象徴的存在が「天竜二俣」駅構内にある「機関車転車台」と「機関車扇形車庫」。
2施設ともに旧国鉄二俣線時代に走っていた蒸気機関車のために使用されていたもので、扇形車庫はいまなお現役で活躍中。
天竜二俣駅構内では鉄道遺産めぐりの見学ツアーが毎日開催されています。

天竜二俣駅 転車台・鉄道歴史館見学ツアーの住所・アクセスや営業時間など

名称 天竜二俣駅 転車台・鉄道歴史館見学ツアー
住所 静岡県浜松市天竜区二俣町阿蔵230-2
営業時間・開場時間 [金−月,祝]10:50/13:50 [火−木]13:50
利用料金や入場料 大人200円 小人100円
参考サイト https://www.tenhama.co.jp/events/5018/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

天竜二俣駅 転車台・鉄道歴史館見学ツアーのスポットページ

地底滝が圧巻のクールスポット、竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)[金指]

地底滝が圧巻のクールスポット、竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)[金指]

image by PIXTA / 19925507

「おんな城主 直虎」の故郷・井伊谷(いいのや)の里の郊外、標高359.1mの竜ヶ岩山麓にあるのが個人営業の鍾乳洞「竜ヶ岩洞」。
鍾乳洞内は年間を通じて18°C 前後で、近年は「クールスポット」としても人気があります。

この鍾乳洞は約2億5千万年前の秩父中古生層石灰岩中に形成されたもの。
総延長は1km以上もあり、見どころは地底滝として日本最大の落差30mを誇る「黄金の大滝」。
竜ヶ岩山にはハイキングコースも整備され、カルスト台地に特徴的な墓石地形(カレンフェルト)も各所で見られます。

竜ヶ岩洞では現在、ユニークなオリジナルどら焼き「いい ! 直虎゛(どら)」も販売されています(1個150円)。

竜ヶ岩洞の住所・アクセスや営業時間など

名称 竜ヶ岩洞
住所 静岡県浜松市北区引佐町田畑193
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 大人1,000円 小中学生600円
参考サイト http://www.doukutu.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

竜ヶ岩洞のスポットページ

奥山公園の桜とアジサイ[金指]

奥山公園の桜とアジサイ[金指]

image by PIXTA / 1219625

奥山公園は井伊直政の母親ゆかりの寺院・方広寺の奥山半僧坊入口にあり、参拝客も多く立ち寄る自然公園。
ソメイヨシノやヤマザクラが約1,000本、アジサイ約3,000株が植えられており、方広寺の三重の塔とともにライトアップもされます。

公園内の池には全長75mの浮き桟橋があり、ここから見上げる満開の桜の美しさには定評があります。

次のページでは『「姫街道」の気賀関所[気賀]』を掲載!
次のページを読む >>