廃墟マニア垂涎!時が止まったかのようなヨーロッパの廃墟の写真

パリ出身のフランス人写真家、ジョンクは廃墟の地を見つけにヨーロッパ中を旅しています。今はもう使われていない学校や教会には独特の雰囲気が漂っていました。時間が流れ、草木は自然に生い茂り、情緒が生まれ特別な気持ちになります。写真を見ていると、思いがけずに突然時が止まったかのようなその場所で起こった出来事が脳裏に浮かびます。不思議な体験をさせてくれるのです。

こういった場所の多くは私有地で、危険な場所にありたどりつくのも大変です。写真を撮れるような状態じゃないこともしばしばです。彼は2年間でイングランド、ベルギー、ルクセンブルク、フランス、ドイツ、チェコ共和国、ポーランド、ルーマニア、ブルガリア、イタリア、スイス、ウクライナへ足を運びました。

Reference : boredpanda.com

廃墟となった城(ポーランド)

廃墟となった城(ポーランド)

廃墟となった豪邸(ベルギー)

廃墟となった豪邸(ベルギー)

廃墟となった別荘(イタリア)

廃墟となった別荘(イタリア)

放置されたままの銅像(フランス)

放置されたままの銅像(フランス)

廃墟となった城(フランス)

廃墟となった城(フランス)

廃墟となった織物工場(イタリア)

廃墟となった織物工場(イタリア)

廃墟となった城(フランス)

廃墟となった城(フランス)
次のページでは『廃墟となったカジノ(ルーマニア)』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

神戸・三宮デートでイタリアンならここ!予約推奨&記念日対応OKなイタ飯レストランランキングTOP7
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコース3選【ローマ在住15年超の筆者が伝授!】
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
政府公認観光ガイドが伝授!愛の小道を歩きたいチンクエテッレ