国土が広すぎるロシア、インターネットが悩みを解決した5人の物語

ロシアと言えば、旧ロシア帝国の宮殿「クレムリン」、カラフルなドームが特徴の教会、あとはおそらくシベリアの永久凍土、極寒の中で飲むウォッカ、雪や熊を思い浮かべるのではないでしょうか。

日本にいると分かりませんが、ロシアは「大きすぎる」ことで、悩みがあるのだとか。日本のようにコンパクトな国では考えられませんが、国土が広すぎるために、僻地が多く、人々のコミュニケーションが分断されてしまうらしいのです。

ロシアのPayPalにより、かつてからロシアにあったこの悩みをインターネットが変えつつある、ということを伝える広告キャンペーンが行われています。ロシアのPayPalは、インターネットショッピングを支える自社の決済サービスを促進しつつ、インターネットがつなげた彼らの母国愛を見せたかったのです。彼らは、主要都市からはるか彼方に住む5人の顧客を訪ね、とても美しい写真を撮影し、ロシアの生活を記録したビデオを作りました。ロシアの日常生活とその物語、素晴らしい自然を撮影したYouTubeのビデオをご覧ください。

Reference : boredpanda.com

ゲナディさんの物語

ゲナディさんの物語
バイカル湖は世界最大の淡水湖。
ゲナディ(Gennady Khorunzhy)さんは、ここから車で4時間ほどのところにあるロシア連邦ブリヤート共和国の山の中に住んでいます。

実際、どの主要都市からも彼の住むノーヴィ・ウオヤン(Novy Uoyan)までは一日以上かかります。
でも、手つかずの自然があり、 飲むことができるほどの綺麗な自然水があるこの生活を気に入っているようです。

63歳のゲナディさんは、驚くほどアクティブな生活を送っています。
ダンス、アーチェリーや船遊びなど様々なスポ―ツを楽しんでいるそうです。
特にダンスは練習を欠かしません。

しかし、彼の他にはダンサーはいません。
彼の以前のダンスパートナーは年齢的にダンスはもう難しいとのこと。
そのため彼は一人でダンスの練習をしています。
唯一これが、文明から離れて生活する面での欠点だそうです。







そんな自然のなかでの生活を営んでいたある日、息子さんにインターネットの使い方を教えてもらいました。
このインターネットが夫婦の生活を大きく変えました。
ご夫婦はスカイプを使って積極的に他の世界の人々とコミュニケーションをとっています。
さらに、彼の住んでいるところでは手に入らない趣味のグッズをオンラインでよく購入しているそうです。
ゲナディさんのモットーは決して辞めないことです。
彼が年齢を感じない限りは、新しいことを学び続け、やり続けたいそうです。
インターネットで世界とつながったいま、前よりも一層アクティブになった気がしますね。

アレキサンダーさんの物語

アレキサンダーさんの物語
次のページを読む >>