アクロポリスの下に位置する活気あふれる旧市街『プラカ地区』

アテネの中で最も美しい地区と言われる「プラカ地区」。パルテノン神殿がそびえ立つアクロポリス(小高い丘)の北にあり、多くの観光客で賑わう人気のエリアです。今回は、ギリシャのプラカ地区をご紹介したいと思います

プラカ地区(Plaka)

出典:pinimg.com

迷路のような入りくんだ路地が特徴のプラカ地区。この地区はギリシャ独立戦争以前は当時支配していたオスマン帝国の総督府があったことから「トルコ人地区」と呼ばれていたそうです。戦争で人がまばらになったこの地区に再び人が戻り始めた頃からプラカ地区と呼ばれるようになったそうです。

プラカ地区(Plaka)

出典:pinimg.com

名前の由来はよくわかっていませんが、当時この地区にはアルバニア語の方言を話すArvanitesの人々が多く居住しており、その人たちのPliak Athena(古いアテネ)という言葉からPlaka(プラカ)と呼ばれるようになったのではないかという説があるそうです。

プラカ地区(Plaka)

出典:pinimg.com

1970年代にはナイトクラブがひしめく騒がしい通りだったそうですが、時の政府が音声増幅器による音楽を法律で禁止したために、現在のようなレストランやカフェ、お土産物屋さんなどが連なるエリアに変わっていったそうです。

プラカ地区(Plaka)

出典:tourispot.com

この地区には多くの遺跡や博物館もあります。そのなかでも2009年にオープンした比較的新しいアクロポリス博物館はアクロポリスから発掘された青銅器時代、古代ギリシャ時代、ローマ帝国時代の工芸品などを見ることができます。

プラカ地区(Plaka)

出典:static.flickr.com

また19世紀まで使用されていたというローマンアゴラやアドリアヌスの図書館などの遺跡も人気のスポットです。

プラカ地区(Plaka)

出典:pinimg.com

プラカ地区はアテネの街の中で唯一電線や電話線、ケーブルテレビなど公共の全ての線が地中化されているそうです。町をあげて美しい地区を保存しようと頑張っているのですね。旅行者にとっても電線や電信柱のない地区は見た目にも美しいし、写真を撮るときにもうれしいですね。

プラカ地区(Plaka)

出典:touropia.com

プラカ地区、いかがでしたか。パルテノン神殿の見学の後の休息および散策にぴったりの場所ですね。ぜひお天気の良い日に街歩きを楽しんでみてください。

プラカ地区(Plaka)への行き方

日本からアテネへの直行便はないため、ヨーロッパや中東各都市を経由してアテネ国際空港へ向かいます。空港からアテネ市街地へは約20キロ。地下鉄(3号線)に乗りMonastiraki駅で降りるとそこからは徒歩でプラカ地区まで行くことができます。空港からはバスや電車なども出ています。

関連記事を見る

お土産の記事を見る

飛騨高山のお土産ランキングTOP19 地元民に聞いた伝統グルメ&雑貨はこれ!
グルメもフォトジェも観光も全部ギュッと凝縮!今年の女子旅はベトナムホーチミンに決定
ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
浅草グルメ18選!実際に1週間かけて実食&徹底レビュー
安曇野で行きたい観光スポットはココ!定番から地元で人気のお洒落カフェ、穴場まで【長野県】
【沖縄お土産】もう迷わない!全部食べて決めた沖縄土産ランキングBEST30
山梨県の金精軒へ「水信玄餅」を食べに行こう!実際に行ってみた
福島の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
【愛知お土産】地元民が選ぶ!スイーツから味噌まで愛知県のお土産28選
徳島県のこだわりお土産23選。グルメからスイーツまでこれでもう迷わない!
【表参道のお土産・手土産】おしゃれな街ならではのスイーツ目白押し。おすすめお土産10選
原宿のお土産ならこれ!絶対外れないスイーツ&雑貨のお土産10選