ヨーロッパ|おすすめおでかけ&観光スポット

ヨーロッパの記事一覧です。おすすめ観光スポットやおでかけスポット、絶景・世界遺産の情報が集まる旅行情報サイトwondertrip[ワンダートリップ]。
ヨーロッパは美しい。歴史ある街並みや文化、世界を魅了する芸術作品。そして、数々の世界遺産。ヨーロッパは語り尽くせない魅力で溢れている。

オランダで楽しむスポーツ観戦。アムステルダム・アレナに行こう!

オランダで楽しむスポーツ観戦。アムステルダム・アレナに行こう!

オランダ北西部にある街・アムステルダムは憲法上の首都とされる国最大の都市。オランダ旅行へ行った人が必ず訪れるとされる街の中には60以上の美術館や博物館、17世紀に栄えた頃の面影を残すスポットが多数あります。今回はそんなアムステルダムにあるスポットから「アムステルダム・アレーナ」について見てみましょう。 アムステルダム・アレーナとは image by iStockphoto アムステルダム・ア...

観光ガイド概要

  • アムステルダム・アレーナとは
  • ホームチーム・アヤックスについて
  • ミュージアムやグッズをチェック
  • スタジアムツアーに参加しよう
  • 近くにショッピングモールもある
  • ライブハウス「ハイネケン・ミュージックホール」もある
  • サッカー観戦も旅行プランに入れてみよう

「オランダで楽しむスポーツ観戦。アムステルダム・アレナに行こう!」の続きを読む

自動車好きなら必見の観光スポット!ドイツ「メルセデス・ベンツ博物館」

自動車好きなら必見の観光スポット!ドイツ「メルセデス・ベンツ博物館」

シュツットガルトはドイツ南西部「バーデン=ヴュルテンベルク州」の州都であり、南西部最大都市でもある街。ドイツを代表する工業都市であるこの街は世界的自動車メーカー「ポルシェ」や「ダイムラー」が本社を構えており、自動車王国とされるドイツの中でも屈指の「自動車の街」として有名。今回はそんなドイツ・シュツットガルトのスポットから「メルセデス・ベンツ博物館」について見てみましょう。...

観光ガイド概要

  • メルセデスベンツ博物館とは
  • ユニークな外観と内装も見どころ
  • SLクラスの初代モデル「300SL」
  • レーシングカーを展示「レジェントエリア」
  • 著名人の愛用者などが並ぶ「コレクションエリア」
  • 貴重なグッズも入手しておこう
  • レストランやカフェで休憩も
  • 自動車王国の雰囲気を味わおう

「自動車好きなら必見の観光スポット!ドイツ「メルセデス・ベンツ博物館」」の続きを読む

政府公認観光ガイドが伝授!イタリアの世界遺産30選

政府公認観光ガイドが伝授!イタリアの世界遺産30選

イタリアは世界で一番世界遺産が多いことをご存知でしょうか?イタリアが統一されたのは19世紀後半。それまでは各地域が自治を行っていたので今でも場所によってそれぞれの地域色が出ているのが特徴です。そんな見所たくさんのイタリアの世界遺産を、イタリア政府公認観光ガイドである筆者が、カテゴリー別に厳選して30カ所紹介します。...

観光ガイド概要

  • 海の青と大地の緑を感じられる自然の世界遺産
  • 映画の舞台にもなったアマルフィ海岸
  • 美味しいトスカーナワインでも有名なヴァルドルチャ
  • 切り立った山に大自然の大きさを感じたいドロミーティ
  • 色とりどりの家が並ぶ5つの漁村チンクエテッレ
  • そびえ立つ山の上にある独立国家サン・マリノ
  • 何千年も続く歴史を感じる遺跡の世界遺産
  • 火山の噴火で消えた町ポンペイ
  • 神殿の谷にギリシャ建築が広がるアグリジェント
  • 洞窟住居の不思議な光景が広がるマテーラ
  • おとぎ話の中に迷い込んだようなアルベルベッロ
  • 巨大なギリシャ神殿とローマ遺跡が混在するパエストゥム
  • 町全体が世界遺産編
  • 古代からバロックまで永遠の都ローマ
  • 世界で一番ロマンチックな町ヴェネツィア
  • ルネサンスを生んだ花の都フィレンツェ
  • 世界で一番美しい広場を持つシエナ
  • ロミオとジュリエットの舞台にもなったヴェローナ
  • 心和む田舎の風景編
  • 聖フランシスの優しい心が生きている聖地アッシジ
  • 中世の面影を残す塔の町サン・ジミニャーノ
  • ローマ教皇が故郷に作った理想の町ピエンツァ
  • ルネサンスの天才画家ラファエロを産んだウルビーノ
  • 作る途中から傾きだしたピサの斜塔
  • 世界最高峰の技術を鑑賞する芸術編
  • レオナルドの最高傑作「最後の晩餐」
  • ビザンチン様式のモザイク画に魅せられるラヴェンナ
  • 世界最高峰の芸術が集まるヴァチカン市国
  • イタリア一の才女を生んだ芸術の街フェッラーラ
  • 多文化が入り混じった美しさを誇るパレルモ
  • 最高の贅を尽くした別荘の世界遺産
  • 巨大なローマ帝国の景観を復元したヴィッラ・アドリアーナ
  • 「百の噴水」の中を散歩したいヴィッラ・デステ
  • 三方を湖に囲まれたルネサンスの宝石マントヴァ
  • 1200の部屋と3kmの庭園に圧倒されるカゼルタ宮殿
  • 最高の経済力と審美眼を誇ったメディチ家の庭と館
  • 自然から芸術まで魅力がいっぱいのイタリア旅行へ

「政府公認観光ガイドが伝授!イタリアの世界遺産30選」の続きを読む

F.C.バルセロナの伝説がここに。サッカーファンなら「カンプノウ・エクスペリエンス ミュージアムツアー」は必見!

F.C.バルセロナの伝説がここに。サッカーファンなら「カンプノウ・エクスペリエンス ミュージアムツアー」は必見!

スペイン・バルセロナと言えば世界屈指の観光都市として知られ、観光客数はスペイン最高とされる都市。そのバルセロナには観光スポットも多数あり、特にアントニ・ガウディが手掛けた「サクラダ・ファミリア」はユネスコ世界遺産にも登録されたこの地最大のスポットとして有名。今回はそんなスペイン・バルセロナの観光ポイントから「F.C.バルセロナミュージアム・スタジアムツアー」について見てみましょう。...

観光ガイド概要

  • カンプ・ノウの中にあるミュージアム
  • スタジアムへのアクセスは地下鉄が便利
  • スタジアムツアーに参加すれば見学できる
  • 栄光のチャンピオンズリーグトロフィー
  • 見学後はスタジアムを眺めよう
  • クラブのグッズを手に入れよう
  • 選手が祈りをささげる教会もある
  • 世界最高のビッグクラブの雰囲気を味わおう

「F.C.バルセロナの伝説がここに。サッカーファンなら「カンプノウ・エクスペリエンス ミュージアムツアー」は必見!」の続きを読む

次の旅行で行きたいヨーロッパのおすすめ世界遺産36選

次の旅行で行きたいヨーロッパのおすすめ世界遺産36選

ヨーロッパには、人気の世界遺産モンサンミッシェルやイタリアのヴェネチアをはじめ沢山の絶景スポットが数多くあります。今回は、皆様からのアクセスやinstagram等のLIKEが多かった世界遺産のなかから、景色の美しさも加味してランク付けをしました。...

観光ガイド概要

  • 世界遺産の街並み・歴史地区はここ!
  • スペイン・コルドバ歴史地区
  • ポーランド・ワルシャワ歴史地区
  • サンクト・ペテルブルク歴史地区/ロシア
  • リガ歴史地区/ラトビア共和国
  • ウイーン歴史地区/オーストリア
  • タリン歴史地区(旧市街)/エストニア
  • プラハ歴史地区/チェコ
  • ヴィルニュスの歴史地区/リトアニア
  • シエナ歴史地区/イタリア
  • フィレンツェ歴史地区/イタリア
  • バチカン市国
  • ローマ歴史地区/イタリア&バチカン
  • 水の絶景が楽しめる世界遺産はここ!
  • 水の都ヴェネツィア/イタリア
  • ヴェローナ歴史地区/イタリア
  • ジブリの舞台としても有名なクロアチア「ドブロヴニク旧市街」
  • セーヌ河岸/フランス
  • ナポリ歴史地区/イタリア
  • ミディ運河/フランス
  • ブリュージュ歴史地区/ベルギー
  • ポルト歴史地区/ポルトガル
  • 美しい「建築物」の絶景・世界遺産ならここ!
  • モン・サン・ミシェル修道院/フランス
  • サグラダ・ファミリア/スペイン
  • アルベロベッロ/イタリア
  • グエル公園/スペイン
  • セゴビア旧市街と水道橋/スペイン
  • アクロポリス/ギリシャ・アテネ
  • 大自然の絶景に感動する世界遺産はここ!
  • プロヴァンス地方/フランス
  • カッパドキアの岩窟群/トルコ
  • ザキントス島/ギリシャ
  • アマルフィ海岸/イタリア
  • 城の世界遺産はここ!
  • ダラム城と大聖堂
  • ルーゴのローマの城壁群/スペイン
  • 歴史的城塞都市カルカッソンヌ/フランス
  • レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財/スロバキア共和国
  • ヴァルトブルク城/ドイツ
  • デル・モンテ城/イタリア
  • ヨーロッパの世界遺産を見に行こう

「次の旅行で行きたいヨーロッパのおすすめ世界遺産36選」の続きを読む

100万本のチューリップは圧巻!ハウステンボスの『チューリップ祭』

100万本のチューリップは圧巻!ハウステンボスの『チューリップ祭』

チューリップは春に咲く花として桜に負けない知名度と人気を誇っていますが、さらに世界各国でも愛されている花。そんなチューリップが彩る「チューリップ祭」が2月9日に長崎県の有名なテーマパーク『ハウステンボス』で開催されます。しかもその数100万本以上という、国内でも類を見ない規模なので期待をせずにはいられませんよね。果たしてそのチューリップ祭とはどのようなイベントなのか追ってみましょう!...

観光ガイド概要

  • ハウステンボスのチューリップ祭
  • 世界に愛される花”チューリップ”
  • チューリップと縁の深いハウステンボス
  • チューリップ祭の見どころ
  • 期間内のイベント各種&その他のイベントも要チェック!
  • 春のチューリップをぜひ五感で体験してください

「100万本のチューリップは圧巻!ハウステンボスの『チューリップ祭』」の続きを読む

総工費約370億円!ドイツ「アリアンツ・アレーナ」でサッカー観戦を楽しもう

総工費約370億円!ドイツ「アリアンツ・アレーナ」でサッカー観戦を楽しもう

日々熱い戦いが繰り広げられるサッカースタジアム。世界中には熱狂的なサポーターが多く集い、そこでしか出ない独特の雰囲気を出すスタジアムが多数あります。今回は今回はそんな世界中にあるサッカースタジアムから、ドイツ・ミュンヘンにある「アリアンツ・アレーナ」について見てみましょう。...

観光ガイド概要

  • アリアンツ・アレーナとは
  • アクセスやチケット入手について
  • 光る特徴的な外観が美しい
  • 試合のない日はスタジアムツアーを開催
  • チーム公式グッズを手に入れよう
  • 2012年にはCL決勝開催地に
  • 国に根付くサッカー文化の雰囲気を感じる

「総工費約370億円!ドイツ「アリアンツ・アレーナ」でサッカー観戦を楽しもう」の続きを読む

ポルトガルのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選

ポルトガルのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選

ポルトガルのお土産ならこれ!という事で、ポルトガルで売られている商品の中から、お土産に適した商品を厳選してご紹介!ポルトガルと聞いてもピンとこない方、結構いらっしゃるかと思いますので、美味しいお土産、綺麗なお土産、ぜひ、参考になさってくださいね。...

観光ガイド概要

  • ポルトガルってどんなところ?
  • これってポルトガル生まれなの?!「confeito」
  • どれにしようか迷っちゃう!大人気の「Conserveira de lisboa」
  • ポルトガルの特産品「Flor de Sal」
  • ポルトガルの民芸品「Lenço de Namorados」
  • ポルトガルの伝統工芸「Filigrana」
  • ポルトガルの縁起物「GALO DE BARCELOS」
  • ポルトガル土産の定番「azulejo」
  • パケ買いもたまにはいいよね!「TOMELO」のロバ石鹸
  • ポルトガルと言えば「コルク」
  • ポルトガル料理にもたっぷり使われている「オリーブオイル」
  • ポルトガル土産で大人気の「BORDALLO」
  • ポルトガルの人々も大好きな「GINGINHA」
  • 花の香り、クルミの香ばしさが…「Rosmaninho」のはちみつ
  • ワインにちなんだ世界遺産がある程!「Vinho de Portugal」
  • ポルトガルのシンボルも!「TYPOGRAPHIA」のTシャツ
  • ちょっとリッチに高級ウールを「BUREL」
  • 食べるのが勿体ない!「Papabubble」のキャンディー
  • 可愛い食器が一杯!「Vista Alegre」
  • ポルトガルで古くから食されている「Nisa」
  • これもポルトガルから来たの?!「フリオレイラ(シュ)」
  • さあ、ぴったりのお土産を探しに出かけよう!

「ポルトガルのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選」の続きを読む

日本人の起源はバイカル湖周辺から来た説!?バイカル湖の歴史

日本人の起源はバイカル湖周辺から来た説!?バイカル湖の歴史

ロシア中南部にある三日月形の湖、バイカル湖をご存じでしょうか? その景色の美しさと、ありのままに残っている自然の貴重さが認められて世界遺産に登録された湖なのですが、日本人の起源はバイカル湖周辺から来たもの、という説もあるそうです。一言、「ロシアにある湖です」と言うと一見われわれ日本人とは関係なさそうに思えますが、もしかしたら起源がそこにあるかも…なんて、なんだか親しみをおぼえませんか? そんなバ...

観光ガイド概要

  • バイカル湖が持つさまざまな記録 
  • 数値から見ても壮大さがわかるバイカル湖
  • バイカル湖、特筆すべき三つの世界一
  • バイカル湖周辺の自然や生物
  • バイカル湖の成立と自然
  • バイカル湖は悪魔の湖? 危険な水域の存在
  • モンゴルの文化と歴史が深いバイカル湖
  • モンゴル皇帝チンギス・カンのルーツ
  • バイカル湖畔に住むブリヤート人と日本人の関係
  • バイカル湖のほとりに育ったブリヤート共和国
  • ロシア・ブリヤート共和国の歴史
  • バイカル湖に面している町
  • バイカル湖東のウラン・ウデ
  • ウラン・ウデとロシアのチベット仏教
  • ソ連により迫害されていた全ての宗教文化
  • 歴史的出来事とともに歌われたバイカル湖
  • バイカル湖のほとりに若い革命家の悲劇が歌われた
  • 革命運動の火付け役となった反乱
  • バイカル湖に最も近い大都市、イルクーツク
  • シベリアのパリ、イルクーツク
  • 漂流した日本人たちがたどりついた街
  • バイカル湖にまつわる恐ろしい伝説
  • 25万人の人々が亡くなった悲劇の歴史
  • シベリアの旅路の果てに
  • 広大なロシアを横断するシベリア鉄道
  • シベリア鉄道の楽しみ
  • シベリア鉄道の建設とバイカル湖
  • バイカルからアムール川流域をつなぐ路線、バム鉄道
  • 日本列島よりも長いバム鉄道
  • ソビエト連邦の動向を反映した鉄道建設
  • ロシアを代表する湖、バイカル湖をおとずれてみませんか?

「日本人の起源はバイカル湖周辺から来た説!?バイカル湖の歴史」の続きを読む

華麗なる一族の夏の離宮「シェーンブルン宮殿」を徹底解剖!見逃せないスポット&観光情報まとめ

華麗なる一族の夏の離宮「シェーンブルン宮殿」を徹底解剖!見逃せないスポット&観光情報まとめ

ハプスブルク帝国時代の栄華の名残を感じさせる建造物がいたるところに残り、多様な芸術が交錯するウィーン。その栄華を色濃く刻んでいるのが「シェーンブルン宮殿」です。「音楽・芸術・建築の都」として名高いウィーンに来たら、絶対に見逃せないスポット「シェーンブルン宮殿」を徹底解剖します。...

観光ガイド概要

  • 夏の離宮「シェーンブルン宮殿」
  • オーストリアの首都「ウィーン」の歴史
  • 華麗なる一族「ハプスブルク家」
  • バロックとロココの競演
  • 栄華と衰退の舞台
  • モーツァルトとの関わりは?
  • 時間を忘れる庭園
  • 最古の動物「シェーンブルン動物園」
  • 選べる2つの見学コース
  • アクセス&注意事項
  • 優雅で贅沢な時間を

おすすめ観光スポット

シェーンブルン宮殿(外部サイト)
住所:Schönbrunner Schloßstraße 47, 1130 Wien

「華麗なる一族の夏の離宮「シェーンブルン宮殿」を徹底解剖!見逃せないスポット&観光情報まとめ」の続きを読む

ドイツ有数の温泉地「バーデン バーデン」で行きたい観光スポット10選

ドイツ有数の温泉地「バーデン バーデン」で行きたい観光スポット10選

ヨーロッパに多くある温泉保養地の中でも、由緒ある指折りの保養地であるバーデン・バーデン。その歴史は、紀元前80年まで遡り、この地を占領していたローマ人により次々と温泉浴場が造られたのでした。貴族や作家、音楽家なども優雅に過ごしたというバーデン・バーデンの絶景をご紹介いたします。...

観光ガイド概要

  • バーデン・バーデン 名前の由来
  • バーデン・バーデンへのアクセス方法
  • 温泉巡りもショッピングも楽しいバーデン・バーデン
  • ローマのカラカラ帝も訪れていたカラカラ浴場
  • スパ体験ならフリードリヒス浴場へ
  • 飲める温泉水ならトリンクハレへ
  • カジノで大人の社交を
  • 様々な時代様式が混在したシュティフト教会
  • 山の上のホーエン・バーデン城
  • 空から黒い森を眺めてみよう!
  • あえて観光しないのんびりプランはいかが

おすすめ観光スポット

バーデン・バーデン(外部サイト)
住所:Baden-Baden, Deutschland

カラカラ浴場(外部サイト)
住所:Römerpl. 1, 76530 Baden-Baden

フリードリヒス浴場(外部サイト)
住所:Römerpl. 1, 76530 Baden-Baden

Trinkhalle(外部サイト)
住所:Kaiseralle 3 76530 Baden-Baden

クーアハウス(外部サイト)
住所:Kaiserallee 1, 76530 Baden-Baden

シュティフト教会(外部サイト)
住所:Stiftstraße 12, 70173 Stuttgart

ホーエンバーデン城(外部サイト)
住所:Altes Schloss, Alter Schlossweg 10, 76530 Baden-Baden

バローニング2000(外部サイト)
住所:Dr. Rudolf-Eberle Straße 5 76534 Baden-Baden Germany

「ドイツ有数の温泉地「バーデン バーデン」で行きたい観光スポット10選」の続きを読む

ワインだけじゃない!フランス「ボルドー」で見たい絶景10選

ワインだけじゃない!フランス「ボルドー」で見たい絶景10選

ボルドーはフランス南西部に位置する都市で、元はアキテーヌ公国の首府でした。フランスジロンド県の県庁所在地でありパリからスペインへ抜けるには必ず通るべき街です。ワイン醸造としては世界的に有名で古くからワインの格付けが行われています。ボルドーで見た絶景を紹介します。...

観光ガイド概要

  • 美しいピエール橋
  • ボルドー市内を走るトラム市内電車
  • ボルドーワインボトルの並ぶ情景
  • ロワイヤル広場中央の美しい水鏡の世界
  • ブドウ園に囲まれた古い城跡
  • サンカトリック大学のある街並みから見えるサンテルワ教会
  • 荘厳なイメージとかつてのローマ時代を彷彿とさせる大劇場正面
  • 目を引くモダンな造りのボルドーワイン博物館
  • 主塔がそびえたつサンタンドレ大聖堂
  • 四本の柱が印象的なシャバン・デルマス橋
  • ワインの故郷ボルドーを後にして

おすすめ観光スポット

ピエール橋(外部サイト)
住所:Pont de Pierre, 33000 Bordeaux

ボルドー・トラムウェイ(外部サイト)
住所:134-150 Avenue Thiers, 33100 Bordeaux

ロワイヤル広場(ブルス広場)(外部サイト)
住所:Place de la Bourse, 33000 Bordeaux

シャトー・コス・デストゥルネル(外部サイト)
住所:Cos d\'Estournel, Cos Sud, Saint-Estèphe, France

サンテルワ教会(外部サイト)
住所:1 Rue Saint-James, 33000 Bordeaux

大劇場(ボルドー国立歌劇場)(外部サイト)
住所:Place de la Comédie, 33000 Bordeaux

ボルドーワイン博物館(外部サイト)
住所:150,134, Quai de Bacalan, 33300 Bordeaux

サンタンドレ大聖堂(外部サイト)
住所:Place Pey Berland, 33000 Bordeaux

シャバン・デルマス橋(外部サイト)
住所:Pont Jacques Chaban Delmas, 33100 Bordeaux

「ワインだけじゃない!フランス「ボルドー」で見たい絶景10選」の続きを読む

激闘が見れる!スペインにあるサッカースタジアム「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」

激闘が見れる!スペインにあるサッカースタジアム「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」

世界中に多くのファンを抱えるスポーツ・サッカー。日本でも観戦を楽しむ人は大勢いますが、世界中で熱い戦いが繰り広げられるスタジアムでの観戦は、観光ポイントの1つに挙げられるほど人気。今回はそんな熱い戦いの舞台となる世界のサッカースタジアムからスペイン・マドリードにある「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」について見てみましょう。...

観光ガイド概要

  • サンティアゴ・ベルナベウとは
  • アクセスは地下鉄やバスで
  • スタジアムツアーで内部見学しよう
  • 栄光の歴史を振り返る「トロフィールーム」
  • グラウンドを一望できるレストラン
  • 永遠のライバルとの伝統の一戦
  • 世界のサッカーを楽しもう

おすすめ観光スポット

エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ(外部サイト)
住所:Avenida de Concha Espina 1, E28036 - Madrid, Spain

レアル・カフェ・ベルナベウ(外部サイト)
住所:28036 Madrid Avenida Concha Espina 1, Puerta 30.

「激闘が見れる!スペインにあるサッカースタジアム「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」」の続きを読む

モーツァルトの面影を求めて。音楽に彩られた町「ザルツブルク」の見どころ

モーツァルトの面影を求めて。音楽に彩られた町「ザルツブルク」の見どころ

オーストリアにありながら首都ウィーンよりも、ドイツのミュンヘンの方が近い「ザルツブルク」。作曲家モーツァルトの生誕の土地として知られるこの都市は、彼の音楽を愛する人々にとって巡礼地でもあります。今回は、モーツァルトの面影を感じる場所を中心に「ザルツブルク」の魅力をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • 世界遺産「ザルツブルグ」
  • 経済の要「ザルツァハ川」
  • モーツァルトが生まれた町
  • モーツァルトゆかりの街で開催「ザルツブルグ音楽祭」
  • 映画の舞台「ミラベル宮殿」
  • 旧市街の中心「レジデンツ広場」
  • 絵葉書のような風景「ホーエンザルツブルク城」
  • お土産もやっぱり「モーツァルト」チョコレート
  • アクセスは?
  • フィアカー(観光馬車)で優雅に
  • モーツァルトゆかりの町

「モーツァルトの面影を求めて。音楽に彩られた町「ザルツブルク」の見どころ」の続きを読む

ウィーンで見れる美しい街並みと絶景10選

ウィーンで見れる美しい街並みと絶景10選

オーストリアの首都ウイーンは人口182万人。ヨーロッパでも有数の都市です。オーストリアの名称の由来はドイツ語で「東の国」という意味ですね。ウイーンには長いハプスブルグ家の帝国時代からの文化遺跡が戦争の惨劇をまぬがれて数多く残っています。この美しい街の絶景10選を紹介します。...

観光ガイド概要

  • 背の高い建物が密集する美しいウイーンの景観
  • 街灯に照らされるウイーン国立歌劇場
  • 正面の庭が美しいベルベデーレ宮殿
  • グロリエッテと一体となったシェーンブルン宮殿
  • クリスマスを迎えるグラーベン通りの夜
  • 空に高くそびえるセントステファン聖堂の主塔
  • カラフルな色彩のフンデルト・ヴァッサー・ハウス
  • ドナウシティーにそびえたつDCタワー
  • 大聖堂と間違えそうなウイーン市庁舎
  • ギリシャの神殿を思わせるオーストリア国会議事堂
  • オーストリアのウイーンを後にして

「ウィーンで見れる美しい街並みと絶景10選」の続きを読む

中世の大国、ド根性な不死鳥の国!ポーランド不屈の歴史

中世の大国、ド根性な不死鳥の国!ポーランド不屈の歴史

ポーランド!世界史でも奇跡的な「根性」を持ちあわせた国です。ロシアとドイツ、オーストリアによる5度に渡る分割にもめげず、不死鳥のように復活を成し遂げ、その「ド根性」は他に類を見ません。しかし疑問に思ったことはありませんか?「どうして何度も国として復活してきたの?」ソレには秘密があるんです。かつてポーランドがヨーロッパでも最強の大国だったことをご存知でしたか?なぜユダヤ人が多かったの?そして度重なる...

観光ガイド概要

  • 〈平原の国〉ポーランドという国の、原型
  • 「平原の国」ポーランドは一大交流地
  • 966年、キリスト教化!西洋の仲間入りへ
  • ふしぎなふしぎな、中世のポーランド
  • 「モンゴルからポーランドを守れ!」〈ドイツ騎士団〉がやってきた!
  • ポーランドはユダヤ人にやさしい国だった!
  • 西洋の大国!〈ヤギェヴォ朝〉と〈ポーランド・リトアニア連合〉
  • リトアニアとポーランド、結婚して同盟!〈クレヴォの合同〉
  • 〈ドイツ騎士団〉と宿命の激突〈タンネンベルクの戦い〉
  • 16世紀、ポーランド栄光の時代へ
  • ヨーロッパの文化の一大中心地へ!
  • 度重なる戦乱、20年に渡る〈大洪水時代〉……
  • 分割の時代――苦難のはじまり
  • カリスマ指導者による3分割
  • 3度目の分割でポーランドは「滅亡」
  • マリー・キュリー夫人という奇跡の女性
  • インテリ一家に生まれたマリー
  • 放射線元素〈ポロニウム〉の発見
  • ふたたび独立!
  • 国家主席・ビウスツキの活躍
  • しかし、すぐに第二次世界大戦が……
  • 第二次世界大戦、戦争犯罪の惨劇の舞台
  • 死の門――ポーランド国内11ヶ所の〈強制収容所〉
  • 〈カティンの森事件〉で、〈ワルシャワ蜂起〉で……
  • 第二次世界大戦後のポーランド
  • 〈ポーランド人民共和国〉
  • 1989年ついに民主化!真の独立〈ポーランド第三共和国〉へ
  • 不屈の国・ポーランド復活の秘密

「中世の大国、ド根性な不死鳥の国!ポーランド不屈の歴史」の続きを読む

イギリスの絶景・秘境はここにあった!「スカイ島」で見たい断崖絶壁に妖精のプール

イギリスの絶景・秘境はここにあった!「スカイ島」で見たい断崖絶壁に妖精のプール

スコットランドの北端に位置する諸島インナー・ヘブリディーズ諸島の一部スカイ島。「スカイ」はゲール語で「翼」を意味し、ノルド語でスカイと発音するようになったと言われています。人口1万人に満たないこの島は壮大な自然と豊かな文化遺産によって観光地化されてきています。失われていない大自然を直に見つめてみませんか。スカイ島の絶景10選を紹介します。...

観光ガイド概要

  • 美しいスカイ島の入り口ポートリーの夜明け
  • スコットランド本島とスカイ島を結ぶスカイブリッジ
  • 雪をかぶったスカイ島の山の頂が湖面に映る美形
  • 断崖絶壁から海に降り注ぐ大瀑布キルト岩の滝
  • 奇岩オールドマン・オブ・ストー
  • 夕暮れのネイスト岬灯台
  • 山岳から流れてくる妖精のプール
  • かつての騎士が眠る景色の良いキルミア墓地
  • 整然としたウイスキー工場の風景
  • 整然とアーチが美しい石造りのスリガカン橋
  • スカイ島を後にして

おすすめ観光スポット

ポートリー(外部サイト)
住所:Portree, United Kingdom

スカイブリッジ(外部サイト)
住所:Skye Bridge, Kyle of Lochalsh

キュイリン山(外部サイト)
住所:Cuillin, United Kingdom

キルトロック(外部サイト)
住所:Kilt rock, 52 A855, Portree IV51 9JE

オールドマン・オブ・ストー(外部サイト)
住所:Old Man of Storr, Portree, United Kingdom

ネイスト岬灯台(外部サイト)
住所:Neist point, Isle of Skye IV55 8WU

フェアリー・プール(外部サイト)
住所:The Fairy Pools, Glen Brittle IV47 8SG

キルミア墓地(外部サイト)
住所:3 Peingown, Kilmuir, Portree IV51 9YU

タリスカー蒸留所(外部サイト)
住所:Carbost, Isle of Skye IV47 8SR

スリガカン橋(外部サイト)
住所:Sligachan, Isle of Skye IV47 8SW

「イギリスの絶景・秘境はここにあった!「スカイ島」で見たい断崖絶壁に妖精のプール」の続きを読む

古代ローマの面影を残す南フランスの街「アルル」の歴史と見どころ

古代ローマの面影を残す南フランスの街「アルル」の歴史と見どころ

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はフランス「アルルの歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • 南仏プロヴァンス地方にある小さな村アルルってどんな町?
  • ローマ都市アルルの始まり
  • ローマによって大きくなるアルル
  • 中世時代のアルル
  • 近代におけるアルルの歴史
  • ファン・ゴッホとアルルの歴史
  • 人気観光地となったアルル
  • ローマ時代の遺跡から中世、近世まで見どころたくさんの南仏プロヴァンス地方のアルルを旅してみませんか?

「古代ローマの面影を残す南フランスの街「アルル」の歴史と見どころ」の続きを読む

メルヘンな絶景とは裏腹に、イタリア「アルベロベッロ」の歴史は貧困との戦いだった

メルヘンな絶景とは裏腹に、イタリア「アルベロベッロ」の歴史は貧困との戦いだった

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はイタリア「アルベロベッロの歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • アルベロベッロってどんな町?
  • アルベロベッロはこんな感じで始まった
  • なぜ、接着剤を使ってはいけないの?
  • ユニークな家並みには農民の苦労が
  • 先史時代には既にあった伝統的な建物
  • 封建農奴制から解放されたアルベロベッロ
  • 段々少なくなってゆくトゥルッリ
  • 尖がり帽子をかぶった真っ白な家が建ち並ぶ、アルベロベッロに訪れてみませんか?

「メルヘンな絶景とは裏腹に、イタリア「アルベロベッロ」の歴史は貧困との戦いだった」の続きを読む

ドイツのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選

ドイツのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選

ドイツのお土産ならこれ!ということで、様々ある商品の中から、お土産にぴったりの商品を厳選してご紹介します。世界中で知られ、日本国内でも手に入るものも多くありますが、やはり、本場で手に入れた方がお得!ドイツのお土産、どんなものがあるかぜひ、メモを片手にご覧ください。...

観光ガイド概要

  • ドイツってどんなところ?
  • 日本でも有名なドイツのお菓子メーカー「HARIBO」の菓子
  • 地元の人々も進める「Rothaus Hefeweizen」のビール
  • ドイツで最も売れている「Ritter Sport」のチョコ
  • ドイツで幸せを呼ぶと言われる「カエル」グッズ
  • ドイツの伝統菓子「Stollen」
  • ドイツの人気量り売り店「VOMFASS」
  • インテリアにもなると評判「Wimmelbuch」
  • ドイツと言えば「Bembel」
  • ドイツでシェアNO1の「Kneipp」の入浴剤
  • オーディコロンで有名な「House of 4711」
  • 美味しい珈琲なら「Dallmayer Kaffee」
  • 食べ歩きにもピッタリ!ドイツ銘菓「Schneeball」
  • 忘れちゃいけない!実はドイツと言えば「スヌーピー」
  • ドイツ発オーガニックコスメ「Dr Hauschka」
  • ドイツの伝統工芸品「くるみ割り人形」
  • 世界で初めてテディーベアを作った「Steiff」の可愛いぬいぐるみ
  • 日本では見かけない優れもの!「GALLSEIFE」
  • どれにしようか迷っちゃう!ドイツ名物「Marzipan」
  • ドイツの美味しい紅茶は老舗「Ronnefeldt」で決まり!
  • ドイツはソーセージの本場!「Krakauer」
  • さあ、ぴったりのお土産を探しに出かけよう!

おすすめ観光スポット

ハリボストア(外部サイト)
住所:Am Neutor 3, 53113 Bonn, Deutschland

ロートハウス・ショップ(外部サイト)
住所:Rothaus 2, 79865 Grafenhausen

リッタースポーツ・カラフルチョコワールド(外部サイト)
住所:Französische Straße 24 10117 Berlin

ケテ・クルーゼ(外部サイト)
住所:Käthe Kruse GmbH, Alte Augsburger Straße 9, 86609 Donauwörth

ダルマイヤー(外部サイト)
住所:Dienerstraße 14, 80331 München

フォムファス(外部サイト)
住所:Breitestraße 20 Rathaus-Center 13187 Berlin

ドゥスマン(外部サイト)
住所:Friedrichstraße 90, 10117 Berlin

ヘッセン・ショップ(外部サイト)
住所:Straße 49 60487 Frankfurt-Bockenheim

クナイプショップ(外部サイト)
住所:Bremer Straße 115 A28816 Stuhr-Brinkum

ハウス・オブ・4711(外部サイト)
住所:Glockengasse 4, 50667 Köln

ダルマイヤー(外部サイト)
住所:Dienerstraße 14, 80331 München

Bäckerei - Konditorei - Cafe Walter Friedel(外部サイト)
住所:Markt 8, 91541 Rothenburg ob der Tauber

バトラーズ(外部サイト)
住所:Friedrichstraße 148, 10117 Berlin

Naturkosmetik Lotte(外部サイト)
住所:Prenzlauer Allee 40, 10405 Berlin

Erzgebirge-Palast(外部サイト)
住所:Hauptstraße 17-19, 55120 Mainz

シュタイフ・ショップ(外部サイト)
住所:LP12 Mall of Berlin, Voßstraße 35, 10117 Berlin

dm-drogerie markt (外部サイト)
住所:Invalidenstraße 119, 10115 Berlin

ニーダーエッガー(外部サイト)
住所:Breite Str. 89, 23552 Lübeck

ロンネフェルト(外部サイト)
住所:Rudower Chaussee 5B, 12489 Berlin

「ドイツのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選」の続きを読む

「ノートルダムの鐘」の舞台はここ!パリで850年「ノートルダム大聖堂」が見てきた歴史と物語

「ノートルダムの鐘」の舞台はここ!パリで850年「ノートルダム大聖堂」が見てきた歴史と物語

フランスの花の都・パリの真ん中を優雅に流れるセーヌ川。その流れの中に大きな中州、シテ島とサン=ルイ島があります。 今回ご案内するノートルダム大聖堂はそのシテ島にはるか昔からたたずむ教会です。その源流はさかのぼれば大変古く、古代ローマの時代の前から見ることができます。 ノートルダム大聖堂は「ノートルダムの鐘(邦題)」として、現在ではミュージカルやディズニー映画の題材としてもつかわれているため...

観光ガイド概要

  • フランスのパリになる前のパリ
  • パリシィ人の漁村
  • 古代ローマとガリア戦争
  • パリの誕生―ルテティアと呼ばれた時代
  • ルテティアからパリ
  • ルテティアの信仰事情
  • キリスト教が中心の中世時代
  • 迫害から国教へ
  • キリスト教徒の王たち
  • ゴシック建築の特徴
  • もっと神を感じる教会を建てよう
  • ノートルダム大聖堂をひと周り
  • 我らがノートルダム大聖堂のエッセンス
  • ガーゴイルとシメール
  • 「エマニュエル」「マリー」って誰?
  • 大受難に襲われるパリ、宗教改革
  • 宗教改革の波がやってくる
  • サン・バルテルミの虐殺
  • フラン革命前夜:その背景
  • 国民の怒りという名の風船
  • ついにはじける怒りの風船
  • フランス革命とノートルダム大聖堂
  • 王家のパリ帰還
  • 逃亡、処刑、そして破壊
  • ノートルダム大聖堂の復興
  • 救世主ナポレオンと復興運動
  • パリの大改造
  • 現在のノートルダム大聖堂
  • 一筋縄ではいかない世界遺産登録
  • パリの中心で平和を祈る
  • 長い時間旅行を終えて

「「ノートルダムの鐘」の舞台はここ!パリで850年「ノートルダム大聖堂」が見てきた歴史と物語」の続きを読む

観光ガイド資格保有者が直伝!イタリア旅行であなたがするべき100の体験

観光ガイド資格保有者が直伝!イタリア旅行であなたがするべき100の体験

ローマにミラノ、ヴェネツィアにフィレンツェ。イタリアは都市の名前を聞くだけでも行きたくなる場所がいっぱい。それに加えてジェラートにパスタ、ピザやチーズなど本場のイタリアンも食べてみたい、というのがイタリア旅行の醍醐味です。したいことがあって迷っている方のために、イタリア観光ガイドがオススメ体験を紹介します。イタリア観光ガイドの資格を持つ筆者がお届けします。...

観光ガイド概要

  • イタリア人になりきってみよう!
  • #1 エスプレッソをカウンターで飲んでみよう
  • #2 甘いクロワッサンとカプチーノでイタリア的朝ごはん
  • #3 食前の一杯 アペリティーボを楽しもう
  • #4 食後の締めもアルコール 食後酒を飲んでみよう
  • #5 好きな具材を選んでパニーノを注文しよう
  • #6 イタリア人の生活がわかるスーパーに行ってみよう
  • #7 メルカートでシニョーラに囲まれながらお買い物しよう
  • #8 市民の足 市バスに乗ってみよう
  • #9 イタリア語で挨拶してみよう
  • #10 イタリア人のジョークに切り返してみよう
  • 本場のイタリアンを味わおう!
  • #11 豊富なパスタ 300種類の中から選んでみよう
  • #12 一人で一枚がイタリア流 ピザを食べよう
  • #13 バジリコの香りがたっぷり ジェノヴェーゼを味わおう
  • #14 イカスミで口を真っ黒にしよう
  • #15 血の滴るフィオレンティーナで精をつけよう
  • #16 イタリアンなモツにチャレンジしよう
  • #17 ハムとソーセージ サルメリアに挑戦しよう
  • #18 空き瓶を持ってワインを買いに出かけよう
  • #19 本場のティラミスを食べよう
  • #20 カンノーロでフレッシュなリコッタチーズを味わおう
  • イタリアの観光名所を巡ろう!
  • #21 コロッセオで古代ローマを感じよう
  • #22 スペイン広場で観光気分に浸ろう
  • #23 ゴシックの傑作ミラノのドゥオモを見よう
  • #24 全てが絵のようなヴェネツィアの町を歩こう
  • #25 本当に斜めなピサの斜塔の写真を撮ろう
  • #26 絵葉書のようなミケランジェロ広場に登ろう
  • #27 夕日に輝くシエナの大聖堂に感動しよう
  • #28 これを見ないで死ねない ナポリの卵城に行こう
  • #29 ポンペイで2000年前の生活を知ろう
  • #30 アグリジェントで古代に想いを馳せよう
  • イタリアの田舎を満喫しよう!
  • #31 アグリツーリズモに泊まってみよう
  • #32 イタリアの温泉テルメに行こう
  • #33 ワイナリーでワインの製造工程を知ろう
  • #34 オリーブオイルのテースティングをしよう
  • #35 電車に乗って少し遠出してみよう
  • #36 小さな町を訪問しよう
  • #37 乗馬を体験してみよう
  • #38 ヨガリトリートに参加しよう
  • #39 アッシジで優しさに触れよう
  • #40 ペルージャで坂の街を歩いてみよう
  • イタリアの自然の優しさ触れよう!
  • #41 南アルプスでハイキングしよう
  • #42 世界の名峰を背にスキーを楽しもう
  • #43 絶景を楽しめるロープウェイに乗ろう
  • #44 最高に美しい湖水地方で癒されよう
  • #45 サンマリノで絶景を見よう
  • #46 青の洞窟で神秘体験をしよう
  • #47 言葉も違うの?サルデーニャに行ってみよう
  • #48 ジェノヴァの水族館で海の動物に触れよう
  • #49 船で海外に行ってみよう
  • #50 自転車で風を感じてみよう
  • イタリアの芸術を鑑賞しよう!
  • #51 レオナルドの傑作「最後の晩餐」を見よう
  • #52 芸術の宝庫サン・ピエトロ大聖堂に圧倒されよう
  • #53 ボルゲーゼ美術館でバロックの傑作に触れよう
  • #54 ウフィツィ美術館でルネサンスを知ろう
  • #55 ミケランジェロの力作「ダヴィデ」に感動しよう
  • #56 サンマルコ大聖堂でビザンチン芸術を堪能しよう
  • #57 ラヴェンナのモザイク画に心打たれよう
  • #58 スクロヴェーニ礼拝堂で別世界を感じよう
  • #59 マントヴァで宮廷の文化に触れよう
  • #60 文化の交差点パレルモでアラブ・ノルマン様式に浸ろう
  • イタリアの世界最高の技術・品質を堪能しよう!
  • #61 モードの最先端ミラノでショッピングを楽しもう
  • #62 オーダーメイドを作ってみよう
  • #63 ブランド美術館で誕生ストーリーを知ろう
  • #64 職人の技が光る革製品を買おう
  • #65 ヴェッキオ橋で宝石に目を奪われよう
  • #66 スカラ座でオペラに行こう
  • #67 クレモナで最高のヴァイオリンを知ろう
  • #68 世界初のカフェ フローリアンでお茶しよう
  • #69 中世に戻った気分で馬車に乗ろう
  • #70 世界三大珍味のひとつトリュフを食べよう
  • お祭りを楽しもう!
  • #71 カーニヴァルで仮装しよう
  • #72 復活祭のお神輿の花火に圧倒されよう
  • #73 インフィオラータで花を愛でよう
  • #74 500年前から続くサッカー カルチョ・ストーリコを見よう
  • #75 シエナのパリオで熱くなろう
  • #76 サンレモ音楽祭でイタリアン・ポップを楽しもう
  • #77 現代アートの祭典ヴェネツィア・ビエンナーレを鑑賞しよう
  • #78 新ワインのお祭りで乾杯しよう
  • #79 プレゼピオでクリスマス気分を味わおう
  • #80 爆竹とシャンパンとコンサートで年越ししよう
  • イタリアにはロケ地がいっぱい。映画の名シーンを訪れよう!
  • #81 「ローマの休日」真実の口に手を入れよう
  • #82 「甘い生活」ローマの噴水を楽しもう
  • #83 「食べて祈って恋をして」ローマっ子のようにスパゲッティを食べよう
  • #84 「インフェルノ」の謎に迫ろう
  • #85 「冷静と情熱の間」約束の場所クーポラに登ろう
  • #86 「イングリッシュ・ペイシェント」のフレスコ画を見よう
  • #87 「ライフイズビューティフル」の町に行こう
  • #88「トスカーナの休日」田舎の村で人情に触れよう
  • #89 「アマルフィ 女神の報酬」南イタリアの太陽を感じよう
  • #90 「太陽がいっぱい」シチリアの海に行こう
  • イタリアで実際に体験してみよう!
  • #91 ヴェネツィアングラス作りを体験しよう
  • #92 ヴェネツィアの代名詞ゴンドラを堪能しよう
  • #93 貴族になったつもりで別荘を訪問しよう
  • #94 小人になった気分でトゥルッリに泊まろう
  • #95 イタリアンマンマと料理しよう
  • #96 イタリア人に混じってサッカーを応援しよう
  • #97 アレーナの野外劇場で盛り上がろう
  • #98 ジュリエットに恋のお願いをしよう
  • #99 ジェラートを食べながら町を歩こう
  • #100 イノシシの鼻に触ってイタリアに戻ってこよう
  • さあ、イタリア旅行に行こう!

「観光ガイド資格保有者が直伝!イタリア旅行であなたがするべき100の体験」の続きを読む

おもしろくてわかりやすい、古代ローマの歴史

おもしろくてわかりやすい、古代ローマの歴史

古代ローマ帝国は史上はじめて、そして史上唯一、地中海世界を統一した大帝国です。その遺跡は地中海各地にいまでも残り、そして現代のわたしたちも、法律やインフラ、政治体制から暦にいたるまで、おおくの遺産をローマ帝国から引き継いでいます。とくに地中海の国々を旅するなら、ローマの歴史ははずせません。ということで、千年以上にわたるその歴史を、教科書よりわかりやすく、参考書よりもおもしろく伝えたいと思います。...

観光ガイド概要

  • 神さまも登場、ローマ建国の物語
  • ローマ人のルーツはトロイにあった?
  • オオカミに育てられた双子
  • 発展と、滅亡の危機、そして再起するローマ
  • 王政から共和政へ
  • どん底から立ち上がる、前よりも強くなって
  • イタリアから地中海へ、勢力をひろげるローマ
  • ローマ人は土木工事の天才?
  • 二人の名将、ハンニバルとスキピオの対決
  • 社会が変わり、そしてあらたなリーダーが現れる
  • 属州が増えて、変わっていくローマ社会
  • 「賽は投げられた!」
  • 英雄カエサルがローマを帝政へみちびいた
  • カエサルの大改革
  • カエサルの意志を継ぐ男
  • カエサルとアウグストゥスってどんな人?
  • ハゲの女たらし、カエサル
  • 我慢づよさは一流だったアウグストゥス
  • ローマの絶頂期、そして終わりのはじまり
  • ローマの絶頂をつくりあげた5人の皇帝たち
  • 衰退と分裂、ローマは外から攻めこまれる
  • 衰えつづけるローマにキリスト教が浸透する
  • 東西に分裂するローマ帝国
  • キリスト教の誕生、迫害、そして発展
  • ローマ帝国の終わり
  • 西ローマ帝国の滅亡
  • 東ローマ帝国のその後
  • 地中海にのこる遺跡たち、それはローマ栄光の軌跡
  • イタリア、北アフリカ、スペイン、フランスのローマ遺跡
  • イギリス、東欧、中近東、エジプトのローマ遺跡
  • 古代ローマの息吹にふれよう

「おもしろくてわかりやすい、古代ローマの歴史」の続きを読む

いつか絶対泊まりたい!ミシュラン5ツ星・東京の最高級ホテル11つ

いつか絶対泊まりたい!ミシュラン5ツ星・東京の最高級ホテル11つ

フランスのミシュラン社より発行されているガイドブックミシュランガイド。厳選されたレストランやホテルを星の数で評価する最も権威のあるガイドブックとして有名ですが、今回はその中で、東京でミシュラン2017の「5つ星」を獲得した評価が最も良い10つの最高級ホテルをご紹介いたします。...

観光ガイド概要

  • グランドハイアット東京
  • 誰でも入れるレストランで食事を楽しめます
  • アマン東京
  • コンラッド東京
  • 都会の絶景を楽しめるラウンジもおすすめ
  • ホテル ザ・リッツ・カールトン東京
  • 45階のラウンジで特別なひとときを
  • マンダリン オリエンタルホテル 東京
  • 女性に嬉しい絶景レストランに天空のスパ。
  • ザ・ぺニンシュラ東京
  • シャングリ・ラ ホテル 東京
  • 自分へのご褒美タイムに「ザ・ロビーラウンジ」でエレガントなひととき
  • ホテルオークラ東京
  • フォーシーズンズ丸の内 東京
  • アフタヌーンティーで有名です
  • ホテル椿山荘東京
  • パークハイアット東京
  • まだまだある、東京のデートスポット
  • いつか絶対泊まってみたい!

「いつか絶対泊まりたい!ミシュラン5ツ星・東京の最高級ホテル11つ」の続きを読む

世界屈指の収容人数を誇るイタリアのサッカースタジアム「ジュゼッペ・メアッツァ・スタジアム」

世界屈指の収容人数を誇るイタリアのサッカースタジアム「ジュゼッペ・メアッツァ・スタジアム」

世界中で圧倒的な人気を誇るスポーツ・サッカー。日本でも国内リーグが存在していることから人気があり、最近では代表選手が海外リーグに挑戦することもあり、サッカー観戦が海外観光ポイントの1つとして紹介されることもあります。今回はイタリア・ミラノにある「ジュゼッペ・メアッツァ・スタジアム」について見てみましょう。...

観光ガイド概要

  • 世界屈指の収容人数を誇る
  • アクセスはトラムや地下鉄で
  • スタジアムツアーに参加しよう
  • クラブで違うロッカールーム
  • クラブの歴史が展示されたミュージアム
  • 世界が注目するダービーは必見
  • ハードコースで有名な競馬場が隣にある
  • サッカー本場の雰囲気を味わう

おすすめ観光スポット

スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ (サン・シーロ)(外部サイト)
住所:Via Piccolomini 5, 20151 Milan, Italy

サンシーロ競馬場(外部サイト)
住所:Sede Legale Milano: Via Ippodromo, 100   20151 Milano - Italia

「世界屈指の収容人数を誇るイタリアのサッカースタジアム「ジュゼッペ・メアッツァ・スタジアム」」の続きを読む

巨石群にアーサー王伝説…不思議空間ひろがるブルターニュ半島へ

巨石群にアーサー王伝説…不思議空間ひろがるブルターニュ半島へ

フランス北西部、北大西洋と英仏海峡に突き出すブルターニュ半島は精神分析学の創始者フロイトがフランス留学時代に訪ね、奇妙な症例を示す人々を目撃したという逸話のある地域。カルナック郊外にある有名な先史時代の巨石群をはじめ、魔法使いマーリンや「円卓の騎士たち」が活躍するアーサー王伝説の舞台としても知られるブルターニュ半島はケルト系土着語ブルトン語が残るなどケルト色が強いのも特徴。今回はブルターニュ半島一...

観光ガイド概要

  • アイルランド人修道士の名前に由来する港町サンマロ
  • 「シダの町」を見下ろす要塞フジェール城
  • ブルターニュのパワースポット、カルナック列石群
  • 奇岩怪石のペロスギレック、プルーマナック海岸へ
  • アーサー王伝説群の舞台、パンポンの森(ブロセリアンドの森)
  • 魔法使いマーリンの「バラントンの泉」
  • 「湖の貴婦人」ヴィヴィアンヌの湖とコンペール城
  • ゴーギャンゆかりのトレマロ礼拝堂へ
  • ブルターニュ最果ての地、ラ岬へ
  • 旅の締めくくりはガレットや名物の牡蠣料理を
  • 帆船祭で知られるブレストもおすすめ

おすすめ観光スポット

サン・マロ(外部サイト)
住所:Saint-Malo, France

フジェール城(外部サイト)
住所:Place Pierre Simon, 35300 Fougères

カルナック列石群(外部サイト)
住所:LIeu-dit le Ménec, 56340 Carnac

ペロスギレック(外部サイト)
住所:Perros-Guirec, France

パンポンの森(ブロセリアンドの森)(外部サイト)
住所:Forêt de Paimpont, 35380 Paimpont, France

バラントンの泉(外部サイト)
住所:Fontaine de barenton,35380 Paimpont, France

コンペール城(外部サイト)
住所:56430 Concoret, France

トレマロ礼拝堂(外部サイト)
住所:Tremalo, 29930 Pont-Aven, France

ラ岬(外部サイト)
住所:Pointe du Raz, 29770 Plogoff, France

「巨石群にアーサー王伝説…不思議空間ひろがるブルターニュ半島へ」の続きを読む

ノルウェー観光なら次はここ!可愛い色の建物が立ち並んでいるトロムソの街並み

ノルウェー観光なら次はここ!可愛い色の建物が立ち並んでいるトロムソの街並み

ノルウェー北部のトロムソ、かつて冒険家アムンゼンがここを出発地点として北極圏へ飛行機で飛び立ったのです。トロムソ大学のあるトロムソイヤ島と本土トロムソスダーレン地区を大橋と海底トンネルが結んでいます。夏は白夜が訪れ、冬場にはオーロラの絶景が見られるトロムソの絶景を紹介します。...

観光ガイド概要

  • 可愛い色の建物が立ち並んでいるトロムソの街並み
  • 凍り付くような景色の中で温かい光を放つトロムソの北極大聖堂
  • ヨーロッパでも名高いこれぞ北壁の雪山
  • トロムソ湾港に架かる大橋
  • かつての捕鯨船がすっぽりと入ったトロムソ博物館の展示場
  • 冬の北極海に面した景色サマロイビーチ
  • トロムソ大学の上空にかかるオーロラの光
  • トロムソ島でみつけた小さな滝
  • 可愛い赤茶色のバンガローが立ち並ぶ海岸
  • 凍り付いた路面の轍と山の斜面
  • 北極圏最北端の都市トロムソを訪れて

おすすめ観光スポット

トロムソ(外部サイト)
住所:Tromsø, Norge

トロムスダーレン大聖堂(外部サイト)
住所:Hans Nilsens vei 41, 9020 Tromsdalen

スカンジナビア山脈(外部サイト)
住所:Scandinavian Mountains, 7898 Limingen, Norway

トロムソブリッジ(外部サイト)
住所:Bruvegen 9020, Tromsø, Norge

トロムソ博物館(外部サイト)
住所:Lars Thørings veg 10, 9006 Tromsø

ソマロイ(外部サイト)
住所:9110 Sommarøy, Norge

トロムソ大学(外部サイト)
住所:9037 Tromsø, Norway

「ノルウェー観光なら次はここ!可愛い色の建物が立ち並んでいるトロムソの街並み」の続きを読む

プラハから日帰りOK! 中世の宝石「城郭都市チェスキー・クルムロフ」の見どころ

プラハから日帰りOK! 中世の宝石「城郭都市チェスキー・クルムロフ」の見どころ

「チェスキー・クルムロフ」は、小さい町ながらも見どころがぎゅっとつまった、チェコ共和国の外せない観光スポットです。町のすべてが世界遺産に登録されており、可愛らしくも美しいこの町は「どこを撮っても絵になる」といっても過言ではありません。中欧・東欧旅行の際は、「中世の宝石」と賞賛されるチェスキー・クルムロフまで、ぜひ足を伸ばして訪れてみてください。...

観光ガイド概要

  • 世界遺産の「チェスキー・クルムロフ」
  • どこにある?アクセスは?
  • ボヘミアの深い森に取り残された歴史
  • 町の中心「クルムロフ城」
  • 床屋橋と呼ばれる「ラゼブニッキー橋」
  • 驚き!美しい壁の装飾の秘密
  • カヌーで巡るアクティビティ
  • 町歩きのお供にぴったりのスイーツ
  • 雪化粧も似合う町
  • 中世の宝石を求めて

おすすめ観光スポット

チェスキー・クルムロフ(外部サイト)
住所:Český Krumlov,381 01 Česko

クルムロフ城(外部サイト)
住所:Zámek 59, 381 01 Český Krumlov

ラゼブニッキー橋(外部サイト)
住所:Lazebnický most, Český Krumlov,381 01 Česko

ヴルタヴァ川(モルダウ川)(外部サイト)
住所:Česko

「プラハから日帰りOK! 中世の宝石「城郭都市チェスキー・クルムロフ」の見どころ」の続きを読む

王宮時代の庭園が今世まで大切に残される、ドイツ「ハノーファー」で見たい絶景10選

王宮時代の庭園が今世まで大切に残される、ドイツ「ハノーファー」で見たい絶景10選

「緑の中の大都市」と呼ばれているハノーファー。王宮時代の庭園が今世まで大切に残され、町の中には公園が点在する自然豊かな都市です。それを聞くと片田舎を想像しがちですが、メッセ(見本市)の町として世界中から人々が集まる国際都市という一面も併せ持っています。そんなハノーファーにはどんな絶景が見られるのでしょうか。...

観光ガイド概要

  • ハノーファーってどんなところ?
  • クレプケ駅の豪華な時計
  • 旧市街に佇むマルクト教会
  • まるで宮殿かのようなハノーファー市庁舎
  • 旧市街に佇む旧市庁舎
  • 戦争の悲惨さを今世に伝えるエギディエン教会
  • 地元民の憩いの場 マッシュ湖
  • 300年の歴史を誇る ヘレンハウゼン王宮庭園
  • 日本にも進出しているバウムクーヘンの名店
  • ハノーファーまでのアクセス

おすすめ観光スポット

ハノーファー(外部サイト)
住所:30521 Hannover, Deutschland

クレプケ(外部サイト)
住所:Kröpcke, 30159 Hannover, Deutschland

マルクト教会(外部サイト)
住所:Hanns-Lilje-Platz 11, 30159 Hannover, Deutschland

ハノーファー市庁舎(外部サイト)
住所:Trammplatz 2, 30159 Hannover

旧市庁舎(外部サイト)
住所:Karmarschstraße 42 D30159 Hannover

エギディエン教会(外部サイト)
住所:Aegidienkirchhof, 30159 Hannove

マッシュ湖(外部サイト)
住所:Maschsee, Hannover, Deutschland

ヘレンハウゼン王宮庭園(外部サイト)
住所:Herrenhäuser Str. 4, 30419 Hannover

ホレンディッシェ・カカオシュトォーベ(外部サイト)
住所:Ständehausstraße 2-3 · 30159 Hannover

「王宮時代の庭園が今世まで大切に残される、ドイツ「ハノーファー」で見たい絶景10選」の続きを読む

中世に開花した世界屈指のゴシック建築!景観と開発のはざまで苦悩したケルン大聖堂の歴史

中世に開花した世界屈指のゴシック建築!景観と開発のはざまで苦悩したケルン大聖堂の歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はドイツ「ケルン大聖堂の歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • ケルンが誇る人気No.1の観光地!ケルン大聖堂
  • ケルン大聖堂とは?
  • ケルン大聖堂の始まり
  • ゴシック建築の傑作!ケルン大聖堂
  • 壮麗な装飾が見事なケルン大聖堂
  • 美術品の宝庫のケルン大聖堂
  • 世界遺産ケルン大聖堂の苦悩
  • 危機遺産から脱出したケルン大聖堂
  • ヨーロッパの中心に聳え立つゴシック様式の傑作!ケルン大聖堂に訪れてみませんか?

おすすめ観光スポット

ケルン大聖堂(外部サイト)
住所:Domkloster 4, 50667 Köln

「中世に開花した世界屈指のゴシック建築!景観と開発のはざまで苦悩したケルン大聖堂の歴史」の続きを読む

シャンパーニュが世界遺産に至る経緯や成り立ち

シャンパーニュが世界遺産に至る経緯や成り立ち

パチパチとはじける炭酸がおいしいシャンパンの産地として知られる、フランス北東部に広がったシャンパーニュ地方。他では味わえない特別な味をかもしだしているワインの産地として伝統があるシャンパーニュのワイン畑は、2015年に世界遺産として認定されました。シャンパーニュの丘陵風景ははいかにも牧歌的で味わいのあるフランスの田舎といった風情です。そんなシャンパーニュの歴史について調べてみましたので、ぜひごらん...

観光ガイド概要

  • 「ドンペリ」の名前となった修道士
  • 修道士ドン・ペリニヨンが作ったシャンパン
  • よいワインを修道院で研究していた!
  • 失敗作から生まれてきたシャンパン
  • 白ワインの研究をかさねたドン・ペリニヨン
  • シャンパンができるのは丈夫なガラスビンのおかげ
  • シャンパーニュの成立は中世の時代
  • 牧歌的な風景をうかがわせるシャンパーニュの命名
  • イタリア王の血を引いたシャンパーニュの領主
  • ヴェルマンドワ家からブロワ家へ
  • 伯爵の位を掛け持ちしたブロワ伯
  • シャンパーニュ伯ティボー2世の闘争
  • シャンパーニュ伯ティボー4世の生い立ち
  • 伯爵の位と引き換えにいとこの借金を肩代わり
  • 借金苦から一転、ナバラ国王へ
  • ロマンスに生きたティボー4世
  • 詩人王と呼ばれたティボー4世
  • ティボー4世が持ち帰ったブドウ、シャルドネ
  • アーサー王物語をまとめあげた作家クレティアン・ド・トロワ
  • フランス王女に寵愛された詩人
  • ミステリアスな作家、クレティアン・ド・トロワ
  • 好立地から発展したシャンパーニュの大市
  • 3つの川にかこまれたシャンパーニュ
  • ブドウ市場から一大国際市場への発展
  • 国際色豊かににぎわったシャンパーニュの経済
  • 交通の便がいい! 流通の中心に
  • シャンパーニュ伯からフランス国王へ
  • シャンパーニュの大市の衰退
  • シャンパーニュと十字軍の関係
  • 状況の変化にとりのこされてしまった大市
  • シャンパーニュの牧歌的な風景に隠れた歴史を感じてみましょう

おすすめ観光スポット

シャンパーニュ(外部サイト)
住所:Champagne, France

「シャンパーニュが世界遺産に至る経緯や成り立ち」の続きを読む

フランスの影響を受けたニューカレドニアの歴史を追ってみよう!

フランスの影響を受けたニューカレドニアの歴史を追ってみよう!

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ニューカレドニアの歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • ニューカレドニアってこんな国
  • ニューカレドニアの始まり
  • ヨーロッパ入植以前のニューカレドニア
  • ヨーロッパ人による発見と名前の由来
  • ヨーロッパ人の来島
  • フランスに吸収されたニューカレドニア
  • ニッケル鉱山の発見により一転するニューカレドニア
  • ニューカレドニアの独立戦争
  • フランスの香りが漂う南太平洋に浮かぶ島、ニューカレドニアに訪れてみませんか?

「フランスの影響を受けたニューカレドニアの歴史を追ってみよう!」の続きを読む

美しく豊かな自然に育まれた観光大国ニュージーランドの歴史は壮絶だった

美しく豊かな自然に育まれた観光大国ニュージーランドの歴史は壮絶だった

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ニュージーランドの歴史」をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • ニュージーランドってこんな国
  • ニュージーランドの始まり
  • ヨーロッパ人の入植
  • イギリスの入植とワイタンギ条約
  • イギリスからの独立と近代
  • 現在のニュージーランドの魅力
  • 世界屈指のアクティビティ大国ニュージーランドで快活な観光をしてみませんか?

「美しく豊かな自然に育まれた観光大国ニュージーランドの歴史は壮絶だった」の続きを読む

チェコ・プラハの歴史の生き証人「カレル橋」の物語

チェコ・プラハの歴史の生き証人「カレル橋」の物語

チェコの町の美しさは、ヨーロッパで最も美しい町を語るとき、必ずその名が挙がるほど。チェコに一歩足を踏み入れれば、中世から時が止まったかのような錯覚を覚えることでしょう。とりわけ「宝石箱のような町」と称されるプラハには見どころが多く存在します。今回ご紹介するカレル橋は、歴史の変遷を見守る生き証人として古くからこの地に存在します。見どころとその歴史を見ていきましょう。...

観光ガイド概要

  • プラハ最古の橋「カレル橋」
  • 建築家は若き天才
  • 圧巻の聖人像
  • 幸運の「聖ヤン・ネポムツキー像」
  • 教科書でおなじみのあの人も!?
  • プラハ城から見る「カレル橋」
  • 映画のシーンに登場
  • 夜の散歩も楽しい
  • 橋上は歩行者天国
  • 名物料理「クネドリーキ」
  • 何度でも訪れたいカレル橋

おすすめ観光スポット

カレル橋(外部サイト)
住所:Karlův most, 110 00 Praha 1, Česko

プラハ城(外部サイト)
住所:Prague Castle 119 08 Praha 1

「チェコ・プラハの歴史の生き証人「カレル橋」の物語」の続きを読む

映画「ハリーポッター」のロケ地・撮影場所はここ!

映画「ハリーポッター」のロケ地・撮影場所はここ!

イギリス生まれの世界的大ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズ。原作はもちろんのこと、映画でもまた大ヒットを続けてきた作品です。今回はファンならぜひ訪れてみたい、映画の撮影地やゆかりの場所をご紹介いたします。...

観光ガイド概要

  • 「ハリーポッター」とはどんな作品?
  • 「ハリー・ポッターと賢者の石」のロケ地はここ
  • キングスクロス駅の「9と3/4番線ホーム」
  • 「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のロケ地はここ
  • 魔法魔術学校として使われた「グロスター大聖堂」
  • 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のロケ地はここ
  • 蒸気機関車が走る「グレンフィナン陸橋」
  • 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のロケ地はここ
  • クディッチの世界大会が行われた 「セブン・シスターズ」
  • 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のロケ地はここ
  • 魔法省への入口がある「ウェストミンスター駅」付近の通り
  • 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のロケ地はここ
  • デスイーターに破壊された「ミレニアム・ブリッジ」
  • 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」のロケ地はここ
  • ハリーとハーマイオニーがキャンプした 「マラム・コーブ」
  • 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のロケ地はここ
  • 貝殻の家があった「フレッシュウォーター ・ウエスト」
  • 丸ごと体験!「ウィザーディング・ ワールド・オブ・ハリー・ポッター」
  • 第一号は「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」
  • ついに「USH」にもハリポタエリア登場
  • ロケ地巡りをしよう!

おすすめ観光スポット

キングス・クロス駅(外部サイト)
住所:Euston Rd, Kings Cross, London N1 9AL

グロスター大聖堂(外部サイト)
住所:12 College Green, Gloucester GL1 2LX

グレンフィナン陸橋(外部サイト)
住所:A830 Rd, Glenfinnan PH37 4

セブン・シスターズ(外部サイト)
住所:Seven Sisters , Eastbourne

ウェストミンスター駅(外部サイト)
住所:Bridge St, London SW1A 2JR

ミレニアム・ブリッジ(外部サイト)
住所:Thames Embankment, London SE1 9JE

マラム・コーブ(外部サイト)
住所:Malham, Skipton BD23 4DJ

フレッシュウォーター・ウエスト(外部サイト)
住所:B4319, Road, Taunton TA4 4AP

ユニバーサル・スタジオ・フロリダ(外部サイト)
住所:6000 Universal Blvd, Orlando, FL 32819

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(外部サイト)
住所:大阪府大阪市此花区桜島2-1-33

「映画「ハリーポッター」のロケ地・撮影場所はここ!」の続きを読む

フランスのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選

フランスのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選

フランスのお土産ならこれ!という事で、数ある商品の中から、お土産に最適な商品を厳選してご紹介します。パリコレの開催地でもあるフランスは、オシャレに敏感な都市。かといって、そうそう高級ブランドにも手が出ない…お手軽なものはある?甘いものは苦手…ちょっと変わったものがいい!実用的なものは?悩んでいるそこのあなた!必見です!...

観光ガイド概要

  • フランスってどんなところ?
  • フランスの老舗紅茶ブランド「KUSUMI TEA」の紅茶
  • パリジェンヌが愛用する「Compagnie・de・provence」の石鹸
  • フランスの郷土菓子「Calissons d'Aix」
  • パリの高級老舗ショコラティエ「Boissier」の菓子
  • 幸せを呼ぶ奇跡の「Médailles」は絶対ゲットしたい!
  • 女性向けのお土産にぴったり「Fragonard」の香水
  • なにこれ!?フランスの伝統菓子「Quernons」の青いチョコ
  • キッチンに置くだけでもオシャレ!「fleur de sel」
  • 地元の人々も大好き!「LU Petit」のクッキー
  • フランスで王道の香水ブランド「CARON」のコスメグッズ
  • マカロンだけじゃない!「Ladurée」のリップグロス
  • 神秘のバレンタインチョコ「FOUCHER」のオリンポスチョコ
  • ちょっと珍しい棒付きの…「le bretagne」塩キャラメル
  • 使い勝手抜群!どんな料理も本格的に!「トリュフオイル」
  • 毎日活躍間違いなし!「staub」のピコ・ココット オーバル
  • 世界的にも有名な「CAUDALIE」のスキンケア商品
  • センス抜群!お土産の宝庫「Pylones」のキッチン雑貨
  • フランスのバターと言えば「Bordier」が一番!
  • 日本の物とは大違い?「Connetable」
  • ジャムの妖精が作り出す「confiture」
  • さあ、ぴったりのお土産を探しに出かけよう!

おすすめ観光スポット

フランス(外部サイト)
住所:France

クスミティー(外部サイト)
住所:56 rue de la Seine75006 Paris

カンパニー・ド・プロバンス(外部サイト)
住所:18, rue Davso 13001 Marseille

ロワ・レネ(外部サイト)
住所:8 Rue de Lévis, 75017 Paris

ボワシエ(外部サイト)
住所:184 Avenue Victor Hugo 75116 Paris

奇跡のメダイユ教会(外部サイト)
住所:140 rue du Bac 75340 Paris Cedex 07

フラゴナール(外部サイト)
住所:Boutique du Fragonard 51 rue des Francs Bourgeois 75004 PARIS FRANCE

ケルノン(外部サイト)
住所:22 rue Lices 49100 ANGERS - FRANCE

フルール・ド・セル(外部サイト)
住所:FRANCE

リュ・プティ プティ・テコリエ(外部サイト)
住所:5, Rue Boileau, Centre-Ville, Nantes, France

キャロン(外部サイト)
住所:153 boulevard Saint-Germain, 75006 Paris

レ・メルヴェイユーズ ラデュレ(外部サイト)
住所:70-72 Avenue des Champs Élysées, 75008 Paris

フーシェ(外部サイト)
住所:134 rue du Bac、75007 Paris

ル・ブルターニュ(外部サイト)
住所:109 Rue Vieille du Temple, Le Marais, 75003 Paris

ア・ロリビエ(外部サイト)
住所:23 rue de Rivoli 75004 Paris

ストウブ(外部サイト)
住所:2 Rue de l\'Huilerie, 68230 Turckheim, France

コーダリー(外部サイト)
住所:8 rue des Francs Bourgeois 75003 Paris

ピローヌ(外部サイト)
住所:PARIS-ST MARTIN, 92 rue st Martin 75004 Paris

ボルディエ(外部サイト)
住所:6 rue de la balue 35400 Saint-Malo

ウェンセスラス・シャンスレール(外部サイト)
住所:Route De Lannugat, 29100 Douarnenez, France

クリスティール・フェベール(外部サイト)
住所:Maison Ferber 18, rue des Trois Epis 68230 Niedermorschwihr

「フランスのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選」の続きを読む

麗しの城「ノイシュヴァンシュタイン城」もここ!ドイツ・フュッセン観光の見どころ

麗しの城「ノイシュヴァンシュタイン城」もここ!ドイツ・フュッセン観光の見どころ

ドイツ国内で最も人気の観光街道「ロマンティック街道」。その絶景多き街道のフィナーレを飾るのがフュッセンです。バイエルン・アルプスの山々や森、湖などの自然に囲まれた風光明媚なエリア、フュッセン。今回はその美しい自然と芸術的な建物が織りなす町並みをご紹介いたします。...

観光ガイド概要

  • フュッセンはどんな所?
  • 明るく可愛らしい町並みのアルトシュタット
  • だまし絵が印象的なホーエス城
  • 聖マングに捧げた 市教区教会
  • 古楽器に触れ合える フュッセン市博物館
  • ドイツを代表する麗しの城 ノイシュヴァンシュタイン城
  • ルートヴィヒ2世が過ごしたホーエンシュヴァンガウ城
  • 白鳥の湖 アルプ湖
  • フュッセンへのアクセス

おすすめ観光スポット

フュッセン(外部サイト)
住所:Füssen, Deutschland

アルトシュタット(外部サイト)
住所:Reichenstraße 87629 Füssen

ホーエス城(外部サイト)
住所:Magnuspl. 10, 87629 Füssen

聖マング市教区教会(外部サイト)
住所:Lechhalde 3, 87629 Füssen

フュッセン市博物館(外部サイト)
住所:Lechhalde 3, 87629 Füssen

ノイシュヴァンシュタイン城(外部サイト)
住所:Neuschwansteinstraße 20, 87645 Schwangau

ホーエンシュヴァンガウ城(外部サイト)
住所:Alpseestraße 30, 87645 Schwangau

アルプ湖(外部サイト)
住所:Alpsee, Schwangau

「麗しの城「ノイシュヴァンシュタイン城」もここ!ドイツ・フュッセン観光の見どころ」の続きを読む

歴史的情景の中で思い出のひとときを。スペイン・マラガ観光の見どころ

歴史的情景の中で思い出のひとときを。スペイン・マラガ観光の見どころ

スペインマラガはアンダルシア地方の県都。地中海に面していて海岸全域がリゾート地になっています。地中海に面し温暖な気候に恵まれ、スペイン独自のマラゲーニャという音楽の発祥地でもあります。あのピカソの生誕地としても有名ですね。このマラガで見た絶景10選を紹介します。...

観光ガイド概要

  • 美しい海岸を持つマラガシティー
  • アルカサバ城要塞とローマ劇場
  • 空へとそびえる尖塔のマラガ大聖堂
  • 歴史的情景の中に存在する白い村落ロンダ
  • シーフロントのフエンヒローラ
  • 高級リゾート地プエルトバヌス
  • マラガの落ち着いた地元屋外レストラン
  • 自然のスポット トルカル国立自然公園
  • 青い空と美しいフリジリアーナの街並み
  • ロンダにある現代のサウナに負けないアラブ風大浴場
  • スペインのリゾート地マラガを訪ねて

おすすめ観光スポット

マラガ(外部サイト)
住所:Málaga, España

アルカサバ要塞(外部サイト)
住所:Calle Alcazabilla, 2, 29012 Málaga

マラガ大聖堂(外部サイト)
住所:Calle Molina Lario, 9, 29015 Málaga

ロンダ(外部サイト)
住所:Calle Armiñán, s/n, 29400 Ronda, Málaga

フエンヒローラ(外部サイト)
住所:Fuengirola, Málaga

プエルトバヌス(外部サイト)
住所:Puerto Banús, Marbella, Málaga, Málaga

タベルナ・デル・シグロ(外部サイト)
住所:Calle Granada, 30, 29015 Málaga

トルカル国立自然公園(外部サイト)
住所:Calle el Torcal de Antequera, 29200 Antequera, Málaga

フリジリアーナ(外部サイト)
住所:Plaza de la Fuente Vieja, 4, 29788 Frigiliana, Málaga

アラブ浴場(外部サイト)
住所:29400, Calle Molino de Alarcón, 11, 29400 Ronda, Málaga

「歴史的情景の中で思い出のひとときを。スペイン・マラガ観光の見どころ」の続きを読む

ドイツ観光なら次はここ!「シュツットガルト」で見たい絶景10選

ドイツ観光なら次はここ!「シュツットガルト」で見たい絶景10選

ドイツ人は「森の人」といわれることがあるように、彼らは森を愛し森へよく散歩に行くことがあるようです。実際にドイツ国内には多くの森が点在しています。今回ご紹介するシュツットガルトは、ファンタスティック街道沿いにあり、このエリア一帯が「黒い森」と呼ばれています。豊かな自然に抱かれたこの地方にはいったいどんな絶景が待っているのでしょうか。...

観光ガイド概要

  • シュツットガルトってどんなところ?
  • 黒い森といわれる所以は…
  • まるでお城のような旧宮殿
  • ライトアップが美しい新宮殿
  • ステンドグラスが美しいシュティフト教会
  • 水辺に浮かぶような美しい教会
  • 車好きには堪らないドイツ車のミュージアム
  • ドイツの小ベニス エスリンゲン
  • 庭園の美しさでも知られる ルートヴィヒスブルク城
  • シュツットガルトへのアクセス

おすすめ観光スポット

シュツットガルト(外部サイト)
住所:Stuttgart, Deutschland

シュヴァルツヴァルト(外部サイト)
住所:Schwarzwald, Deutschland

旧宮殿(州立博物館)(外部サイト)
住所:Schillerplatz 6, 70173 Stuttgart 

新宮殿(外部サイト)
住所:Schloßpl. 4, 70173 Stuttgart

シュティフト教会(外部サイト)
住所:Stiftstraße 12, 70173 Stuttgart

ヨハネ教会(外部サイト)
住所:Gutenbergstraße 16, 70176 Stuttgart

メルセデス・ベンツ博物館(外部サイト)
住所:Mercedesstrasse 100, 70372 Stuttgart

エスリンゲン(外部サイト)
住所:Esslingen am Neckar, Deutschland

ルートヴィヒスブルク城(外部サイト)
住所:Schlossstrasse 30, 71634 Ludwigsburg

「ドイツ観光なら次はここ!「シュツットガルト」で見たい絶景10選」の続きを読む

「バルト海の女王」と呼ばれる北ドイツの美しい街、リューベック

「バルト海の女王」と呼ばれる北ドイツの美しい街、リューベック

ヨーロッパの中でも人気の旅行先として挙げられるドイツ。大小に関わらず、美しい町が無数にある国としても良く知られています。そのうちの町のひとつである、北ドイツのリューベックという町をご存知でしょうか? かつてのハンザ同盟が栄えた頃の町並みが残り、別名「バルト海の女王」という名にふさわしい美しい古都です。今回は、リューベックの麗しい風景をいくつかご紹介いたします。...

観光ガイド概要

  • ハンザ同盟で栄えたリューベック
  • 見所が満載な旧市街
  • リューベックにはどうやってアクセスする?
  • リューベックのシンボル的存在 ホルステン門
  • マルクト広場の顔 市庁舎
  • バッハも熱心に通ったマリエン教会
  • マン家ゆかりの品々が展示されるブッデンブロークハウス
  • 旧市街のはずれの大聖堂
  • バルト海の保養地トラヴェミュンデへ
  • 小さな旧市街に見どころが満載!

おすすめ観光スポット

リューベック(外部サイト)
住所:Lübeck, Deutschland

リューベック旧市街(外部サイト)
住所:Lubeck, Schleswig-Holstein

ホルステン門(博物館)(外部サイト)
住所:Holstentorplatz 23552, Luebeck

市庁舎 (リューベック)(外部サイト)
住所:Breite Str. 62, 23552 Lübeck

マリエン教会(外部サイト)
住所:Marienkirchhof 1, 23552 Lübeck

ブッデンブロークハウス・マン兄弟記念館(外部サイト)
住所:Schildstraße 12 23552 Lübeck

トラヴェミュンデ(外部サイト)
住所:Travemünde, Lübeck, Deutschland

「「バルト海の女王」と呼ばれる北ドイツの美しい街、リューベック」の続きを読む

ウィーンのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選

ウィーンのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選

ウィーンのお土産ならこれ!ということで、数ある商品の中から、お土産にぴったりの商品を厳選してご紹介します。定番の物から、ちょっとお洒落なこだわりの商品まで、ぴったりのお土産がきっとみつかるはず!...

観光ガイド概要

  • ウィーンってどんなところ?
  • ウィーンと言えば「モーツァルトクーゲン」
  • ウィーンで最も人気が高い地ビール「オッタクリガー」
  • オーストリアを代表する「ザッハトルテ」
  • 美しい輝きを「スワロフスキー」
  • 知らずしてウィーンは語れない?!ウィーン王宮御用達「デメル」
  • 上品な香り漂う贅沢な珈琲「ユリウス・マインル」
  • 贅沢なティータイムが楽しめる「デマー」
  • 自然の甘みがgood!「ダルボ ジャム」
  • ウィーンで多く見かける「馬乳使用のコスメ」
  • エリザベートが愛した菓子「スミレの砂糖漬け」
  • 18世紀から続く伝統の技「プチポワン」
  • お酒が苦手でも楽しめる「モーツァルト チョコレートリキュール」
  • ウィーンと言えば?音楽でしょ!「ヴィエナワールド」
  • 思わず手が出る…「オーストリア チョコチップス」
  • ウィーンと言えば芸術も忘れちゃいけない!「クリムト 接吻」
  • 切っても切り離せない!オーストリアと「岩塩」
  • ウィーン土産の定番!「ヨハンシュトラウス ウエハース」
  • 他では味わえない!現地の人も勧める「アプリコットジャム」
  • 女性だったら一度は着てみたい?「ディアンデル」
  • オーストリアの特産品を使用した「ハニーアップルビネガー」
  • さあ、ぴったりのお土産を探しに出かけよう!

おすすめ観光スポット

ウィーン(外部サイト)
住所:Wien Austria

レーバー(外部サイト)
住所:Ludwigstraße 10-12 83435 Bad Reichenhall

オッタクリガー(外部サイト)
住所:Ottakringer Pl. 1, 1160 Wien

ホテル ザッハー(外部サイト)
住所:Philharmonikerstrasse 4, A-1010 Vienna

スワロフスキー(外部サイト)
住所:Kärntner Straße 24 1010 Wien

デメル(外部サイト)
住所:Kohlmarkt 14 1010 Wien

ユリウス・マインル・アム・グラーベン(外部サイト)
住所:Graben 19, 1010 Wien

デマー(外部サイト)
住所:Mölker Bastei 5, 1010 Wien

ダルボ(外部サイト)
住所:Dornau 18 6135 Stans Austria

マリウス(外部サイト)
住所:Rechtes Salzachufer 30 5020 Salzburg Austria

デメル(外部サイト)
住所:Kohlmarkt 14 1010 Wien

マリア・シュトランスキー(外部サイト)
住所:Hofburg-Passage 2 A-1010 Wien

モーツアルト社(外部サイト)
住所:Ziegeleistraße 29A 5020 Salzburg

ヴィエナワールド(外部サイト)
住所:Führichgasse, 1010 Wien

バートイシュル(外部サイト)
住所:Steinkogelstr. 30, 4802 Ebensee

マナー(外部サイト)
住所:Stephansplatz 7 Ecke Rotenturmstraße A-1010 Vienna

Bio Imkerei Loidl(外部サイト)
住所:Doris und Gerhard LOIDL 3552 Dro゚, Dro゚erstra゚e 297 AUSTRIA

「ウィーンのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選」の続きを読む

フランスの歴史でこれだけは知っておくべき9つのこと

フランスの歴史でこれだけは知っておくべき9つのこと

フランスといえば日本でも旅行先として人気の高い国ですが、あなたはフランスにどういったイメージをお持ちですか?ルーブル美術館がある芸術の国、いろんな有名ブランド発祥のおしゃれな国、フランス料理やフランスワインなどの美食の国、といったように、人によって様々なイメージが浮かぶかと思いますが、私たちはフランスについてどれほどのことを知っているのでしょう?ここでは、豊かな文化と伝統の国フランスを知る上で絶対...

観光ガイド概要

  • フランスってどんな国?
  • これだけは知っておこう!フランスの9つの歴史的事実
  • 1.古代ローマ時代の呼び名は「ガリア」
  • 2.ゲルマン民族の大移動!フランク王国成立
  • 3.百年戦争勃発!カペー家による統治
  • 4.国民的ヒロイン!ジャンヌ・ダルクの軍隊指揮能力
  • 5.ブルボン朝成立、ルイの台頭
  • 6.フランス革命!バスチーユ牢獄襲撃やヴァレンヌ事件
  • 7.第一共和制の誕生!その後の王政復古まで
  • 8.ナポレオン3世の登場
  • 9.フランスから見た2つの世界戦争
  • 重厚な歴史に基づく伝統の国

「フランスの歴史でこれだけは知っておくべき9つのこと」の続きを読む

スペインの近代建築と中世の雰囲気が折り合う「セビリア」観光でみたい絶景

スペインの近代建築と中世の雰囲気が折り合う「セビリア」観光でみたい絶景

セビリアはスペイン南部に位置する政治・経済・文化の中心地、自治体人口70万人を有する観光都市です。地中海性気候の温暖な地でセビリア大聖堂やアルカサルは世界遺産に登録されています。セビリアで見た絶景を紹介します。...

観光ガイド概要

  • 空から見たセビリアの街
  • 地上と天空を結ぶ巨大なセビリア大聖堂
  • セビリアの市民が集う不思議な世界メトロポルカサ
  • どの方角から見ても美しいスペイン広場の建物
  • プラザデトロス闘牛場
  • ゴールデンタワー
  • セビリアの街の馬車
  • 中庭の美しいアルカサール宮殿
  • 青空に斜めにかかるアラミージョ橋
  • 夕刻の静かな美しさを見せてくれるトリアナブリッジ
  • セビリアの風に吹かれて

おすすめ観光スポット

セビリア(外部サイト)
住所:Sevilla, Spain

セビリア大聖堂(外部サイト)
住所:Av. de la Constitución, s/n, 41004 Sevilla

メトロポルカサ(外部サイト)
住所:Pl. de la Encarnación, s/n, 41003 Sevilla

スペイン広場(外部サイト)
住所:Av de Isabel la Católica, 41004 Sevilla

セビリア闘牛場(外部サイト)
住所:Paseo de Cristóbal Colón, 12, 41001 Sevilla

ゴールデンタワー(外部サイト)
住所:Paseo de Cristóbal Colón, s/n, 41001 Sevilla

セビリアの観光馬車(外部サイト)
住所:Av de Isabel la Católica, 41004 Sevilla

アルカサール宮殿(外部サイト)
住所:Patio de Banderas, s/n, 41004 Sevilla

アラミージョ橋(外部サイト)
住所:Puente del Alamillo, Sevilla

トリアナブリッジ(外部サイト)
住所:Puente de Isabel II, Sevilla

「スペインの近代建築と中世の雰囲気が折り合う「セビリア」観光でみたい絶景」の続きを読む

政府公認観光ガイドの私が厳選!イタリアで買うべきお土産30選

政府公認観光ガイドの私が厳選!イタリアで買うべきお土産30選

モードの最先端を行くミラノから素朴な人柄が優しい田舎まで、イタリアの魅力はつきません。そんなイタリア旅行で迷うのがお土産選び。本場イタリアンの味や職人のこだわりの品など魅力的なものがたくさん。イタリア在住、イタリア政府公認観光ガイドの筆者が厳選したオススメのお土産30選を紹介します。...

観光ガイド概要

  • 帰国してもイタリアンが食べたい 食材編
  • 1.見た目にも可愛い色とりどりのパスタ
  • 2.イタリアの豊富な食卓を感じられるパスタ・ソース
  • 3.イタリアのテーブルに欠かせないオリーブオイル
  • 4.料理にもそのままでも使えるパルミジャーノ・レッジャーノ
  • 5.太陽の美味しさがギュッと詰まったドライトマト
  • 6.料理のコクを出してくれるポルチーニ茸
  • 7.独特の香りがたまらないトリュフソース
  • 8.本場で食べる味をそのまま持って帰るイカスミソース
  • 食卓を彩ってくれる 嗜好品編
  • 9.格別の本場の味を持ち帰るワイン
  • 10.食後にキュッと一口飲みたいリモンチェッロ
  • 11.ちょっとしたおつまみに最高のオリーブの実
  • 12.熟成に熟成を重ねたバルサミコ酢
  • 13.品質にこだわった味を楽しめるチョコレート
  • 14.ヴィンサントに浸して食べたいカントゥッチーニ
  • 15.天然の治療薬として使われるハーブティー
  • 高級な一品もの 自分へのご褒美編
  • 16.オーダーメイドで足にぴったりの靴を作る
  • 17.ポンテヴェッキオで買いたいフィレンツェ彫り
  • 18.フランス王妃も愛用したオーデコロン
  • 19.もの書く喜びを知る万年筆
  • 20.男性も女性も顔色が華やぐスカーフ
  • 21.キッチンを盛り上げてくれるコーヒーメーカー
  • 22.エスプレッソ用カップ&ソーサでイタリア気分を醸し出す
  • 23.今でも手作りで作られる天然ソープ
  • 地域の特色が魅力 ご当地編
  • 24.色とりどりに集めたいベネチアングラス
  • 25.カーニバルの思い出を持ち帰るヴェネツィアの仮面
  • 26.冬の寒さをしのぐのにぴったりの手袋
  • 27.南イタリアの幸運を呼ぶお守りコルノ
  • 28.南イタリアの明るさをそのまま映し出す陶器
  • 29.手漉きで一枚一枚作ったペーパークラフト
  • 30.街の職人の技が光るレザーバッグ
  • 迷うのも選ぶのも楽しんでお土産選びを

「政府公認観光ガイドの私が厳選!イタリアで買うべきお土産30選」の続きを読む

ロンドンの中心にそびえ立つ司法の殿堂「王立裁判所」

ロンドンの中心にそびえ立つ司法の殿堂「王立裁判所」

イギリスの首都ロンドンには数多くの貴重な歴史的建造物があり世界中からの観光客を引き付けていますが、それらの中では王立裁判所という場所は知名度は高くはないかもしれません。しかし、この王立裁判所は中世からの伝統を持つイングランド&ウェールズの司法制度の頂点に立つ建物であり、その周辺にはロンドンのほかの区域とは一線を画した雰囲気が漂っています。この記事ではその王立裁判所を中心に見どころの一部を紹介します...

観光ガイド概要

  • ロンドンの中心にそびえ立つ司法の殿堂
  • 法学の伝統が息づくテンプル地区
  • 王立裁判所の背後に控える由緒ある法の学び舎
  • ロンドンの中心で、この地の伝統と文化を学び味わう

おすすめ観光スポット

王立裁判所(外部サイト)
住所:Strand, London WC2A 2LL England

テンプル教会(外部サイト)
住所:Temple, London EC4Y 7BB England

リンカーン法曹院(外部サイト)
住所:London WC2A 3TL England

「ロンドンの中心にそびえ立つ司法の殿堂「王立裁判所」」の続きを読む

新たな語学留学のおすすめ国「マルタ」の魅力

新たな語学留学のおすすめ国「マルタ」の魅力

近年はフィリピンやインドなど多くの留学先から選択することができる時代になりました。その中でも一線を画くのがマルタだと言えます。マルタ留学は日本では、まだまだ知名度が高いとは言えませんが、ヨーロッパでは主流の留学先として認識されています。マルタは日本と同じく島国で、治安もとても良いため、バカンスを含めた語学留学をするヨーロピアンの方が多いのです。今回はそんなマルタ留学の魅力をご紹介したいと思います。...

観光ガイド概要

  • 実は50年ほど語学留学の歴史がある
  • 旅行地としても最適
  • ヨーロッパの中では物価が安い
  • 治安がとても良い
  • 街全体が世界遺産指定

「新たな語学留学のおすすめ国「マルタ」の魅力」の続きを読む

「火の島」アイスランド、首都レイキャヴィークから奇岩の南海岸へ

「火の島」アイスランド、首都レイキャヴィークから奇岩の南海岸へ

アイスランド最初の入植者は9世紀ごろ、現在のノルウェーからやってきたヴァイキングだとされていますが、じつはそれ以前にもアイルランドからやってきたキリスト教修道士がヴァイキング来島までのあいだ島に庵を編んでいたことを示唆する記録が残っています(『アイスランド人の書  Íslendingabók 』、12世紀)。またべつの古文書には北大西洋上に「鍛冶屋の島」があると記され、これは地理的特徴からアイスラ...

観光ガイド概要

  • オーロラも舞う「煙たなびく入江」、首都レイキャヴィーク
  • レイキャヴィークのランドマーク、ハットルグリムス教会
  • 冷戦終結の舞台にもなった迎賓館ヘヴジハウス
  • 国会や博物館、大学が集まるチョルトニン湖周辺
  • アイスランド漁業の歴史が学べるレイキャヴィーク海洋博物館
  • 世界文化遺産のシンクヴェトリル国立公園
  • ケフラヴィークとその周辺
  • 溶岩が作った奇観ディルホウラエイ
  • 活火山とともに生きるヘイマエイ島
  • 世界自然遺産の海底火山とヴェストマンナ諸島
  • アイスランドと日本には意外なつながりが

おすすめ観光スポット

レイキャヴィーク(外部サイト)
住所:Reykjavík, Ísland

ハットルグリムス教会(外部サイト)
住所:Hallgrímstorg 101, 101 Reykjavík, Iceland

ホフディ・ハウス (外部サイト)
住所:Fjörutún, 105 Reykjavík, Ísland

チョルトニン湖(外部サイト)
住所:Tjornin, Reykjavik, Island 

レイキャヴィーク海洋博物館(外部サイト)
住所:Grandagarður 8 101 Reykjavík

シンクヴェトリル 国立公園(外部サイト)
住所:Thingvellir, Iceland

ケフラヴィーク(外部サイト)
住所:Keflavík, Ísland

ディルホウラエイ(外部サイト)
住所:Dýrholaviti, 871 Vík, Ísland

ヘイマエイ島(外部サイト)
住所:Heimaey, Ísland

スルツエイ(外部サイト)
住所:Surtsey, Ísland

「「火の島」アイスランド、首都レイキャヴィークから奇岩の南海岸へ」の続きを読む

「バルセロナ観光で見ておきたい芸術・美術スポット8選

「バルセロナ観光で見ておきたい芸術・美術スポット8選

スペイン・バルセロナはスペイン北東部・地中海岸のカタルーニャ州の州都。「アントニ・ガウディの作品群」として世界遺産登録された「サクラダ・ファミリア」や「古い靴のある静物」で有名なジョアン・ミロの生まれた街として知られ、街の中には芸術・美術スポットが多くあります。今回はそんなスペイン・バルセロナで見ておきたい芸術・美術スポットを見てみましょう。...

観光ガイド概要

  • パブロ・ピカソの美術館「ピカソ美術館」
  • 中世から20世紀のカタルーニャ美術を展示「カタルーニャ美術館」
  • 個人美術館としては世界最大「ミロ美術館」
  • 個性的デザインの近代美術館「バルセロナ現代美術館」
  • 近代的文化センター「CAIXA FORUM」
  • 世界遺産のモデルニスモ建築「サン・パウ病院」
  • アントニ・ガウディの作品「グエル公園」
  • ガウディ初期の傑作「グエル邸」
  • 美術館から公園まで個性を楽しむ

おすすめ観光スポット

ピカソ美術館(外部サイト)
住所:Carrer Montcada, 15-23, 08003 Barcelona

カタルーニャ美術館(外部サイト)
住所:Palau Nacional, Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona

ミロ美術館(外部サイト)
住所:Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona

バルセロナ現代美術館(外部サイト)
住所:Plaza Dels Angels 1, 08001 Barcelona

カイシャ フォーラム(外部サイト)
住所:Av. Francesc Ferrer i Guàrdia, 6-8, 08038 Barcelona

サン・パウ病院(外部サイト)
住所:Carrer de Sant Quintí, 89, 08026 Barcelona

グエル公園(外部サイト)
住所:Carrer Olot 5, 08024 Barcelona, Spain

グエル邸(外部サイト)
住所:Carrer Nou de la Rambla, 3-5, 08001 Barcelona

「「バルセロナ観光で見ておきたい芸術・美術スポット8選」の続きを読む

マドリードにある世界有数の美術館「プラド美術館」

マドリードにある世界有数の美術館「プラド美術館」

長い歴史で美術の巨匠たちが残した作品が並ぶ美術館。現代に残る美術作品は作者の個性が残るものも多くあり、そこから人生のヒントを得たり芸術心を刺激されたりした方もいるのではないでしょうか。今回はそんな世界中に存在する美術館の中でスペイン・マドリードの「プラド博物館」について見てみましょう。...

観光ガイド概要

  • 世界有数の美術館「プラド美術館」
  • 名作家の銅像「ベラスケス像」
  • 宮廷の一場面が見える・ベラスケス作「ラス・メニーナス」
  • シュールな世界観が広がる・ボス作「快楽の園」
  • フランシスコ・デ・ゴヤ作「裸のマハ」
  • 服を着せた「着衣のマハ」も存在する
  • 歴史的瞬間を描いた「マドリード、1808年5月3日」
  • 1日では見終わらないボリューム

おすすめ観光スポット

プラド美術館(外部サイト)
住所:Paseo del Prado, s/n, 28014 Madrid, Spain

「マドリードにある世界有数の美術館「プラド美術館」」の続きを読む

ロシアがもっとわかる「モスクワ」の歴史。成り立ちから観光都市になるまで

ロシアがもっとわかる「モスクワ」の歴史。成り立ちから観光都市になるまで

北国ロシアの首都、モスクワ。 世界遺産に認定されているクレムリン宮殿や赤の広場をはじめ、たくさんの歴史あるスポットや観光名所が存在している大都市です。街並みを歩けばロシア風の建築が見られ、お店には英語とは違うキリル文字が書かれた看板や商品が並び、独特の雰囲気を強く感じとることができますよ。モスクワは昔からロシアの心臓部ともいえる重要な街です。今回は、そんなモスクワの歴史について紹介していきましょ...

観光ガイド概要

  • モスクワの起源は石器時代から
  • モスクワの開祖、ユーリー・ドルゴルーキー公
  • モンゴル・キプチャク=ハン国の脅威
  • モスクワ大公国の成立とモンゴルからの解放
  • 揶揄されたイヴァン・カリター
  • イヴァン3世によるキプチャク=ハン支配からの解放
  • 雷帝・イヴァン4世時代の激動の統治
  • 邪悪と予言されたイヴァン4世
  • 少年時代のイヴァン4世はどうだったのか
  • 妻を失ったイヴァン4世の暴走
  • 妻・アナスタシアを深く愛したイヴァン4世
  • イヴァン4世の暴力的な政治体制
  • 統治者がいない!? 混乱の時代
  • とだえてしまった皇帝の血筋
  • リューリク朝からロマノフ朝への変化
  • サンクト・ペテルブルク時代のモスクワ
  • サンクト・ペテルブルクへの遷都
  • ナポレオンのロシア遠征
  • 大きな犠牲をはらったモスクワ占領
  • 1812年のモスクワ占領とモスクワ大火
  • ぼろぼろになったナポレオン軍の退却
  • ふたたび首都の移転、サンクト・ペテルブルクからモスクワへ
  • ふたつの大都市、サンクト・ペテルブルクとモスクワ
  • 時代に合わせて移転した首都
  • 第二次世界大戦でのモスクワ
  • ドイツとの戦争、モスクワの戦い
  • ロシアの寒さに苦しむドイツ軍
  • 第二次世界大戦からソビエトの崩壊まで
  • モスクワの戦いと似ているあの戦争
  • 冷戦とソビエトの崩壊
  • 今もにぎわっているモスクワに遊びにいってみませんか?

おすすめ観光スポット

モスクワ(外部サイト)
住所:Moscow, Russia

「ロシアがもっとわかる「モスクワ」の歴史。成り立ちから観光都市になるまで」の続きを読む

1 2 3 4 5 6 24