まるで宮殿で動物を飼っているみたい!オーストリアの「シェーンブルン動物園」が想像以上に宮殿でした

今回は、オーストリアにある「シェーンブルン動物園」をご紹介します。世界最古と言われる動物園ってどんなところなんでしょうか?動物園の歴史を現在の写真と動画を交えてご紹介します。


シェーンブルン動物園とは?

オーストリアの世界遺産「シェーンブルン宮殿」の敷地内にある動物園「シェーンブルン動物園」は「ウィーン動物園」とも呼ばれています。
元々は帝国の小動物園として造られた、世界で最も古い動物園。
園内にはどころどころ「宮殿」っぽい建物がそのままになっています。
写真に写る人々の後ろに見える建物は、宮廷の朝食パビリオン。
現在はカフェレストランとして使用されています。

1540年にはすでに小さな動物園が存在していたが、完成してから市民に公開されたのは1779年になった。
当初、入園料は必要なかった。
wikipedia

シェーンブルン動物園の住所・アクセスや営業時間など

名称 シェーンブルン動物園
住所 Maxing Strasse 13b, 1130 Wien
営業時間・開場時間 4月から9月は9:00~18:30。11月から1月は9:00~16:30。2月は9:00~17:00。3月と10月は9:00~17:30。
利用料金や入場料 大人は18.50ユーロ。子供は8ユーロ。 団体は14.50ユーロ。6歳未満の子供は無料。
参考サイト http://www.zoovienna.at/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シェーンブルン動物園のスポットページ

規模も大きく緑に囲まれたロケーション

シェーンブルン動物園は1752年に、神聖ローマ帝国皇帝でありマリア・テレジア(マリー・アントワネットの母)の夫であったフランツ1世がアドリアン・ファン・シュテークホーフェンに命じ、シェーンブルン宮殿の隣に造った、と紹介されていることが多いのですが、シェーンブルン宮殿の裏側、と言うのが妥当でしょうか?かなり広い敷地にあり、緑に囲まれ、動物にとっては最高のロケーションです。

上から見ると切り分けたケーキのような形が特徴

パンフレット絵図を見ると一目瞭然なのですが、動物のいる飼育場は、帝国の朝食パビリオンを中心に、放射線状に13枠、ちょうど切り分けたケーキのような形に集められています。

ウィーンの最先端をゆく存在だった動物園

神聖ローマ帝国皇帝ヨーゼフ2世が、動物園で飼育する動物を捕まえるため、アフリカとアメリカに遠征隊を派遣し、 1828年に初めてキリンが到着したそうです。
すると、その影響で、服やアクセサリー等のデザインにキリンの模様や形が取り入れられて、ウィーンに「キリン」ブームが起きたと言われています。
ということは、その後も、新しい動物が来るたびに、その動物の柄が流行ったのですかね。

第一次世界大戦、その他困難があった時代も

第一次世界大戦が始まった頃、動物園は712種、3500個体を飼育していましたが、 大戦中は食料供給が減ったため、動物が次々に死んでしまい、900個体にまで減ってしまいました。
第一次世界大戦後、オーストリア=ハンガリー帝国が解体された際に、シェーンブルン動物園はオーストリア共和国の管理下に入りました。

第二次世界大戦では、1945年2月19日と21日の爆撃により、動物園は多大な被害を受けた。
多くの建物が破壊されて動物が死に、個体数は400にまで減少した。
新しい園長のユリウス・プラヘトカ博士は、なんとか動物園を復旧した。
 wikipedia

シェーンブルン動物園は、戦争による被害からの復旧などの困難のみならず、1980年代に財政危機に陥ったり、2002年には「ジャガーが入園客の目の前で餌やり中の飼育員を襲い死亡させる事故」 2005年には「若いゾウが飼育員を圧死させる」という事故が相次ぎ、また、その報道の嵐を受けたペヒラーナー博士が園長を引責辞任した、など、踏んだり蹴ったりの時代もありました。

最古だけど最新の展示法で動物の種類も豊富!

シェーンブルン動物園は、動物を間近で観られることでも人気の動物園。
世界最古の動物園ですが、展示方法までも最古、シンプル、柵だけ!なんて危ない展示方法ではありませんよ。
多くの動物は、動物が通るところにガラスが設置されており、自然に目の前を通過する姿や、リラックスする姿を見ることが出来るようになっています。
水中でも活動するような動物は、陸上、水中どちらも間近に見られるような設計になっています。
小動物は勿論、大きな肉食動物なども同じように間近に見る事が出来るので、その迫力にわくわくどきどきします。
動物学的研究が動物園で行われているというだけあって、最新の展示方法なのです。
cafe

Writer:

主婦、二児の母。文章を書くことが好きで、ライターというお仕事を通して様々な知識を蓄え中。私が世界で一番住んでみたいところは、絵本の世界のような、フランスのコルマール。いつの日か、コルマールのような素敵な街に移住するぞ!という夢をみながら、世界中の街を知るためネットサーフィンするのが趣味。そんな私の記事が、1人でも多くの方の旅の参考になれば幸いです。

この記事のカテゴリ

オーストリア
ヨーロッパ
建築
自然・絶景

関連記事を見る

オーストリアの記事を見る

ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
パプスブルク家の悲しみの皇妃!「バイエルンのバラ」と称された、最後の皇妃エリザベートの物語
西洋音楽史上で最も偉大な音楽家「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」の生涯・エピソード
初めてのウィーンを旅行するなら必見!ハプスブルク家の足跡を巡るスポット7選
しきたりも人も大嫌い!だけど絶世の美女・皇妃エリザベート
オーストリア「インスブルック」観光で是非とも見たい歴史的スポットあれこれ
ウィーンの観光で是非とも見たい歴史スポットあれこれ
「国母」として16人の子どもを生んだマリア・テレジアの歩んだ歴史
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
オーストリア観光なら次はここ!「クラーゲンフルト」で見たい絶景10選
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった