歴史好きなら必見!静岡県の歩いて行ける古城めぐり

静岡県は国指定史跡のお城の数が全国で2番目に多い県、ということをご存知でしょうか。近年の歴史ブーム・城ブームの波に乗って、城めぐりで静岡県を訪れる人も増えています。残された城郭跡も天然の要害を活かした中世の山城あり、山城・平城混在様式ありと多彩。今回は気軽に行ける静岡県のお城を東から西へご紹介(* は虫よけ・トレッキングシューズなどの装備が必要な城郭遺構)。
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

* 山中城跡(三島市山中新田、見どころ : 戦国末期の土城構造、障子堀、出丸、西櫓)


箱根西麓、旧東海道を睥睨する山中城は永禄年間(1558 – 70)、後北条氏三代目当主の北条氏康氏が豊臣軍の箱根越えに備えるために築いた戦国末期の大規模な土城(土塁と曲輪[くるわ]のみで構成された中世城郭)遺構。
本丸天守櫓跡の標高580mを最高地点とするこの土城は甲斐武田氏、駿河今川氏との国境をなす伊豆地方北部の自領を守る最前線基地だった重要な城で、1934年に国の史跡に指定されています。

後北条氏特有の美しい「障子堀」が有名な山中城跡は富士山や駿河湾の眺望がすばらしく、とくに障子堀壁面に植えられたツツジが満開になる4 – 5月ごろがおすすめ。

山中城跡へはJR東海道本線 / 新幹線「三島」駅南口から「元箱根港」行きバスで「山中城跡」下車。
三島市街地から箱根峠まで1日乗り放題のフリーパス「みしまるきっぷ」利用がお得です。

* 葛山城跡(裾野市葛山、見どころ : 二重堀切、土塁遺構)

* 葛山城跡(裾野市葛山、見どころ : 二重堀切、土塁遺構)

image by PIXTA / 18313327

葛山[かずらやま]城跡は愛鷹山の東端に位置する愛宕山にある山城遺構で、現在の静岡県東部一帯を支配していた葛山氏の居城跡。
武田・今川・後北条の勢力争いに翻弄された歴史を持ち、かつて葛山氏の居館のあった場所に一族の菩提寺「仙年寺」があります。
こんもりした丘陵にある城跡へは仙年寺裏の登城道から。
葛山城跡周辺には景勝地の景ヶ島渓谷や屏風岩もあり、新緑や紅葉狩りの散策もおすすめ。

葛山城跡へはJR御殿場線「裾野」駅からバス「富岡・深良循環」で「御宿」バス停下車、徒歩約20分です。

興国寺城跡(沼津市根古屋、見どころ : 巨大な土塁と空堀遺構)

興国寺城跡(沼津市根古屋、見どころ : 巨大な土塁と空堀遺構)

image by PIXTA / 24256249

興国寺城は1467年ごろ、北条早雲によって築城されたと言われる平山城で、1995年に国指定史跡になりました。
近年の発掘調査の結果、現存する遺構は築城当時のものではなく江戸時代初期のものと判明していますが、本丸跡の大土塁や比高差20mもの空堀などは見ごたえあり。
現在、保存と復元のための整備工事が行われています。
小高い南斜面に位置する興国寺城跡からは沼津市街と駿河湾も一望できます。

興国寺城跡へはJR東海道本線「原」駅からミューバス「原駅循環」で「東根古屋」バス停下車、徒歩約3分です。

泉頭城跡(駿東郡清水町伏見・玉川)

泉頭城跡(駿東郡清水町伏見・玉川)

image by PIXTA / 17717665

泉頭[いずみがしら]城跡は弘治年間(1555 – 58)、富士山の伏流水が湧き出す川として全国的に有名な柿田川源流部に後北条氏によって築かれた平城跡。
戦国末期、後北条勢が豊臣軍を迎え撃つため山中城と韮山城に兵を引き揚げたあとは事実上放棄されました。
元和元年(1615年)、ここを訪れた徳川家康公はたいへん気に入り、隠居所造営を命じたもののすぐに中止になり、隠居地を駿府、つまり現在の静岡市に変更したと伝えられています。

城域は南北600m、東西320mもあり、出丸や本曲輪、東曲輪、舟付曲輪などが大正時代までは残っていたと推定されていますがそのほとんどは現存せず、柿田川源流部東斜面にわずかに遺構らしき痕跡が残っています。

もうひとつ、柿田川と狩野川の合流部に面する低山・本城山山頂にも後北条氏の重要な城と伝えられる戸倉城跡があり、展望台からはかつて泉頭城のあった柿田川源流部がよく見えます。

泉頭城跡へはJR東海道本線 / 新幹線「三島」駅南口からバス「サントムーン柿田川経由沼商・沼津駅」または「静岡医療センター」行きで「柿田川湧水公園前」バス停下車、すぐ前の交差点南側になります。

* 長浜城跡(沼津市内浦重須、見どころ : 三つの曲輪を基本とした直線連郭、土塁、竪堀、復元櫓)


長浜城跡は天正年間( 1570年代 )の築城とされる戦国時代末期の水軍基地遺構。
沼津市南東部、静浦山地が奥駿河湾に沈みこむリアス式海岸から突き出す岬の上に築かれた砦城です。
戦国末期の水軍基地がよく保存された貴重な遺構として、1988年に国の史跡に指定されました。

この水軍基地は、現在の沼津市中央公園付近にあった「三枚橋城」を擁する武田勢との戦いでは後北条氏の出撃基地として機能したものの、その後北条氏が水軍の主力を下田や東伊豆地域に移したため、長浜城はわずか10年ほどで役割を終えたと言われています。

長浜城跡には当時の大型軍船「安宅船[あたけぶね]」の実寸大平面図や掘建柱建物の平面表示、発掘調査にもとづき復元された櫓などがあり、「第一曲輪」から眺める奥駿河湾と富士山、淡島はまさに絶景です。

長浜城跡へはJR東海道本線「沼津」駅南口からバス「西浦木負 / 江梨」行きで「長浜城跡」バス停下車、すぐになります。

* 蒲原城跡(静岡市清水区蒲原、見どころ : 大空堀、大堀切、石積遺構)

* 蒲原城跡(静岡市清水区蒲原、見どころ : 大空堀、大堀切、石積遺構)

image by PIXTA / 20107138

蒲原城跡は現在の静岡市清水区蒲原地区、旧東海道を見下ろす標高150mの城山山頂に築かれた要衝で、富士川流域をめぐる攻防では今川方の最前線基地として機能した重要な山城でした。
1569年12月、総攻撃のすえこの城を落とした甲斐武田氏は、駿河湾と富士山の眺望を絶賛したと伝えられています。

蒲原城跡には「狼煙台」があったとされる標高164mの御殿山が隣接。
城跡に建つ城山八幡宮とともに桜の名所として親しまれています。

蒲原城跡へはJR東海道本線「新蒲原」駅北口から徒歩約25分の山登りになります。

小山城(榛原郡吉田町片岡、見どころ : 大規模曲輪遺構、三重三日月堀、馬出)

小山城(榛原郡吉田町片岡、見どころ : 大規模曲輪遺構、三重三日月堀、馬出)

image by PIXTA / 20247931

小山[こやま]城は、お茶の一大生産地として知られる牧之原台地の南東端に張り出す丘陵末端に築城された平山城。
1571年以後に甲斐武田氏側の城となってからは、それまでの砦ていどの施設から本格的な城郭へと拡張されたと言われています。

城内には展望台として開設されている模擬天守をはじめ、復元された馬出(うまだし、四方を塀で囲まれた曲輪)やここでしか見られない三重の三日月堀などがあります。

小山城はJR東海道本線「島田」駅北口からバス「島田静波線・静波海岸入口」行き、または同「藤枝」駅南口からバス「藤枝相良線・相良営業所」行きで「片岡北吉田特別支援学校」バス停下車、徒歩約5分です。

Ryuichi

Writer:

伊豆半島の付け根に住んでいます。地元静岡県の記事が中心ですが、海外ものもときおり織り交ぜてご提供。公共交通機関を最大限活用するスローな旅が好きです。

この記事のカテゴリ

国内
東海地方
歴史
静岡県

国内の記事を見る

【静岡観光】大井川鐵道に乗って新緑の川根路へ!
地元民が伝授!宮崎県「サンメッセ日南」の観光完璧ガイド
【三重県・御在所岳】ロープウェイで楽々登山♪非日常の山頂から絶景を眺めよう
島根の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
あべのハルカス展望台で大阪の町を天空散歩してきました
大正ロマンな建物で歴史を学び、お酒も堪能♪中之島中央公会堂
滋賀土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選
浜松土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選
那須土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選
上野土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選
【山梨県】約80万株の芝桜が世界遺産富士山をカラフルに彩る絶景!「2017富士芝桜まつり」に行こう!
絶景の蘇洞門と海の小浜 小京都・若狭小浜(前編) 

関連記事を見る