次の旅行で行きたいヨーロッパのおすすめ世界遺産36選

ヨーロッパには、人気の世界遺産モンサンミッシェルやイタリアのヴェネチアをはじめ沢山の絶景スポットが数多くあります。今回は、皆様からのアクセスやinstagram等のLIKEが多かった世界遺産のなかから、景色の美しさも加味してランク付けをしました。


世界遺産の街並み・歴史地区はここ!

#2 ポーランド・ワルシャワ歴史地区

ポーランド・ワルシャワ歴史地区

image by iStockphoto / 83966925

第二次世界大戦で街の大半が破壊されてしまったものの、破壊される前の街並みが地元民によって復元されました。
この「復元」が評価されての世界遺産登録ということで、人々が忘れてはいけない大戦の記憶と、ワルシャワに住む人々の息遣いまで感じる絶景です。

#4 リガ歴史地区/ラトビア共和国

リガ歴史地区/ラトビア共和国

image by iStockphoto

バルト三国はそれぞれ首都に歴史地区を抱えており、それぞれエストニアのタリン歴史地区、リトアニアののヴィルニュスの歴史地区がありますが、個人的にはリガ歴史地区が一番美しいのではと感じます。

ドイツらしさを感じる建築物には、実際にドイツ人が町の基礎を作ったドイツの歴史があります。

#5 ウイーン歴史地区/オーストリア

ウイーン歴史地区/オーストリア

image by iStockphoto / 85365411

音楽と芸術の都、ウイーン。
1282年にハプスブルク家の支配下に入り、その領土の拡大に伴いウイーンの街に貴族文化が栄えることになったのがはじまり。
数々の宮殿や寺院のほか、今日ではカフェなども多く運営され、観光スポットとしての完成度の高さにも定評があります。

#7 プラハ歴史地区/チェコ

プラハ歴史地区/チェコ

プラハは、10世紀半ばにはすでに外来商人で賑わう交易地として栄えていました。
またドイツ系民族の移住も進み、ドイツ文化が浸透します。
12世紀頃には、人口が一万人にも及ぶアルプス以北にあるヨーロッパで最大級の都市に成長しています。

11世紀から18世紀にかけての歴史的建築物の数々が登録されており、長きに渡り文化が栄えた都市です。

#8 ヴィルニュスの歴史地区/リトアニア

ヴィルニュスの歴史地区/リトアニア

バルト三国のリトアニアからヴィルニュスの歴史地区がランクイン。
旧市街としてはヨーロッパ最大規模で、大聖堂に教会に見どころたっぷり!丘の上からこのヴィルニュスを一望できるスポットがあります。

#10 フィレンツェ歴史地区/イタリア

フィレンツェ歴史地区/イタリア

image by iStockphoto / 68929297

美しい都市の代名詞のようなフィレンツェ。
花の都とも呼ばれておりルネッサンス建築物や彫刻などの芸術作品が数多く残る街です。
フィレンツェの中心を悠々と流れるアルノ川、中世から時が止まっているかのような街並みなど見所の多い「フィレンツェ歴史地区」は死ぬまでに絶対行きたい都市のひとつ!

#11 バチカン市国

バチカン市国

絶景、観光度、そして世界遺産としての内容、あらゆる点で圧倒しているバチカン市国がランキング1位です。
いまは世界一小さい国となっていますが、その歴史はとてもコンパクトなものではありません。

国全体が世界遺産となっているバチカン市国。
ぜひローマ歴史地区とあわせて散策してください。

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

ヨーロッパ
絶景

関連記事を見る

ヨーロッパの記事を見る

絶対行きたい!「麗しきヨーロッパの古城・宮殿」選りすぐり9選!
どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
北欧の大国スウェーデンで出会う歴史ある重厚な建造物たち
運河と風車と教会が彩るオランダの歴史的スポットを巡る
スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
ユニークな税を導入したものからを持つものから暴君まで・個性的な歴代ローマ皇帝まとめ
そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」