世界最大級の荘厳の氷の洞窟『アイスリーゼンベルト』

観光用に入れる氷の洞窟としては世界最大の大きさを誇るアイスリーゼンベルト。ここではそんなオーストリアにある巨大洞窟アイスリーゼンベルトについてご紹介します。


氷の洞窟アイスリーゼンベルトは、オーストリアのザルツブルグの南にあるホーホコーゲル山の標高1641km付近に位置しています。
洞窟は1879年にザルツブルグの研究者に発見されました。当時、地元の人々の間では地獄への入り口ではないかと恐れられていたそうです。
アイスリーゼンベルトはその名も「巨大な氷の世界」という意味。大きさなんと全長約42kmにも及びます。フルマラソンの距離ほど続く大迷宮です。
とても標高の高いところにあるこの洞窟内は、冬はマイナス25度まで冷え込み、夏でも最高で5度までしか上がりません。長い年月をかけて氷解と氷結を繰り返してできた氷の芸術品は、今でも絶えず変化を続けています。

神秘的な美しさと同時に、人知では計り知れない畏ろしさを感じます。昔の人々が恐れたのも納得です。
自然の力が作り出したこの造形美、このスケール。人間の小ささを感じずにはいられません。
ウィーン、ザルツブルグといった人間の手による芸術的な街が有名なオーストリアですが、人間には創り出せない、この幻想的な氷の世界も是非訪れたい必見のスポットです。

アイスリーゼンベルト(独語Eisriesenwelt、英語World of the Ice Giants)への行き方

関連記事を見る

オーストリアの記事を見る

ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
パプスブルク家の悲しみの皇妃!「バイエルンのバラ」と称された、最後の皇妃エリザベートの物語
西洋音楽史上で最も偉大な音楽家「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」の生涯・エピソード
初めてのウィーンを旅行するなら必見!ハプスブルク家の足跡を巡るスポット7選
しきたりも人も大嫌い!だけど絶世の美女・皇妃エリザベート
オーストリア「インスブルック」観光で是非とも見たい歴史的スポットあれこれ
ウィーンの観光で是非とも見たい歴史スポットあれこれ
「国母」として16人の子どもを生んだマリア・テレジアの歩んだ歴史
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
オーストリア観光なら次はここ!「クラーゲンフルト」で見たい絶景10選
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった