チェコのごはん、どこで何を食べる?地元に根付いた「食堂」4選

旅行の楽しみであり、同時に悩みともなる食事問題。特に夕暮れ時、目星を付けたレストランに入ろうとしても地元の人の盛り上がりになぜか気遅れをしてしまう。そんな経験はありませんか?
レストランの内情を知ることで、そんなフラストレーションも解消できるかもしれません。


#1 ビールを楽しむのならここ、ホスポダ

チェコ風居酒屋のホスポダは、ドイツの巨大なビアホールとは異なりこじんまりしたお店が多いのが特徴です。
ビール消費量世界一のチェコに相応しく、どのお店も夕方からは地元の人で込み合っています。
それぞれのお店で提供するビールの種類が決まっていて、料理とのマリア―ジュに拘りがあるそうです。
チェコで「ビールを飲む」というのは、暗黙の了解で「ホスポダで飲む」ことになるそう。
ただ単に喉の渇きをいやすのではなく、友人や家族と、また、新たな知り合いを作る社交の場として、愛されている場所です。

#2 時間が無いときはイーデルナへ

まさに「食べるところ」の意を持つイーデルナ。
立ち食い専門の大衆食堂です。
元々は、労働者が短いランチタイムにてっとり早く食べるための場所で、セルフサービスが基本です。
カウンターでオーダー、精算をして料理を受け取ったら空いている背の高いテーブルへ。
ささっと食べてお店を後にするのが流儀です。
なんだか、日本の立ち食い蕎麦にも似ていますね。
共産主義の時代、チェコ最大のイーデルナがバーツラフ広場にありました。
その規模、なんと1日に1万人の胃袋を満たしていたんだとか。

#3 テイクアウトでも拘りのある料理を!

イーデルナと同じく、時間が無い時に便利なラフートキは、更に時間の無い人にぴったりのお店です。
ガラスのショーケースに並ぶオープンサンドや揚げ物を選ぶと、使い捨ての食器にぽん、と乗せてくれます。
テイクアウトもOKですが、紙でさっと包むだけ。
簡素な姿ですが、昔ながらのカタチを守るラフートキは、今でも地元の人々に重宝されています。
ボリュームたっぷりのサンドイッチを買って、公園で食べるのも思い出の一つになりますよ。

#4 チェコでは肉料理を頼むべし

海が無いチェコでは、肉料理が圧倒的に多く、牛・豚・鶏以外にも鴨やキジ、アヒル、季節によっては鹿やウサギなどのジビエも人気があります。
そんなメイン料理に必ず付いているのが、クネドリーキ。
チェコ独特の茹でパンです。
焦げ目は勿論、カリッとした食感も全くないこのパン、柔らかすぎて、ナイフで切ることはできず、糸で切るそうです。
ジャガイモ入り、果物入りの甘いクネドリーキもあります。
前菜替りには、おなじみのグヤーシュ。
ハンガリー発祥のスープですが、チェコ版は実にまろやか。
ビーフシチューの様な味わいです。
困ったときは、グヤーシュと肉料理とクネドリーキ、自信をもってこの組み合わせをオーダーしてください。

ゴージャスな雰囲気のレストランに行くのもステキですが、地元に根付いている「食堂」で、チェコの文化を味わいながら美味しいものをさがすのもまた一興。
イーデルナやラフートキでは、長居はせずに、美味しくさっさと食べてお店を後にする。
ホスポタでは水より安いビールを存分に味わう。
その場所それぞれにふさわしい食事を楽しんでくださいね。

関連記事を見る

アイディアの記事を見る

なぜ信長を裏切った?近江の戦国勇将・浅井長政の生涯
吉川広家の歴史。「主のために主を欺く!」関ヶ原の戦いのもう一人の重要人物
太田道灌って何をした人?文武両道・江戸城を築いた名将の生涯とは
女性関係の事件にびっくりの奇行。わずか2年の天皇「花山天皇」の生涯とは?
母も妻も師も殺めた、ローマ史を代表する暴君ネロ
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
広島の子連れで遊べる公園、施設20選
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
【期間限定】あのナポレオンパイも!キハチカフェの新作春色スイーツ
絶賛限定オープン中!渋谷で楽しむ『ハイボール横丁』の限定セット
ローストビーフが様々な姿で三越に登場!五感で楽しむ“自遊庵”
タイ観光なら次はここ!「パタヤ」を味わい尽くす人気スポット10選