食も文化も感動!次の旅行はオーストリア・ウィーンへ行くべき7つの理由

ハプスブルク帝国の都でもあったウィーンといえば芸術や音楽が定番。食文化も素晴らしく、現地にも美味しいものだらけ。世界遺産も多いため、ヨーロッパでの旅行先に選ばれる方も多いのでは。今回はオーストリアはウィーンへ行くべき7つの理由をご紹介いたします。


#1 本場のウィーナーシュニッツェルを食べたい!

本場のウィーナーシュニッツェルを食べたい!
オーストリアの名物料理はいくつかありますが、中でも日本人に人気なのはサクサクのウィーン風カツレツ、ウィーナーシュニッツェルでしょう。
オーストリアの国民食であるシュニッツェルはガイドブックに掲載されているような有名店に行かずとも、ウィーン市内のたいていのレストラン、カフェで食べることが出来ます。

特に、街中に点在するカフェで食べるシュニッツェルは、時間を選ばず気軽に食事ができるうえ、クオリティも高く旅行者にはおすすめ。
もしかしたらメニューの料金が思ったより高いと思うかもしれませんが、それは本場のウィーナーシュニッツェルは豚ではなく仔牛のカツレツだからです。
添えられたレモンをたっぷり絞って、シンプルにいただきましょう。

#2 有名なクリムトの絵画をみたい!

有名なクリムトの絵画をみたい!
ウィーンで活躍した画家はたくさんいますが、クリムトはそのなかでも最も有名な画家のひとりでしょう。
彼の描いた「接吻」は誰しも一度は目にしたことがあるはずです。

クリムトの絵画はウィーン市内の美術館に多数展示されていますが、「接吻」があるベルヴェデーレは世界中から旅行者が訪れるスポットになっています。
他の展示室より若干照明を落としたほの暗い空間に浮かび上がる黄金の「接吻」は、想像していた以上にあなたの心を捉えることでしょう。

ベルヴェデーレのほか、ウィーン市内の歴史的建物の中にはクリムトが壁画を描いているものなどもあり、一般にはあまり知られていない彼の作品を見てまわることができます。

secessionの住所・アクセスや営業時間など

名称 secession
住所 Friedrichstrate 12 , 1010 Wien
営業時間・開場時間 火 – 日, 10:00 – 18:00
利用料金や入場料 9.50ユーロ
参考サイト https://www.secession.at/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

secessionのスポットページ

#3 楽友協会でウィーンフィルが聴こう!

楽友協会でウィーンフィルが聴こう!
ウィーンといえば音楽の都。
特にウィーンフィルは日本でも毎年中継されるニューイヤーズコンサートで有名です。
彼らの本拠地楽友協会の黄金の間では、シーズン中頻繁にウィーンフィルのコンサートが催されていますが、世界中の数あるコンサートの中でもこれらウィーンフィルのコンサートはチケットが手に入りにくいことでも知られています。

けれども音楽の都ウィーンには、すべての人に気軽に本物の音楽を楽しんでもらえるよう、大抵のコンサートでは立見席が用意されていて、ウィーンフィルのコンサートもなんとたった5ユーロで聴くことが出来ます。
もちろん、予算のあるクラシックファンは、事前にWEBで好きな座席を予約することができます。
但し、発売と同時にあっという間に売り切れとしまうので気を付けて!

ウィーン楽友協会の住所・アクセスや営業時間など

名称 ウィーン楽友協会
住所 1010, Musikvereinspl. 1, 1010 Wien,Austria
営業時間・開場時間 演目による
利用料金や入場料 演目による
参考サイト https://www.musikverein.at/?lang=jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウィーン楽友協会のスポットページ

#4 ワイン居酒屋ホイリゲでオーストリアワインを飲む!

ワイン居酒屋ホイリゲでオーストリアワインを飲む!
オーストリアのワインは、作られる量があまりに少なくほとんど国内で消費されるため、日本でもなかなか飲むことはできません。
だからこそウィーンでは地元の人たちに混じってワイン居酒屋ホイリゲに繰り出しましょう。

オーストリア国内にはたくさんのワイン産地がありますが、ウィーンも例外ではありません。
市内からトラムで数十分も行けば丘陵に広がるワイン畑を見ることができます。
そしてこれらワイン畑に併設されているホイリゲと呼ばれるワイン居酒屋では、その農家で作られたあらゆる種類のワインを素朴な家庭料理と共に楽しむことが出来ます。

特に春から秋にかけてのシーズンに、屋外に設えられたテーブルでワイン畑を眺めながらグラスを傾けるのは最高です。

Grinzing heurigeの住所・アクセスや営業時間など

名称 Grinzing heurige
住所 Cobenzlgasse 22 Wien 
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.wien.info/ja/shopping-wining-dining/wine/neustift-etc
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Grinzing heurigeのスポットページ

#5 モーツァルトの足跡をたどる!

モーツァルトの足跡をたどる!
若くして才能を開花させたモーツァルトは、音楽の都ウィーンで活躍し多くの足跡を残しています。
ト音記号を描くチューリップの向こうに佇む有名なモーツァルト像をはじめ、彼の住んだ住居はモーツァルト博物館として一般に公開されています。

この博物館では日本語のオーディオガイドも貸出していて、たくさんの情報を得ることができます。
ザルツブルク生まれの彼はここウィーンで結婚し、そして若くして亡くなりました。
市内の中心に位置するシュテファン教会は、彼の結婚式、そしてお葬式が行われたことでも有名です。
また、街中のスーパーやチョコレート屋で見かけるモーツァルトクーゲルと呼ばれるチョコレートは、ウィーンの良いお土産になることでしょう。

#6 ホテルザッハーでザッハートルテが食べたい!

ホテルザッハーでザッハートルテが食べたい!
ウィーンは音楽の都であると同時にお菓子の都でもあります。
トルテと呼ばれるケーキ類は見た目にも美しく、種類も豊富で目移りしてしまうかもしれません。
中でもザッハートルテはウィーンで最も有名なケーキです。
濃厚なチョコレートケーキにあんずジャムを挟んだシンプルなケーキですが、シンプルだけにお店によってお味もさまざま。

甘党の人はいろんなお店で試してみるのもよいですが、ひとつだけ選ぶとすればやはりホテルザッハーのザッハートルテでしょう。
クラシカルな店内で濃いめのコーヒーといただく至福の時間に、旅の疲れも癒されることでしょう。

ホテルザッハーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ホテルザッハー
住所 Philharmoniker Str. 4, 1010 Wien, オーストリア
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://www.sacher.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ホテルザッハーのスポットページ

#7 ウィーン風のカフェで美味しいコーヒーを!

ウィーン風のカフェで美味しいコーヒーを!
ウィーンを訪れると、あまりのカフェの多さに驚きます。
夏は外のオープンテラスで、寒い冬は暖かな店内で、数あるコーヒーの中からお気に入りのものを選んでくつろぐ地元の人たち。
友人と談笑する人、仕事をする人もいますが、ウィーンのカフェの良いところはひとりで訪れてもとても心地よい空間だというところです。

ウィーナーメランジェ、アインシュペナーといったウィーンならではのコーヒーを試してみてください。
夕方にはピアノの生演奏やジャズのコンサートが催されることもあり、その他の都市のカフェとは違うゆったりとした時間の流れがそこにはあります。

関連記事を見る

アイディアの記事を見る

吉川広家の歴史。「主のために主を欺く!」関ヶ原の戦いのもう一人の重要人物
太田道灌って何をした人?文武両道・江戸城を築いた名将の生涯とは
女性関係の事件にびっくりの奇行。わずか2年の天皇「花山天皇」の生涯とは?
母も妻も師も殺めた、ローマ史を代表する暴君ネロ
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
広島の子連れで遊べる公園、施設20選
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
【期間限定】あのナポレオンパイも!キハチカフェの新作春色スイーツ
絶賛限定オープン中!渋谷で楽しむ『ハイボール横丁』の限定セット
ローストビーフが様々な姿で三越に登場!五感で楽しむ“自遊庵”
タイ観光なら次はここ!「パタヤ」を味わい尽くす人気スポット10選
藤江氏魚楽園、深耶馬溪…九州旅行で見る紅葉スポットならここ!福岡&大分編