白い一軒家が様々な憶測を呼ぶ絶景の島『エトリザエイ島』

アイスランドの南側の海に浮かぶヴェストマン諸島に一面の緑の上にポツンと白い一軒家が建つなんとも美しい島があります。この島の名はエトリザエイ島。今回はこの島にスポットを当ててみたいと思います。


南側の海に浮かぶ火山の噴火でできた島

アイスランド・ヴェストマン諸島には約15の島があり、その全てが海底火山噴火でできたものだそうです。
エトリザエイ島はその中でも3番目に大きな島で、野鳥の生息場所として知られています。

無人島となってしまった島

この島には300年にわたり、ニシツノメドリを仕留めたり、漁業、牧畜をしながら5世帯の家族が生計を立てていました。
しかしこのような孤島での生活は決して楽なものではなく、1930年には全ての人がこの島を去り無人島になりました。

無人島に様々な憶測が飛び交う

ここ数年、インターネットでこの島の写真を見た人々の間で、「アイスランド出身の歌手ビョークが彼女の功績をたたえて政府からプレゼントされたもの」だとか、「どこかの億万長者が購入して家を建てた」とか、「ある宗教団体の秘密の活動場所」などと様々な憶測が飛び交っていました。

白い家の正体は狩猟小屋だった

しかし、どれも憶測に過ぎなかったようで、この白い家の正体は、地元の狩猟協会のものとのことです。
ツノメドリの狩猟の時期に使われるようで、電気は通っていないようですが、中にはサウナがあり狩猟で疲れた体をリフレッシュすることができるそうです。

鮮明なオレンジが特徴的なニシツノメドリ

この島に生息するニシツノメドリは、冬の間は外洋で過ごし、春から夏にかけての繁殖期になると海に面した断崖の上に巣を作るそうです。
アイスランドでは、ニシツノメドリはジビエ(狩猟料理)の一種として食されています。

ボートで上陸して散策が可能

エトリザエイ島へはヴェストマン諸島で唯一居住者がいる島、ヘイマエイ島からボートツアーがでています。
なんと、島に上陸し、散策することができるそうです。
ただし狩猟協会の建物は協会の会員の方のみしか入れないそうです。

人を寄せ付けないからこそ美しいままのエトリザエイ島

エトリザエイ島、いかがでしたか?見るのは美しいですが、住むのは大変そうですね。
現在居住者がいないというのも頷けますね。

関連記事を見る

アイスランドの記事を見る

「火の島」アイスランド、首都レイキャヴィークから奇岩の南海岸へ
美しすぎるダイビングスポット『シルフラ』。世界中のダイバーを虜にするアイスランドの湖
絶景の宝庫アイスランドの中でも特に行きたい「グリンダヴィーク」の魅力
火山と共に生きる。世界一の環境先進国アイスランドから学ぶ5つのこと
アイスランドの絶景37選!写真を見たら、行きたくなりますよ!
【絶景動画】うっとり…氷の国は絶景が一際美しい!
アイスランドの小さな島に、世界で一番人目に付かない謎めいた家があった!
美しすぎる!アイスランドなのに温泉?青の楽園ブルーラグーン
アイスランドの自然は美しいだけでなく厳しい…それでも旅したい絶景
大迫力!地球の鼓動を感じる…アイスランドの火山絶景まとめ
壮大で凍てつくような海を見てたら悩みも消えそう…アイスランドの「iceberg beach iceland」
私の人生観を変えたアイスランドでの10日間