地元民が伝授する湘南エリアの観光完璧ガイド。見どころ&お土産&グルメ解説します!

海や山などの自然が溢れる湘南エリア。実は人気エリアのようで、誰もが一度は住みたい!訪れたい!と思ってるという話を聞きます。私はこの湘南エリアに住み始めてから約20年の歳月が経ちました。長年住み慣れたこの愛着のある湘南の街並みについて、地元民ならではの目線で皆さんにご紹介したいと思います。
湘南エリアはJR東海道線の鎌倉駅~平塚駅あたりの地域を指すと思うのですが、皆さんにはどのようなイメージがありますか?一昔前だと、湘南は暴走族で有名だったとかいう厄介な話もありますけど、最近はそういった話もあまり聞かなくなりましたね。
どちらかというと、平和で自然が豊かな街並といった所でしょうか。

湘南はサザンオールスターズなどの有名アーティストを輩出している事や、週刊少年ジャンプの人気漫画SLAM DUNKの舞台となっている事でも有名ですよね。
そういった、独特の空気感があるのかもしれません。

私にとっての湘南の感想ですが、ずっと住んでいてもはや生活の一部となってしまっているのですが、とても住んでいる人の温かい街だなと思います。
湘南独自のカルチャーが根付いた街だなと思います。
皆湘南に住む人は湘南を愛している印象。
とても良い事ですね。

湘南の観光の前に知っておこう!

湘南の観光の前に知っておこう!

image by PIXTA / 20648330

湘南の観光って、主になにをするの?

湘南の観光って、主になにをするの?

image by PIXTA / 14209576

湘南の中でも特にオススメのスポットは、自然豊かな海のエリアやと観光地として栄えている江ノ島電鉄の藤沢駅~鎌倉駅間のエリアです。
藤沢~鎌倉間をつなぐ江ノ島電鉄は、湘南の海を一望できて、とてもオススメですよ。

この藤沢駅~鎌倉駅間には様々な駅があるのですが、駅毎にそれぞれの特徴があります。
今回のこの記事では、江ノ島電鉄の地元民に人気の主要な駅をご紹介したいと思います。

また、江ノ島電鉄の藤沢駅~鎌倉駅区間以外の東海道線の藤沢~平塚間(大船駅、辻堂駅、茅ヶ崎駅、平塚駅)なども湘南には季節のイベントや様々な施設があるのでご紹介したいと思います。

湘南への主要都市からのアクセス手段や時間は?

湘南エリアへの主要都市からのアクセス手段や時間ですが、東京から藤沢駅までは51.1kmで所要時間が約50分かかります。
JRを利用した際は交通費は約1000円程かかるようですね。
湘南エリアを訪れる際は、海沿いの道はとても混みますので注意しましょう。
車に乗っていて、渋滞にハマってしまうと本当に抜け出せなくなります。

湘南ってやっぱドライブデート向き?所要時間や首都圏からのコースは?

湘南の海沿いをドライブデートする事に憧れる方が多いかもしれません。
しかしながら、地元民の目線でお伝えすると、残念ながら湘南の海沿いはドライブデートにはあまり向いてないと思います。
休日などは、海沿いは常に混みあっていて渋滞しています。
もし、湘南のドライブデートをしたいならば、敢えて時間帯をずらした平日にするのが良いと思います。

参考までに東京駅から湘南地区までの車での所要時間をお伝えすると、1時間7分(62.4km)を東名高速道路を経由するとの事です。
藤沢駅や鎌倉駅は、駅周辺には車を停めるところが少ないので注意しましょう。
時たま時間決め駐車場があるので、それを利用すれば良いでしょう。

湘南の駐車場はどこ?停めやすい?

藤沢や鎌倉などの湘南エリアは駐車場が少ない印象。
特に藤沢駅や鎌倉駅周辺は簡単には停められる場所が無い。
特に休日は殆どの小さな時間貸し駐車場は埋まっている印象です。
よって、基本的には電車でのアクセスをおススメします。

では、車で訪れたい場合はどうすれば良いのでしょうか?実は、鎌倉市の大船という地域に大きな時間貸し駐車場があります。
鎌倉芸術館という施設に向かう途中に位置していて、調べてみた所2017年3月現在129台まで停められるようです。
ただし、平日の昼間も常に混雑しているので、停めるのは困難かもしれません。

湘南観光のおすすめ時期は?冬は寒い?

湘南観光の際にお勧めしたい時期は、何と言っても夏場です。
海を中心に栄えている町なので、盛り上がる季節は主に夏が中心となります。
季節のイベントとしては鎌倉花火大会や江の島花火大会が夏には開催されるのが特徴です。
また、平塚市では夏に七夕祭りが開かれていて、比較的規模が大きいお祭りで、大人でもとても楽しめますよ。

気になる冬の湘南ですが、滅多に雪も降らないですし、そこまで寒くはないです。
ベーシックなコートやダウンジャケットなどの防寒対策を取れば、快適に過ごす事ができるでしょう。







湘南から、神奈川県内の他の観光地に行ける?横浜は?

湘南エリアから横浜へのアクセスは主にJRを使って移動する事になります。
平塚から藤沢辺りの駅からですと、東海道線。
鎌倉駅や大船駅からですと横須賀線を使って移動する事になります。
また、大船駅から横浜駅の区間には根岸線という路線があります。
デートスポットで有名な桜木町駅がある事で有名な路線です。

横浜を訪れるならば「みなとみらい」のエリアを観光する事を推奨します。
とても広いエリアでとても一日では回りきる事はできないと思いますが、湘南の次は横浜を訪れる旅を企画するのも良いかもしれないですね。

湘南のグルメといえば?

湘南のグルメで注目したいのは地元でとれた海鮮物。
海が身近な地域なので、海鮮物を使った料理が有名。
江ノ島の「しらす料理」は特に人気があり、生のしらす丼、かき揚げのしらす丼などが代表的。
また、海沿いには海を眺めながら食事を楽しむ事ができるスポットが豊富にあります。
オーシャンビューを楽しみながら食べる食事は新鮮ですよ。

湘南のグルメの特徴は海鮮料理と、風景を含めロケーションを楽しむと言う事を覚えておいてください。
古民家をリノベーションしたレストランや、自然を眺めながら料理を食べる事ができるお店がとても多いです。
風情あふれる環境で食べる料理の数々は最高!

また、地元の昔ながらのお店では店員さんとのふれあいの場としての機能を果たしている時もあり、そこがまた嬉しいですね。

湘南観光のモデルコースはこう!

日帰りの場合

日帰りの場合

image by PIXTA / 18443623

湘南エリアを日帰りで楽しむ場合。
日帰りの場合は、湘南を代表する観光スポットである鎌倉駅周辺を観光する事をお勧めします。
大仏を見て、小町通りで美味しい物を食べて、鶴岡八幡宮でお参りをするようなシンプルな観光プランを練るのが良いでしょう。

時間に余裕があれば、鎌倉駅から江ノ電に乗り、江ノ島で海鮮物を楽しむ。
その後湘南モノレールで大船駅まで出て帰路につくというコースが良いのではないでしょうか?

1泊2日の場合

1泊2日の場合

image by PIXTA / 27212768

1泊2日の場合は少し余裕を持って、江ノ電沿いを一駅ずつ降りて楽しむのが良いでしょう。
後述しますが、江ノ電沿いには沢山の観光スポットがあります。
藤沢からスタートして、一駅ずつ楽しんで、鎌倉駅のホテルに泊まるコースはいかがでしょうか?

藤沢をスタートし、江ノ島や腰越で海鮮物を楽しむ。
稲村ケ崎で温泉に入り、長谷駅でお寺を観光。
その後、鎌倉駅周辺のホテルに泊まる。
そういったコースが良いかもしれないですね。

次のページでは『2泊3日の場合』を掲載!
次のページを読む >>