断崖にそびえ立つ美しすぎる教会『サンミッシェルデギレ礼拝堂』

その姿を目にした誰もが驚く"断崖絶壁"孤高の礼拝堂―――サンミッシェルデギレ礼拝堂は、高さ82mの火山岩からなるサンミッシェル岩山の頂上に建つ、ロマネスク様式の礼拝堂です。 今回は、そんなフランスのサンミッシェルデギレ礼拝堂についてご紹介いたします。

06

photo by gotravel

サンミッシェルデギレ礼拝堂は、フランスの中南部オートロアール県のなだらかな盆地に位置する街、ルピュイにあります。
そんなに大きな街ではありませんが、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路として1998年に街全体が世界遺産となったこともあり、世界中から多くの観光客が足を運びます。

02

photo by amazingplacesonearth

周りの街並みから突出する高さを誇っているため、まるで青空の中にぽっかり浮かんでいるようにも見えるサンミッシェルデギレ礼拝堂。
その圧倒的な存在感は、ルピュイの街を神秘的な空気で満たします。

03

photo by tbodybuilding

それでいて街と見事に調和する、この不思議な礼拝堂には訪れる誰もが釘付け。
日本にいてはなかなかお目にかかることのない、赤い屋根と白壁で統一された美しい街並みも見どころです。

04

photo by exblog

ひとたび足を踏み入れれば、そこにはかつての色鮮やかさを彷彿とさせるフレスコ画の数々が。
サンミッシェルデギレ礼拝堂が建てられたのは10世紀。
当時の面影を今に伝える壁一面のフレスコ画は、礼拝堂中心部の真上のものが最も保存状態のよいものだそうです。

05

photo by exblog

そんなフレスコ画にぐるっと周りを囲われているステンドグラスも、うっとりとため息をついてしまいそうなほどの美しさ。
色とりどりの宝石のようなその輝きは、外からの自然光を受けてひときわ鮮やかに光を放ちます。

00

photo by fineartamerica.com

夜のサンミッシェルデギレ礼拝堂も見逃せません。
ライトアップされてさらに幻想的なムードを増した佇まいは、まるで童話のワンシーンのよう。

08

photo by flickr

雪の降り積もる季節をはじめ、訪れる時期や時間によっても異なる表情を見せてくれるサンミッシェルデギレ礼拝堂。
一度訪れればその後も幾度となく足を運びたくなる不思議な魅力の持ち主に、あなたも会いに行ってみませんか?

サンミッシェルデギレ礼拝堂(Chapelle Saint-Michel d’Aiguilhe)への行き方

日本からフランスのリヨンまで飛行機で約16時間(パリでの乗り継ぎ時間を含む)
リヨンからはフランス国鉄の高速列車(TGV)でサンテ・ティエンヌへ約2時間。
そこから在来線に乗り換え、1時間半ほどでルピュイに到着です。
ルピュイからは市バスかタクシーを利用するとよいでしょう。

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

フランス
ヨーロッパ

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【元住民が解説】ルーヴル美術館の観光完璧ガイド