モルダヴィアン・ブルー際立つフレスコ画 8つの協会が集う『モルダヴィアの教会群』

12の協会が林立するモルダヴィア北部、そのうちの8つの協会が現在世界遺産として登録されています。協会の数だけでなく、環境客の目を奪うのはその壁面に描かれた美しいフレスコ画と、鮮やかなブルーです。侵略の歴史から生まれたモルダヴィアの協会群について紹介します。

モルダヴィアの教会群(Churches of Moldavia)

worldheritage

ルーマニアのモルダヴィア北部にあるスチャヴァ県に位置する、8つのルーマニア正教会のことを総称して、モルダヴィアの教会群と呼び、1993年に世界遺産に登録されています。協会の外壁には、キリストの受難と復活、オスマン帝国との戦争を描いた、ビザンティン様式の色鮮やかなフレスコ壁画で埋め尽くされています。

モルダヴィアの教会群(Churches of Moldavia)

flickr.com

これらの協会は、1487年から1583年の間に作られたとされており、15世紀後半にモルダヴィア地方にあったモルダヴィア公国の建造物です。公国は、オスマン・トルコの攻撃に耐え、多くの宗教建造物をこの地に残しました。協会の壁画は、キリストの受難と復活を、オスマン帝国の攻撃にさらされた自分たちの運命と重ねたものだと言われています。

モルダヴィアの教会群(Churches of Moldavia)

500px.com

1993年に「モルダヴィアの教会群」として世界遺産に登録されたのは、前駆授洗イオアン斬首教会、生神女就寝教会、生神女福音教会、パトラウツィの聖十字架教会、プロボタ修道院、聖ゲオルゲ教会、ヴォロネツ修道院の7つの教会でしたが、2010年には復活教会がさらに拡大登録され、現在では8つの協会が登録されています。

モルダヴィアの教会群(Churches of Moldavia)

facebook.com

モルダヴィアの協会を飾るフレスコ画の特徴は、「モルダヴィアン・ブルー」と呼ばれる鮮やかな青色にあります。壁画が描かれて450年以上の時が経ちますが、今も鮮やかな青色を保ち続けています。特に聖ゲオルギ協会にはモルダヴィアの壁画で最高傑作と言われる「最後の審判」があります。

これらの協会は、モルダヴィア公国がオスマン帝国の進攻を退けるたびに、勝利を記念して新たな修道院を建造したことで出来上がりました。現在は12の協会が林立しています。その中でも、プロボタ修道院は、日本のユネスコ信託基金により、1996年から5年の歳月をかけて保存修復事業が行われた日本となじみ深い協会でもあります。

モルダヴィアの教会群(Churches of Moldavia)

odditycentral.com

モルダヴィアを訪れたのなら、是非オススメしたいのがワインです。モルダヴィアのワインは名産品として知られており、日本にも輸入されています。ルーマニアでよく食べられているミティティ(肉団子)やグヤーシュ(パプリカの煮込み料理)等と併せて、協会の景色を楽しみながらワイングラスを傾ける贅沢を味わえます。

モルダヴィアの教会群(Churches of Moldavia)

pinterest.com

モルダヴィアの教会群は、豊かな自然とそこに位置する数々の協会、そして壁面の鮮やかな色彩が見事に調和しています。イスラム教徒からの侵略に備え、戦う当時の人々の苦悩とともに、豊かな土地から育まれる豊かな自然と食を楽しむ当時の人の生活が垣間見えます。フレスコ画に囲まれた協会は、今も暮らしの中心にあり、今に生きる世界遺産なのです。

モルダヴィアの教会群(Churches of Moldavia)への行き方

現在、日本とルーマニアを結ぶ直行便はなく、最低一度は乗り換える必要があります。
フライト時間の目安は、乗り継ぎ時間も含め14時間40分~20時間。
日本を午前に出発し、ウィーン、フランクフルト、イスタンブールなどの都市で乗り継げばその日のうちにブカレストに到着できます。また、モスクワからも便が出ています。
ブカレストからは列車で7時間、または飛行機で1時間で、スチャバという街に行き、そこを基点に教会群をめぐることができます。
スチャバのホテルやホステルでは、たいてい教会群めぐりのプライベートツアーを組んでくれます。
車でしか行けない教会もあるので無理して自力で回るより、こういったツアーに参加するのがお勧めです。

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

ヨーロッパ
ルーマニア

関連記事を見る

ヨーロッパの記事を見る

絶対行きたい!「麗しきヨーロッパの古城・宮殿」選りすぐり9選!
どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
北欧の大国スウェーデンで出会う歴史ある重厚な建造物たち
運河と風車と教会が彩るオランダの歴史的スポットを巡る
スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
ユニークな税を導入したものからを持つものから暴君まで・個性的な歴代ローマ皇帝まとめ
そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」