摩訶不思議!90度に曲がった奇妙な木々『クシュヴィ・ラス』

ポーランドにある「クシュヴィ・ラス」は「曲がった森」という意味で、場所はドイツの国境沿いの森です。この森の木々は同じ方向に90度に曲がって成長しており、その姿はとても奇妙な光景です。


曲がっているのは一部の木のみ

ポーランド国内ですが場所的にはドイツの側。
ドイツのベルリンから北東へ約140㎞ほどのところにあります。
ちなみにポーランドの首都ワルシャワからは約540㎞。
この森のほとんどが松の木ですが、すべての木がこのように曲がっているわけではないので、何かの目的のために曲げたのか、摩訶不思議です。

なぜこんな形になったのでしょう

「クシュヴィ・ラス」には約400本もの曲がった松の木があり、その昔のドイツ領域だった1930年に植えられそうです。
なぜこのように曲がった形になったのかという、はっきりとした原因はまだ分かっていないようです。

例えば自然の威力で?

それでもいくつかの原因が挙げられるようで、この土地の厳しい冬の自然環境、例えば暴風雪などでこの場所にある木々だけが曲がってしまったのか、まっすぐの木もあるのでちょっとこの説には無理があるようですが。

人為的に?

有力なのはこちらの説で、人の手で造船に利用するために曲がった木が必要で、若木のを紐などで木を地面へ向かって引っ張って湾曲した木になるようにしたというものです。
また、家具の製造のためという説もあります。

曲がった理由を考えながら散策してみてください

「クシュヴィ・ラス」の松の木たちはなぜ曲がったのか、この真相が今でも分からないところがとても奇妙です。
ですが、その原因を考えながらこの森を散策するのは楽しいかもしれません。

まるでどこかに紛れ込んだかのうような気分に

それでも真相はどうであれ、森の中で目の前の400本もの木々が同じ方向に、同じような角度で曲がっているとしたら、ドキッとすると同時に未知の場所に紛れ込んだような、わくわく感でいっぱいになりますね。

非現実的な世界に、ぜひ

ドイツ旅行でベルリンを訪れる予定なら、ぜひ旅程にいれてみてはいかがでしょう。
国境を超えて車で2時間弱のところなので日帰り可能かと思います。
こんなミステリアスな森は一度は訪れてみたい場所です。
Ayuka

Writer:

横浜市在中で、旅行と寝ることとおいしいものが大好き♡みなとみらいの万葉倶楽部の裏・港側にある芝生でごろごろ過ごすのが好きです。
instagram も更新しているので、よかったらフォローしてください。@wondertrip.jp

この記事のカテゴリ

ポーランド
ヨーロッパ

関連記事を見る

ポーランドの記事を見る

【ポーランド観光の前に知りたい】戦災被害から再建を果たした国、ポーランドの歴史的スポット11選
【ポーランドの世界遺産】激動の歴史に翻弄された国の世界遺産一覧
ポーランド観光なら次はここ!「トルン」で見たい絶景10選
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
ポーランド観光なら次はここ! 「ワルシャワ」で見ておきたい博物館8選
中世の大国、ド根性な不死鳥の国!ポーランド不屈の歴史
中世の佇まい残す・緑豊かな地方都市「ポーランド・ルブリン」の観光スポット4選
ポーランドのカラフルな都市「グダンスク」で見られる魅力的な観光スポット8選
戦争が造ったポーランドの負の遺産「アウシュヴィッツ-ビルケナウ」の歴史
大貴族が愛したイタリア・ルネサンスの美しい町並みを誇るポーランドの理想都市ザモシチの歴史
偉大な天文学者コペルニクスの生まれ故郷!ポーランドトルンの歴史