【池袋観光】池袋って東京観光の拠点になるんです!地元民が伝授する観光ガイド

いざ東京観光へ!新宿、渋谷と並び、東京を象徴する大都市として高い人気を誇る池袋。でも、面白いところってそんなにあるの?
ご心配はいりません!10年以上池袋に入り浸っている私が、その魅力を存分にお届けします。特に観光スポットやお土産紹介では、地元民ならではのディープな情報が満載。ぜひ、次の旅行の参考にしてみてくださいね。

池袋観光の前に知っておこう!

東京観光のなかでも池袋の魅力は?

東京観光のなかでも池袋の魅力は?

image by PIXTA / 20944591

多数の観光地が乱立する東京に於いて、いったい池袋のどこに惹かれるのでしょうか。

例えば、新宿や渋谷は百貨店やファッションビルといった買い物を楽しめる場所、またはカフェなどの飲食店が主な人気を集めています。

池袋はというと、同じようにファッションやグルメを楽しめるお店はもちろんたくさんあります。

しかし、実はそれだけではないのです。
なんと、水族館やプラネタリウムといったレジャーまで一緒に楽しめてしまう、非常に遊びの幅の広い街なんですね。
そのため、社会人の多い新宿や渋谷などと比べ、池袋に訪れる人は子どもからご年配の方まで様々となっています。

池袋の住所・アクセスや営業時間など

名称 池袋
名称(英語) Ikebukuro
住所 東京都豊島区
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E8%A2%8B
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

池袋のスポットページ

池袋へのアクセス手段は?

池袋へのアクセス手段は?

image by PIXTA / 2367651

池袋はJR東日本、東武鉄道、西武鉄道、東京メトロの4社が乗り入れる非常に大きな駅です。

新幹線を使って品川駅や東京駅で降りた場合も、JR山手線や東京メトロ丸ノ内線が通っているため池袋へは1時間足らずで辿り着きます。
その他、上野駅や大宮駅経由で東北方面からも楽にアクセスできます。

また、池袋発着のバスも多く、羽田空港や成田空港など空路からのアクセスも1時間〜1時間半ほどと良好です!

池袋から都内の他メジャー観光地は行きやすい?

池袋から都内の他メジャー観光地は行きやすい?

image by PIXTA / 18313760

池袋は上記の通り非常に大きな駅であることに加え宿泊施設も多く、実は他の観光スポットへの拠点としても大活躍しています。

例えば、新宿や渋谷までJR山手線、埼京線で1本。
およそ20分もかからずに到着します。
たとえJR線に遅れや運休があっても、東京メトロ副都心線でもアクセスできるという優秀な駅です。

また、最近話題の秋葉原や上野エリアへは同じくJR山手線を逆回りすることで、これまた20分ほどで辿り着きます。
便利ですね。

池袋観光のモデルコースはこう!








日帰りの場合

日帰りの場合

image by PIXTA / 11364829

さて、早速ですが日帰りでサクッと池袋を楽しみたい場合のオススメコースをご紹介します。

池袋観光は大きく分けて西口エリアと東口エリアに分かれています。
日帰りでオススメするのは行き交う人も多い東口エリア。

池袋駅東口を出て人々の流れに沿って歩いていくと、賑わっている「サンシャイン通り」へと辿りつきます。
サンシャイン通りの入り口はロッテリアが目印です。

ここ、サンシャイン通りには映画館やゲームセンター、たくさんの飲食店があります。
中でもゲームセンター横にある「ばくだん焼」のお店は名物となっているようで、休日は列が絶えません。
是非一度ご賞味あれ。

通りを楽しむだけでもあっという間に時間が経ってしまうと思いますが、ここはサンシャイン通りの名前のもととなったサンシャイン60にある複合施設、「サンシャインシティ」へも足を運んでみましょう。

東急ハンズ入口の左側から降りていくエスカレーターに乗れば、もうそこから先はサンシャインシティ。
ショッピングモールと水族館、果てはプラネタリウムもある池袋屈指の複合レジャー施設です!

買い物するもよし、水族館やプラネタリウム、アミューズメントパークを楽しむのもよし、一日中遊び倒せますよ。

サンシャインシティの住所・アクセスや営業時間など

名称 サンシャインシティ
名称(英語) SunshineCity
住所 東京都豊島区東池袋三丁目1番1号
営業時間・開場時間 アルパ : ショッピング 10:00-20:00 / レストラン 11:00-22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sunshinecity.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サンシャインシティのスポットページ

1泊2日の場合

1泊2日の場合

image by PIXTA / 17961663

池袋を2日間まわれる時間があるのならば、東口エリア、西口エリア、両方とも楽しんでみませんか!

まず1日目は日帰りコーナーで少し紹介した東口エリアへ。
1日かけてサンシャインシティの中をじっくり楽しむのも良いですが、外にもまだまだ魅力はあります。

実はサンシャインシティの裏にひっそりと歴史的観光地があります。
「東池袋中央公園」です。
サンシャイン60ビルはかつての巣鴨プリズンの跡地に立てられており、石碑も立っています。
池袋にありながら、ゆったりとした時間が流れる珍しいスポットなんですよ。

また、サンシャインシティのさらに先、東池袋駅の近くには図書館と併設された「あうるすぽっと」という豊島区舞台芸術交流センターがあります。
日々様々な舞台などが上演されているので、少し足を伸ばしてみると面白いかと。
センターの上にある図書館も、広々として素敵ですよ。

さらに、東池袋中央公園のそばに「ワンダーパーラーカフェ」というメイド喫茶があります。
こちらは“もえもえきゅんっ”な現代的メイド喫茶とは違い、19世紀後半本物のメイドを模して営業されているので非常に穏やかな気持ちで過ごせて疲れを取るにもオススメです。
この辺りは「乙女ロード」と呼ばれており、コスプレイヤーやアニメファンには堪らないそう!

2日目は西口方面を堪能しましょう。

西口を出てすぐ、噴水の見える「池袋西口公園」がオススメです。
そう、池袋ウエストゲートパーク。
2000年に放映されたドラマで一躍有名になりました。
そのまま、隣にある「東京芸術劇場」で演劇やコンサートを楽しむのも良いでしょう。

さて、その後はもう少し西方面へ足を伸ばしてみましょう。
池袋丸井の先に「立教大学池袋キャンパス」があります。
たかが大学と侮ることなかれ!校門をくぐると綺麗なレンガ造りの校舎が迎えてくれます。
本館をはじめ、いくつかの建物が東京都選定歴史的建造物に選ばれており、美しい景観は記念撮影にもぴったりです。

最後はお土産で締めましょう。
池袋には百貨店が東西に2店あり、お菓子を買うのには全く困りませんが、せっかくですので池袋ならではのものを。

そこで、東口に大正9年から営業をしている「タカセ」という洋菓子店があります。
こちらの「ミックスクッキー」を私は池袋土産として推薦します!

池袋観光で行きたい観光スポットはここ!

クリオネが見られる!「サンシャイン水族館」

クリオネが見られる!「サンシャイン水族館」

image by PIXTA / 8442142

サンシャイン水族館はサンシャインシティに入っている、日本初となる屋上の水族館です。

ビル内にあるため、他の水族館と比べると若干窮屈に思うかもしれませんが、マンボウやクリオネなど変わった生き物が見られるので全く退屈しません。
また、ミュージアムショップも規模としては小さいですが、グッズが充実しているのでワクワクしながら買い物ができますよ。

常設展と合わせて「もうどく展」など面白い特別展も日々開催されているので、何度も楽しめる水族館になっています。

次のページでは『ただ座って見上げるだけじゃない「プラネタリウム“満天”」』を掲載!
次のページを読む >>