19世紀の労働者のユートピアとして作られた小さな村『クレスピ・ダッダ』

「クレスピ・ダッダ」はイタリアの北西部、ロンバルディア州ベルガモ県コムーネに位置する、労働者のための理想郷としてつくられた街です。1995年にユネスコの世界文化遺産として登録されました。

クレスピ・ダッダ(Crespi D'Adda)

photo by stekia

「クレスピ・ダッダ」はイタリアの北西部、ロンバルディア州ベルガモ県コムーネのアッダ川とブレンブロ川が合流する三角地帯にあります。クレスピ・ダッダは産業革命時代の19?20世紀初めごろに綿織物工場主のクレスピという人物によってつくられました。

クレスピ・ダッダ(Crespi D'Adda)

photo by s-media

クレスピは自分の工場で働く労働者とその家族たちのために、アッダ川のほとりの自分の所有地にこのクレスピ・ダッダを建てたのです。庭と家庭菜園付の住宅や生活に必要な全ての施設が提供されるという、労働者たちにとってとても素晴らしいものでした。

クレスピ・ダッダ(Crespi D'Adda)

photo by s-media

紡績工場と道をへだて労働者たちの家や学校、病院、教会などを建て、待ちは城に住む主が全てを統治しました。“ゆりかごから墓場まで”という言葉の通り、国家の社会保障よりも厚く、労働者たちの生活を支えてくれました。

クレスピ・ダッダ(Crespi D'Adda)

photo by pinimg.com

産業革命当時、機械を用いた大量生産の技術がイタリアにも広がりました。イタリアでも労働者たちの生活水準はとても低く、労働環境は劣悪なことがほとんどでした。そんな中で、この「クレスピ・ダッダ」の取り組みや斬新な街の設計は、近代の工業都市として世界で初めての試みでした。

クレスピ・ダッダ(Crespi D'Adda)

photo by pinimg.com

そして1995年にユネスコの世界遺産会議において、「クレスピ・ダッダ」は“南ヨーロッパにおいて、最も完全かつ、良好な状態で保存されている工員村現象の貴重な例”として世界文化遺産に登録されました。

クレスピ・ダッダ(Crespi D'Adda)

photo by pinimg.com

「クレスピ・ダッダ」を歩いてみると、古い鉄の橋や、中世を思わせる煉瓦色の古い美しい城、規則正しく並んだ可愛らしい家を当時のままに見ることができる。当時の労働者や子どもたちの息遣いが聞こえてきそうな雰囲気です。

クレスピ・ダッダ(Crespi D'Adda)

photo by s-media

クレスピが造り上げた施設からは、労働者への思いやりのある配慮と、経営者・雇用主としての強い理念が感じられ、その志の高さに胸をうたれます。イタリアを訪れた際にはぜひ「クレスピ・ダッダ」を訪れてみてください。

クレスピ・ダッダ(Crespi D’Adda)への行き方


大きな地図で見る

クレスピ・ダッダへ行くにはまず、ミラノを目指します。ミラノまでは成田から直行便でおよそ12時間30分で行くことができます。ミラノからはメトロ2に乗車し、終点のジェッサーテ(Gessate)まで行きます。そこからバスに乗り換え、トレッツォ(Trezzo)で下車します。またはミラノからタクシーでおよそ30分ほどで行くことができます。 ベルガモ市内からはタクシーで約20分です。

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

イタリア
ヨーロッパ

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

ユニークな税を導入したものからを持つものから暴君まで・個性的な歴代ローマ皇帝まとめ
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコースならこれ!3選
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
イタリアの観光名所が目白押し?!夫婦の離れた心の変化を描いた映画『イタリア旅行』をご紹介
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選