スロベニアにあるもっとも古いカルスト地形の洞窟『シュコツィアン洞窟群』

スロベニアの首都リュブリャナから南西へ約80kmほどのところに「シュコツィアン洞窟群」があります。日本ではあまり知られていませんが、一度は行っておきたいほど有名な世界自然遺産です。ちなみにスロベニアはイタリア、オーストリア、ハンガリー、クロアチアに隣接している国です。






一度は行っておきたい世界遺産「シュコツィアン洞窟群」

1986年に世界遺産に登録されたスロベニア・カスト地方の最も古いカルスト地形の洞窟で、1万年以上前から人類が生活していたあともあり、考古学的な出土品が多く発掘されている場所です。

水の浸食によってできた洞窟

このあたりのクラス地方の地名「クラス」が、カルスト地形「カルスト」の語源になったそうで、このカルスト地形とは、水の浸食によってできる地形のことで、水に溶けやすい岩石などの多い場所がこのように変化します。

地球の穴に水が流れ込む?

この洞窟を流れているのがレカ川で、山の上から流れてきた水が、地表から深さ約160mの洞窟内の鍾乳洞の天井にあいた穴から流れ込む様子は地球の穴に流れ込んでいるかのようで神秘的です。

様々な自然が凝縮

この洞窟は長さ約6キロ、深さ(高さ)200m以上もあり、川や滝、地底湖、巨大な陥没孔のドリーネなどがあり、その自然現象がつくった自然美の素晴らしい光景は必見です。






2時間の洞窟体験

「シュコツィアン洞窟群」の中は個人での自由見学はできないので、必ずガイド付きのツアーとなり、洞窟の説明を受けながら約2時間ほど歩きます。
洞窟内を歩くので、歩きやすく動きやすい服装で行くことをおすすめします。

神秘的な景観についた名前

洞窟の内部では、鍾乳洞や鍾乳石などで自然にできたとは信じ難い、神秘的なものを見る事が出来ます。
その中でも「ルドルフ大聖堂の石灰段丘」や「大広間」、「沈黙の洞窟」などの、その景観にあった名前が付けられていてなかなか面白いです。

大自然を気軽に体感できる立地

「シュコツィアン洞窟群」は古くから川や雨水の浸食でできた、本当に神秘的な洞窟です。
洞窟内だけでなく、まわりの地上の素晴らしい風景もお見逃しなく。
また、わりと交通の便もいいので、国内外の旅行者の人気の場所になっています。
Ayuka

Writer:

横浜市在中で、旅行と寝ることとおいしいものが大好き♡みなとみらいの万葉倶楽部の裏・港側にある芝生でごろごろ過ごすのが好きです。 instagram も更新しているので、よかったらフォローしてください。@wondertrip.jp

この記事のカテゴリ

スロヴェニア
ヨーロッパ

関連記事を見る

スロヴェニアの記事を見る

スロヴェニア観光なら次はここ!「ポストイナ」で見たい絶景10選
スロヴェニアの美しい絶景湖、「ブレッド」の景観
写真が捉えた陽光が降り注ぐスロベニアの田園地方
中世の街並みで大人の旅を「スロベニア・リュブリャナ」で見たい観光スポット5選
【絶景動画】スロベニア、ヴィントガー渓谷からの眺めは息を呑むばかり…
日の光を撮影してみたら…あなたにはどのように見え、どう感じますか?