武家社会の幕開け!時代を変えた「平将門の乱」とは?

東京都千代田区一丁目、高層ビルが建ち並ぶビジネス街の一角に「平将門の首塚」という旧跡があるのをご存知でしょうか。再開発が進む都心の一画、ビルとビルの間にひっそりと佇むように、こんもりとした緑に囲まれた石碑があり、花が手向けられている場所があります。平安時代中期の豪族で、武士の先駆けとも言われますが、「平将門の乱」を引き起こした人物としても知られる平将門。東京都内には将門を祀った神社や碑が他にもたくさんありますが、一体どんな人物なのか?「平将門の乱」とは?およそ1100年前に起きた大事件。詳しく振り返ってみましょう。

平将門とはどんな人?

平将門っていつ頃、どこで生まれた人?

平将門っていつ頃、どこで生まれた人?

image by PIXTA / 21356518

平将門(たいらのまさかど)は平安時代(794年~1185年)の中期の関東の豪族。
794年に平安京に都を移したことで知られる桓武天皇の子孫で、正確な生まれ年や生誕地は不明ですが、903年という説が有力。
関東のどこかで生まれ、940年に満37歳でこの世を去ったとされています。
5世代となると皇族とは認められないのだそうで、平氏とはいわゆる「皇族が臣下に下るときに名乗った名前」のひとつなのだそうです。

父・平良将(たいらのよしまさ)は関東のどこか(おそらく現在の千葉県佐倉市一帯)を治める、かなり名の通った豪族でした。
皇族の血を引いているといっても、当時の政治の忠臣はやはり京都。
都では藤原氏が権勢を振るっている時代です。
関東の豪族など出る幕ではありません。
しかし将門は平安京の実力者、藤原忠平に認められ、仕事を得て15歳頃に都に移り住みます。

残念ながらこの当時の将門を知る史料は少ないようで詳細は不明なのですが、おそらく将門の才能や人柄が認められてそのような機会を得たのでは、との見方も。
与えられた位は決して高いものではなく、与えられた仕事は都の警備のようなものでしたが、将門は以後10数年間、京都で働き続けます。

平将門は非常に武芸に長けていたとの記録もあるようです。
皇族の血筋であり、父親は関東の有力豪族ですが、藤原一族が牛耳っていた京都では身分が低く仕事も雑用系。
そんなある日、郷里の関東で、父親と伯父たちの領争いなど、平氏一族同士の争いが勃発。
これが将門の運命を大きく変えることになるのです。

平将門が生きた平安中期ってどんな時代だったの?

平将門が生きた平安中期ってどんな時代だったの?

image by PIXTA / 20889430

平安時代の前、奈良時代も終わりの頃になると、政治が乱れて争いが起こるようになり、世の中は混乱していました。
奈良時代初期の頃のしっかりとした政治体制を取り戻そうと、桓武天皇は平城京(奈良)から平安京へ都を移し、様々な改革を行っていきます。
天皇の権威を高めて律令政治(法律で統治される国家体制)をもう一度築きなおしていこうとしたのです。

こうして平安時代の政治はしっかり組みなおされましたが、時代が進むとやはり、強い力を持つ貴族たちが台頭していきます。
特に力を持っていったのが藤原氏。
自分の娘を天皇に嫁がせ、摂政や関白といった高い位に就き、多くの領地(荘園)を持って豊富な資金を手に入れ、他の貴族たちを抑えて政治を思うがままに動かすようになっていました。
藤原氏を中心とした貴族たちの暮らしは豊かで優雅なものとなり、新しい文化芸術が花開いていく一方で政治らしい政治は行われず、特に地方の情勢についてはほぼ、ほったらかし状態に。
地方の政治は国司と呼ばれる役人たちに任せっきりになっていました。
国司たちの中には私腹を肥やすため重税を課したり、不正を働くものも出てきて、地方の政治はどんどん乱れていきます。

そこで活躍し始めたのが、武士と呼ばれる人々でした。
”武士”というものの起源についてはよくわかっていないのですが、この当時、武芸に長け、揉め事の鎮圧や用心棒のようなことをしていた人は大勢いたようで、これを武士の起源とする考え方もあります。
中には貴族や下級役人、平将門のような皇族の血を引く者も。
平将門や、父親の平良将に関する史料は非常に少なく、不明な点も多いのですが、彼らを”武士”と呼んでもよいのかもしれません。

平将門と平清盛との関係は?

平将門と平清盛との関係は?

image by PIXTA / 13977490

”平”という氏から、平清盛を思い浮かべる人も少なくないでしょう。
平安時代末期、貴族社会を終わらせ武家社会の礎を築いたとされる人物。
1118年生まれ~1181年没とされています。
平将門が940年に亡くなっていますので、将門よりだいぶあとの時代の人、ということになりますが、もちろん同じ一族。
関係はあります。

将門の父・良将には少なくとも4人の兄弟がいたと考えられていて、そのうちの一人に国香(くにか)という人がいました。
将門からすれば叔父さんに当たる人です。
平清盛は、国香の7代後の子孫に当たります。
実は「平将門の乱」の発端は、この叔父の国香とその息子の貞盛との間の争いであったと考えられていて、清盛から見れば将門は同じ平氏一門であると同時に、直接の先祖である国香・貞盛の敵であった、ということになるのです。
清盛が将門のことをどう思っていたのかは、残念ながらわかりませんが、よく思っていなかったかもしれません。

将門の没後178年経って生まれた清盛。
将門の時代より少しは、武士の地位は向上していましたが、それでもまだまだ、貴族たちに虐げられる日美が続いていました。
しかし清盛は数々の争いを勝ち抜き、太政大臣にまで上り詰めます。
清盛の時代になってようやく、武士が貴族と対等に、いやそれ以上の地位を築くことができたのです。

しかしそれは、平清盛の時代、平安時代の後期に入ってからの話。
平将門が生きた平安中期にはまだ、想像もできないことでした。
そんな時代に起きた一大事件「平将門の乱」とは?詳しく見ていくことにいたしましょう。

「平将門の乱」はなぜ起きた?

発端は平氏の親族同士の争いだった?

発端は平氏の親族同士の争いだった?

image by PIXTA / 27358715

「平将門の乱」については『将門記』(しょうもんき)という軍記が残されているのですが、作者も、描かれた年代もはっきりしないもので、原本は残っておらず、現存する写本も残念ながら冒頭の部分が欠落しているのだそうです。

将門は931年(延長9年)頃、将門29歳~30歳くらいのとき。
将門が叔父・良兼と”女論”によって不和になったことが、一門争いのそもそもの発端と言われていますが、その”女論”の詳細はよくわかっていません。
おそらく、将門もしくは一門誰かの嫁取りに関して、何かしら軋轢が生まれたのではないかと考えられています。
将門は実際、良兼の娘を妻にしているので、結婚に反対されたとか、そういったことがあったのかもしれません。

この頃、常陸大掾(だいじょう:常陸国の国司)という役職に就いていたことがある源護(みなもとのまもる)という人物が、筑波山周辺に広大な土地を持っており、かなりの勢力を誇っていました。
また、平国香やその息子たちの元に娘を嫁がせるなど平氏と深いつながりを持つ人物であったと言われています。
源護は地元の豪族との間で領地の境界線を巡って度々争いを起こしていました。

その後、935年(承平5年)頃、将門は地元の豪族から「この争いを鎮めてほしい」もしくは「我々に味方して平国香や源護を撃ち破ってほしい」と、いうようなことを持ちかけられられます。
一方の国香たちからすれば、鬱陶しい将門を討ついい口実に。
将門は挙兵し、国香を討ち、源護の息子たちも殺してこの戦いに勝利したのです。

身内同士の争いから謀叛(むほん)の疑いへ

身内同士の争いから謀叛(むほん)の疑いへ

image by PIXTA / 27337434

いくら身内同士とはいえ、こんな争いを起こしてただで済むわけはありません。
将門は戦に勝利した後、都に呼ばれ、事情を説明することになります。
どういう申し開きをしたか詳細は不明ですが、結果、将門にはお咎めなしということで放免に。
朝廷からすれば、東国の田舎豪族の争いなどどうでもよかったのかもしれません。
あるいは将門がうまく立ち回ったのか。
とにかく将門は何事もなく地元に帰りますが、再び叔父の良兼や、息子たちを殺された源護が兵を挙げ、次々に将門に襲い掛かります。
将門は一度は敗走しますがこれらを粉砕し、国香息子、平貞盛も破って大暴れ。
気がつけば平氏一門から孤立してしまいます。

この頃将門は身内だけでなく、悪徳役人の横行に悩む地元住人達から頼られ、揉め事の仲裁(力ずくで)などに奔走。
地元では怖いもの知らずの英傑となり、関東一円を支配。
とうとう国府(中央から派遣されてきた役人が働く施設が置かれた都市)を攻撃してしまいます。
もともとは私腹を肥やしたり領民を困らせるようなダメ役人が多いせいなのですが、将門はとうとう、朝廷に歯向かう気なのでは?と謀叛の疑いをかけられてしまうのです。

そして将門はとうとう一線を越えてしまいます。
939年(天慶2年)、関東八カ国を手中に納めた将門は、自ら「新皇」(新しい天皇)と名乗るまでに。
これは朝廷への反逆罪に相当します。
これが世に言う「平将門の乱」です。

nekoichi(猫壱)

Writer:

歴史と歴史小説と遺跡を愛してやまない東京都在住の主婦。子供のころからの大の時代劇ファン。国内外問わず歴史小説を読むようになり、NHK人形劇「三国志」を見て中国史にはまって大学では東洋史学を専攻。愛猫とじゃれながら歴史小説を読み漁る毎日を送っている。趣味は古地図を眺めることとカメラ片手の街散策。

この記事のカテゴリ

国内
東京
歴史

関連記事を見る

国内の記事を見る

湯河原温泉の歴史とお薦めスポット3選!万葉集にも詠まれた古湯です
「平将門」の歴史。天皇になろうとして失敗するも、後世に残した影響とは?
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
戸隠神社に行ってきた!日本屈指のパワースポットで運気チャージの旅
京都観光前に知りたい「東寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
京都観光前に知りたい「東福寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「三十三間堂」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
遺産総額70億円?!応仁の乱の原因を作った日野富子は金の亡者か?
「後三年の役」ってどんな戦い?東北地方の覇者によるお家騒動
明石城観光前に知りたい!日本100名城「明石城」ってどんなところ?
平安時代中期の反乱「前九年の役」をもっとよく知ろう