ウィーンのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選


バートイシュルの住所・アクセスや営業時間など

名称バートイシュル
名称(英語)BAD ISCHLER
住所Steinkogelstr. 30, 4802 Ebensee
営業時間・開場時間販売店舗による
利用料金や入場料BAD ISCHLER salt mixed with garlic:2.59ユーロ / BAD ISCHLER 7 Herbs Salt:3.19ユーロ
参考サイトhttp://www.badischler.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バートイシュルのスポットページ

#17 ウィーン土産の定番!「ヨハンシュトラウス ウエハース」


[オーストリアお土産] ヨハンシュトラウス ウエハース 1箱 (海外 みやげ オーストリア 土産) | ウエハース 通販

[オーストリアお土産] ヨハンシュトラウス ウエハース 1箱 (海外 みやげ オーストリア 土産) | ウエハース 通販

ウィーンで活躍した作曲家、ヨハンシュトラウス作曲の「美しき青きドナウ」にちなんだパッケージが人気です。

image & description by Amazon

Amazonで見る

ヨハンシュトラウスの名曲「美しき青きドナウ」にちなんだパッケージが目印のウエハースは、ヘーゼルナッツのクリームとサクッと軽いウエハースが人気の一品。ウィーン土産の定番として親しまれています。何を買おうか迷ったら、買っておいて間違いなし!

マナーの住所・アクセスや営業時間など

名称マナー
名称(英語)Manner
住所Stephansplatz 7 Ecke Rotenturmstraße A-1010 Vienna
営業時間・開場時間10:00-21:00
利用料金や入場料Manner Original Neapolitan Wafers 4 pcs: 2.99ユーロ
参考サイトhttp://josef.manner.com/en
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マナーのスポットページ

#18 他では味わえない!現地の人も勧める「アプリコットジャム」

オーストリア北部ヴァッハウ地方では、美味しいアプリコットジャムが作られています。ウィーンを訪れた際にも、ジャムを目にすることがあるかと思いますが、ぜひ、農家で作られたアプリコットジャムをおすすめします!

Bio Imkerei Loidlの住所・アクセスや営業時間など

名称Bio Imkerei Loidl
名称(英語)Bio Imkerei Loidl
住所Doris und Gerhard LOIDL 3552 Dro゚, Dro゚erstra゚e 297 AUSTRIA
営業時間・開場時間施設による
利用料金や入場料Wachauer Bio Marillenmarmelade 250g: 5.50ユーロ
参考サイトhttp://www.bioimkereiloidl.at/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Bio Imkerei Loidlのスポットページ

#19 女性だったら一度は着てみたい?「ディアンデル」

オーストリアの民族衣装「ディアンデル(Dirndl)」は、エプロンが付いたワンピース(スカート)のこと。民族衣装だけあり、どことなくカントリーな可愛さのあるものが主流ですが、中には、ドレッシーなデザインの物も売られています。現地で調達して、すぐさま着て出かける、なんて観光客も少なくなく、お土産としても人気。ちなみに、男性用は、レーダーホーゼン(Lederhosen)というズボンになります。

#20 オーストリアの特産品を使用した「ハニーアップルビネガー」


[オーストリアお土産] シシィ ハニービネガードリンク (海外 みやげ オーストリア 土産) | お酢飲料 通販

[オーストリアお土産] シシィ ハニービネガードリンク (海外 みやげ オーストリア 土産) | お酢飲料 通販

オーストリア特産のハチミツとアップルビネガーを使用。水や炭酸、アルコールで割って飲むのはもちろん、ドレッシングとしてもお楽しみください。

image & description by Amazon

Amazonで見る

シシィのハニービネガードリンクは、お酒・炭酸水で割って飲んだり、ドレッシングにしたりと重宝する、飲むビネガーです。オーストリア特産のリンゴ酢とハチミツの絶妙な組み合わせが人気の一品。酢は体に良いことから、男女問わずお土産としても人気。


さあ、ぴったりのお土産を探しに出かけよう!

ウィーンのお土産ならこれ!という事で、数ある商品の中から厳選した、お土産にぴったりの20の商品をご紹介してまいりました。どんなものを誰に贈ろう?なんて、考えるのも楽しいものですが、自分へのお土産も忘れずに!
photo by PIXTA

cafe

Writer/Editor:

主婦、二児の母。文章を書くことが好きで、ライターというお仕事を通して様々な知識を蓄え中。私が世界で一番住んでみたいところは、絵本の世界のような、フランスのコルマール。いつの日か、コルマールのような素敵な街に移住するぞ!という夢をみながら、世界中の街を知るためネットサーフィンするのが趣味。そんな私の記事が、1人でも多くの方の旅の参考になれば幸いです。

この記事のカテゴリ

オーストリア
お土産
ヨーロッパ

オーストリアの記事を見る

華麗なる一族の夏の離宮「シェーンブルン宮殿」を徹底解剖!見逃せないスポット&観光情報まとめ
モーツァルトの面影を求めて。音楽に彩られた町「ザルツブルク」の見どころ
ウィーンで見れる美しい街並みと絶景10選
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
アルプスの山々に囲まれた美しいオーストリアの『チロル地方』
美しい庭園と泉はいつから?シェーンブルン宮殿の歴史
戦火に見舞われながら復活した、ウィーン国立歌劇場 (国立オペラ座)の歴史
オーストリア・ウィーンに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選
オーストリア・ウィーンに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選
有名音楽家が集う国際的音楽祭の街「オーストリア・リンツ」で見ておきたい観光スポット4選
古き良き伝統を重んじる街、オーストリア・インスブルックの今すぐ行きたい理由
【旅行体験記】ヨーロッパ尽くし!5か国の楽しい個性の物語in ドイツ、チェコ、オーストリア、ハンガリー、フランス

おすすめ記事を見る