【山梨県】富士山の麓で洞窟探検!「富岳(ふがく)風穴・鳴沢氷穴」はもの凄くアドベンチャーだった!(後編)

信州在住、旅ライターの橋詰真紀です。今回は足を延ばしてお隣の山梨県へ。今年の5月は30℃を超える日も多く暑い日が続きました。6月に入り梅雨入りをしたこの時期、今度はジメジメむしむしかと思いや、ここ数日はお天気も良く暑い日も。「どこか気持ちのいい、涼しい所に行きたーい」そんな皆さんに、これからの季節おすすめのクールスポット。山梨県の富士山の麓にある天然記念物「富岳(ふがく)風穴・鳴沢氷穴」をご紹介。前編では横穴型洞窟の「富岳風穴」でプチアドベンチャー気分に浸ってきましたが、後編ではさらに難易度アップ?!「鳴沢氷穴」へGOGO!

前編はこちらから

天然記念物「鳴沢氷穴」へ

天然記念物「鳴沢氷穴」へ

写真/筆者

前編でご紹介した「富岳風穴」でプチアドベンチャー気分を味わい、次は「鳴沢氷穴」へ向かいます。
国道139号線を通り富岳風穴から鳴沢氷穴までは車で2分。
近い!

写真/筆者

富岳風穴の入口にあった看板を見ると、選択肢が3つ。
その1自然歩道だと1.4㎞。
その2国道だと800m。
その3車で3分。
さぁ、あなたはどれを選びますか?「まぁ、1の自然歩道が当然オススメって事だよね。
んじゃ1番で。
時間もあるし歩いてみよっ!」と東海自然歩道を散策する事に。

写真/筆者

観光客の姿は海外から来た方が2〜3人程度。
まぁこの日は平日なので、歩いていく人は少ないんでしょうね。
それにしても日本人は私一人。
しかも写真撮っている間にみんな先に行っちゃった。

写真/筆者

溶岩の上を歩いて行きます。
ちょっとごつごつしていて、歩きにくいかな。
でもこういう所もあんまり歩いた事がないのでちょっとワクワク。
訪れる際にはスニーカー等の歩きやすい靴で。
この日は晴れていたので良かったのですが、雨が降ると岩の上はツルッと滑りやすいそうなのでご注意を。

写真/筆者

なんだかかなり木が密集しているなぁ。
その先をゆっくりと進んでいくと。

ここがあの有名な青木ヶ原樹海かっ?!

ここがあの有名な青木ヶ原樹海かっ?!

写真/筆者

こんな看板が。
えっ、もしかしてここがあの有名な青木ヶ原樹海!?ただの遊歩道じゃないの?とそうとうビビる私。
まあ良く見たら初めの看板にも、青木ヶ原っていう文字書かれていたんですけど気付かずに来ちゃった。
「ヤバイもしかして樹海で迷って帰れなくなったら、どーしょーー」なんて思いながら。
「まあ、さっきも歩いていく人いたから大丈夫でしょ」と先に進みました。

写真/筆者

青木ヶ原樹海と言えば「昼間でもうっそうとしている」「一度迷うと出られない」という暗---いイメージだったのですが、実際は、まぁうっそうとしていると言われればしてますけど。
木々の間からの日差しもあるし、そもそも森って大体こんな感じでしょ。
(そこそこ山に慣れてる長野県民の意見。)鳥の声が聞こえてくるし、むしろ気持ちいい!自然歩道も整備がしっかりとされているので、道から外れなければ迷う事もありません。

写真/筆者

なーんだ普通に素敵にきれいな森じゃん!気持ちいいし。
あの樹海のネガティブなイメージから開放されました。
あと国立公園なので溶岩や植物の採取はNGですよー

写真/筆者

鳴沢氷穴までは徒歩20分程。
案内板もしっかりあります。

写真/筆者

ただ道から外れると確かに同じような木がいっぱいだから、方向性見失うかも。
GPSやコンパスがぐるぐるになって、使えないなんてことも言われてますが、普通に使えます(笑)全部俗説でーす。
「おばけなんてないさ。
おばけなんて嘘さ。」と歌いながら元気に歩きまーす!

なんで樹海って名前がついたの?

なんで樹海って名前がついたの?

写真/筆者

そういえばなんで海も無いのに「樹海」っていうんだろう?樹(木)の海って事なのかな?調べてみました。
その昔、青木ヶ原樹海一帯は大きな湖だったんだそう。
貞観6(864)年の富士山の北西山麓で大規模な噴火があり、その時に湖に流れ込んだ溶岩が固まって湖は埋もれてしまったそうで。
それからその土地の溶岩に苔が生えて木が育ち、1200年以上の長い年月をかけて森が形成されました。

上空から眺めると、木々が風になびく様子が海でうねる波のように見える事から「樹海」と名付けられたそうです。
また近くにある富士五湖の西湖と精進湖は、その時に残った湖って事で。
なるほど~勉強になった。

写真/筆者

歩くこと20分。
ジブリの映画に出てきそうな、少し背の低い木のトンネルを抜けると。

木のトンネルを抜けた後の、看板が怖すぎる。

木のトンネルを抜けた後の、看板が怖すぎる。

写真/筆者

「イエーイ。
鳴沢氷穴に到着。
樹海サイコー!」なんて思っていたら看板にこんな文字が。
怖いです。
怖すぎます。
青木ヶ原樹海は夜はやっぱり行っちゃいけない場所だと思います。
明るい時間に行きましょう。

橋詰 真紀

Writer:

生まれも育ちも長野県。趣味は、海外・国内旅行にビールと犬。これまではレポーター・ラジオ番組制作・イベントMC・司会等の仕事をフリーでやってきました。豊かな自然と長寿県、移住したい県NO.1の長野県には魅力がいっぱい!大好きな長野県周辺の情報をメインにお届けします。只今、喋って書けるフォトグラファー目指して修行中!「旅ライターmakiの大人女子ブログ」開設しました。 こちらもぜひご覧ください。 http://kimama-makitabi.upper.jp/

この記事のカテゴリ

国内
山梨県

関連記事を見る

国内の記事を見る

【高知県】道路に突き刺さる橋!?「手結港可動橋」を見学後は、ヤ・シィパークで夏を満喫!
【高知県】推定樹齢3,000年の神秘的なスポット!日本一を誇る大豊町の「杉の大スギ」に行ってみた
【高知県】魚の釣り方から食べ方までを土佐弁で解説!桂浜水族館の攻め具合が面白い
【うさぎの楽園】休暇村大久野島って何?なぜ有名?キャンプや日帰りなどおすすめ過ごし方は?
愛媛の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
【甲府城】史実とは違う修復?将軍を出し、戊辰戦争で争われた甲府城の歴史
【愛知お土産】地元民が選ぶ!スイーツから味噌まで愛知県のお土産28選
宮城の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
【高知県】日本三大鍾乳洞のひとつ、龍河洞の一般観光コースに行ってみた!自然×時間が造った絶景&冒険スポット!
地元民が選ぶ!江古田のおすすめのランチ30選
徳島県のこだわりお土産23選。グルメからスイーツまでこれでもう迷わない!
都市景観に深み・個性をもたらす「名古屋市都市景観重要建築物」の指定スポット10選