富岳風穴に行ってきた!山梨県、富士山麓で洞窟探検

6月に入り梅雨入りをする時期、今度はジメジメむしむし。夏はどこかクールな観光スポットにいきたいところ!今回はそんな皆さんに、これからの季節おすすめのクールスポット!山梨県の富士山の麓にある天然記念物「富岳(ふがく)風穴・鳴沢氷穴」をご紹介。この記事では「富岳風穴」の行き方、楽しみ方をレポートします。

後編では「鳴沢氷穴」も楽しみました。旅レポートはこちら

天然記念物「富岳(ふがく)風穴」からスタート!

98593:天然記念物「富岳(ふがく)風穴」からスタート!

撮影/橋詰 真紀

信州在住、旅ライターの橋詰真紀です。
まずはこちらの氷柱ご覧ください!今回は少し足を延ばしてお隣の山梨県富士山の麓までやってきました。
ここ「富岳風穴」の中はなんと平均気温3℃、とっても涼しーーい!というかちょっと寒ーい!

富岳風穴までのアクセスは?

98594:富岳風穴までのアクセスは?

撮影/橋詰 真紀

富岳風穴までのアクセスは、河口湖ICから国道139号線を通りおよそ20分。
道沿いにあるのでとってもわかりやすいです。
富士山を眺めながらドライブしながら、左手にまずは「鳴沢氷穴」があります。
その先に「富岳風穴」今回私は「富岳風穴」からスタート。
どちらから先に行っても大丈夫です。
98622:

撮影/橋詰 真紀

富岳風穴には無料駐車場(150台)があります。
駐車場から入口までは徒歩2分。
98595:

撮影/橋詰 真紀

この日の気温は30℃近く、日が当たる所では汗がかなりじわじわと出てきますが、樹木の間を歩いて行くので気持ち良く感じられます。

溶岩の上に木が生えてる?!

98618:溶岩の上に木が生えてる?!

撮影/橋詰 真紀

そうなんです!ここは溶岩地帯。
よく考えると今でこそ富士山はおとなしくしていますが、もともとは活火山。
何10万年も前には何度も噴火を繰り返していたという歴史が!






98619:

撮影/橋詰 真紀

このように溶岩の上に長い年月をかけて樹木が育っています。
複雑に密集した根が溶岩の上や、その間に絡みあるというあまり見たことがない景色です。
しかしいくら落ちた葉や苔から栄養素を採ってとはいえ、こんな溶岩の上でこんなにも育つんだろうか?と思う程。
植物の生命力のたくましさに感心。

ガス孔の跡

98621:ガス孔の跡

撮影/橋詰 真紀

途中にはガス孔の跡も。
ガスが溜まっていたのが途中で抜けたらこうなったっていう事なんですが、これもなんだか不思議な形。
これもすべて自然が作り出したものなんですよね。

チケット売り場ではお得なクーポンを利用しよう!

98616:チケット売り場ではお得なクーポンを利用しよう!

撮影/橋詰 真紀

入洞料金は大人350円。
小人(小学生)200円。
(団体割引あり)公式ホームページからオンラインクーポンを利用すると、大人300円。
小人(小学生)150円になります。
※なお営業時間は天候・洞内状況により変更になる場合があるそうなのでご注意下さい。

次のページでは『富岳風穴は横穴型洞窟です!』を掲載!
次のページを読む >>