フランス料理に似ていながらコスパ優秀!ベルギーのグルメが外せない

今回ご紹介するのは、ベルギーの郷土料理をはじめとするベルギーグルメです。ベルギーというと濃厚さが人気のベルギーチョコなどのスイーツが思い浮かぶかもしれませんが、実は日本人の口にもあう美味しいグルメが沢山あります。家庭でも作ることが出来るベルギーのおすすめグルメ、食べてみたくなること間違いなしです!

ベルギーと言えば?

ベルギーと言えば?
ベルギーの食べ物と言われて、真っ先に浮かぶであろう「ワッフル」。
あとは、ビールに、チョコレート?勿論、それはそれで美味しいのですが、今回ご紹介したいのは、ワッフルでも、チョコでもありません。
日本人にはあまり馴染みがないベルギー料理ですが、実は、お手頃価格なのに、高級料理の代名詞?である「フランス料理」に似ていると言われるほど、美味しいんです!どんな料理があるのか、みてみましょう!

Carbonade flamande カルボナード・フラマンド

まずは、ベルギーの郷土料理「カルボナード・フラマンド」。
カルボナーラ、じゃなくて、カルボナードですよ~。
こちらの料理は、牛肉をビールでコトコト煮込み、とろみと甘みを付けた料理です。
もともとは、フランドル地方の家庭料理だったそうですが、1970年代以降に「ベルギーの郷土料理の見直し」の流行がおき、そのなかで注目されるようになったそうです。

ベルギーの家庭でもよく作られるカルボナード、殆どのお店で、山盛りのフライドポテトと一緒に出されるようです。
ビールで、しっかりトロトロに煮込んだお肉が柔らかそう!






waterzooï ワーテルゾーイ

waterzooï ワーテルゾーイ
こちらもベルギーの郷土料理。
肉類を茹でた煮汁に、クリームと卵黄をいれて作る「ワーテルゾーイ」。
ワーテルゾーイという料理名は、「水(から捕れた魚)」と「ごちゃまぜ(残り物の寄せ集め)」という意味を持つだけあり、淡白なお味のお肉なら、肉類の種類は問わずに、鶏肉、兎肉、白身魚なども使われるそうです。

お肉もいいですが、貝なんかもクリームソースに合いそうで美味しそうですね。
ベルギーのお酒と共に…あ~食べたい!こちらも、多くの(肉の)ワーテルゾーイにはゴロゴロ大きなジャガイモが入っていることが多いです。
次のページでは『poule au pot プール・オ・ポ』を掲載!
次のページを読む >>