伝統を重んじるイギリスのデザイン性の高い名建築7選

伝統を重んじる国家イギリス。イギリスには、街の歴史文化に同化させた建築や、奇抜なデザインの建築、地球環境に配慮したものまで数多くの名建築があります。今回はそんなイギリスの名建築を7つご紹介いたします。

ロイズ・オブ・ロンドン/ロンドン

ロイズ・オブ・ロンドン

photo by flickr.com

外観はメカニカルな印象がある「ロイズ・オブ・ロンドン(Lloyd’s of London)」。
メインの建物の周りを6つのサーバント・タワーが囲む構造で、それぞれ空調や電気設備などが収められている。

エデン・プロジェクト/セント・オーステル

エデン・プロジェクト

photo by wikimedia

“バイオーム”と呼ばれるドーム状の建物の中に様々な気候を再現して、10万種もの展示を行う世界最大の植物園「エデン・プロジェクト(Eden Project)」。ドームを形成する六角形のパネルには、ガラスよりも効率よく太陽光を取り込み、自浄作用を持つ特殊な樹脂の膜が張られている。

MI6本部ビル/ロンドン

MI6本部ビル

photo by nana1029

イギリス情報秘密謀報部(SIS)の本部ビル「MI6本部ビル」。
ロンドンのテムズ川沿いにあり、緑色とクリーム色が交互に現れるファザードが美しい。
防弾・耐爆撃にも対応。

シティ・ホール/ロンドン

シティ・ホール

photo by duceduc.deviantart.com

少し傾いた卵のような外観が特徴的なテムズ川沿いにあるロンドン市庁舎「シティ・ホール(London City Hall)」。
建物を傾けることによって直射日光にさらされる面積を狭めているんだとか。内部には全長500mもの螺旋状スロープが設置されている。

セルフブリッジズ百貨店(バーミンガム店)/バーミンガム

セルフブリッジズ百貨店

photo by staffordshireliving

イギリスの高級百貨店チェーンである「セルフブリッジズ百貨店(Selfbridges)」。
約1万5千枚もの円盤に覆われた近未来的な姿が特徴的。

マンチェスター民事司法センター/マンチェスター

マンチェスター民事司法センター

photo by jokegood.com

外観がまるで引出しのような形をしているのがマンチェスターにある「マンチェスター民事司法センター」。
ガラスのファザードは、司法の透明性を表現し、かつ太陽光を大量に取り込むように設計されている。

リバーサイド博物館/グラスゴー

リバーサイド博物館

photo by naver.jp

自動車や造船、鉄道など、グラスゴーを舞台に発展した交通産業の歴史を見ることができる博物館「リバーサイド博物館( Glasgow Museum of Transport Technology)」。目の前にクライド川があり、波打つようなデザインの屋根が特徴的。

関連記事を見る

イギリスの記事を見る

ロンドン観光で絶対行きたい!歴史的観光スポット13選
大英帝国になるまでのイギリスの歴史を知ろう!中世イングランドをひも解くスポット6選
【イギリスの世界遺産一覧】王室伝統のスポットから手つかずの自然まで。イギリスに残る世界遺産紹介!
鉄道の歴史を変えた「蒸気機関車の父」ジョージ・スチーブンソンとはどのような人物?
古代ミステリーから近代建築まで!イギリス世界遺産を全部解説
恋も愛も捨てた処女王・エリザベス1世の波乱の生涯
【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
元住民が解説!スコットランドの観光の観光完璧ガイド
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
元住民が解説!ロンドン観光完璧ガイド
イギリス観光なら次はここ!「エジンバラ」で見たい絶景10選
【スコットランドに興味あるなら】世界遺産「エディンバラ」の観光前に知って起きたい昔と今