【グルメ雑学】イタリアでクリスマスより盛り上がる「復活祭」と、定番スイーツ

イタリアで、クリスマスよりも盛り上がると言われている「復活祭」が3月~4月にかけてあることをご存知ですか。また、復活祭で定番となっているスイーツもご紹介します。


書き手:宮入香織

1982年東京渋谷区生まれ。学習院大学法学部政治学科卒。 
イタリア(Venezia)のパティスリーMayer にて2年間修業、イタリア各地のドルチェを学ぶ。修業中同業者やお客様に小麦、白砂糖アレルギーが多いことに疑問を感じ、安全で安心なお菓子を提供したいという思いからマクロビオティックに興味を持ち、G-veggieにてマクロビオッティックを学ぶ。
2015年G-veggieインストラクター就任。

クリスマスより盛大と言われるイタリアの復活祭(パスクア)

クリスマスより盛大と言われるイタリアの復活祭(パスクア)
イタリアではクリスマスと同様(それ以上!?)に重要なキリストの復活際を、国中の家族がみんな揃って盛大に祝います。

復活際とはご存じの通り、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが3日目に復活した事を祝うキリスト教の最も重要なお祭りです。

年によって日付が変わる「移動祝日」で、「春分の日あとの最初の満月の次の日曜日」が復活祭の日になり、キリスト教が盛んな国では翌日の月曜日も休日になったり、株式・債券市場などは復活際の前の聖金曜日、復活際後の月曜日もお休みになり、この日だけは仕事の事を忘れて家族みんなで楽しみます。

ナポリを代表する「パスティエーラ」

ナポリを代表する「パスティエーラ」
パスティエーラは、ナポリを中心とするカンパーニャ州で生まれたドルチェ。
 今や復活祭には欠かせない! シナモンとオレンジの香り、リコッタチーズのしっとり感、麦のプチプチとした食感が印象的なドルチェです。

パスティエーラの由来は諸説有りますが、ナポリの修道女が作り始めたと言う説が有力です。
 復活祭のシンボルになるようにと、白いリコッタチーズに芽をふく力強さを表す小麦粉を加え、新しい生命のシンボルである卵と、春の到来を感じさせるオレンジの花のエッセンスを加えて焼き上げたとのこと。

人魚の伝説

人魚の伝説
イタリアらしいロマンチックな言い伝えもあり、Castello l’uovo (卵城)近くに住んでいた人魚(セイレーン)パルテノぺがオデッセイに恋をしましたが、オデッセイがそれを拒んだ為パルテノぺは自らの命を絶ってしまいます。
 それを惜しんだナポリの人々が、ドルチェを作ってパルテノペに捧げたのが始まりとも言われています

小麦粉は「富」、卵は「新たな生命」、砂糖は「パルテノペの甘い歌声」を意味しています。

パスティエーラのレシピ(材料)

パスティエーラのレシピ(材料)
パスティエーラの一般的なレシピをご紹介します。

<材料>

・タルト生地

薄力粉:400g

バター:150g

砂糖:150g

全卵:2個

塩::ひとつまみ

・フィリング

煮た麦の粒:300g

牛乳:500ml

レモンゼスト:1個分

バター:20g

砂糖:300g

リコッタチーズ:600g

バニラエッセンス:少々

卵黄:6個分

卵白:4個分

シナモンパウダー:ひとつまみ

オレンジフラワーウォーター:40g

塩:少々

パスティエーラのレシピ(作り方)

パスティエーラのレシピ(作り方)
タルト生地:

1)小麦粉はふるい、砂糖と塩を加え、小さく切ったバターとよく混ぜ合わせる。

2)パン粉状になった1に卵を入れ、練らずによく混ぜ合わせる。

*冷蔵庫で30分ほど生地を休ませる。

3)生地をのばし、タルト型にきれいに敷き詰める。
 余った生地は表面の飾り用に取っておく。

フィリング:

1)水気を切った麦粒、牛乳、レモンゼスト、バター、砂糖大さじ1、塩を少々を鍋にいれゆっくりと煮立たせる。
 時々混ぜながら大体の水分がなくなるまで火にかける。

2)1の水分がほぼ無くなったら、火からおろし冷ましておく。

3)卵白をしっかりと泡立てる。

4)リコッタチーズを漉し、バニラエッセンス、残りの砂糖を入れて混ぜる。

5)4に少しずつ卵黄を加えてよく混ぜ合わす。

6)シナモンパウダー、塩、冷ましておいた2を加え、更によく混ぜ合わせる。

7)オレンジフラワーウォーターを加えてよく混ぜ、泡立てておいた卵白を加えて混ぜ合わせる。

8)タルト型にフィリングを流し込む。

9)余った生地をのばし1cm幅に切り、タルト表面に飾り付けをする。

10)180℃のオーブンで約1時間焼いて出来上がり。

少々大変ですが、セイレーンの歌声を想像しながら楽しく作ってくださいね。

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

ユニークな税を導入したものからを持つものから暴君まで・個性的な歴代ローマ皇帝まとめ
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコースならこれ!3選
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
イタリアの観光名所が目白押し?!夫婦の離れた心の変化を描いた映画『イタリア旅行』をご紹介
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選