絶景はここにもあった!モナコ公国・モンテカルロで見るべき観光スポット6選

地中海に面した世界2番目の小国・モナコ公国モンテカルロ。世界中のセレブが集う高級リゾート地であり、この地に住むことを夢見る人が多いとのこと。今回はそんな夢の国・モナコ公国モンテカルロでぜひ見ておきたい観光スポット6選を紹介します。






大公と王妃が眠る場所・モナコ大聖堂

大公と王妃が眠る場所・モナコ大聖堂
1875年建設の歴史ある大聖堂で、フランス・ラテュルビ村の自然石を使った白い外観が特徴的。
イタリア・トスカーナ産の大理石が使われたフロアを歩いていくと、ニース出身の画家ルイ・ブレア作の美術品を見ることができます。

1956年に当時のレーニエ大公三世とグレース・ケリー王妃が結婚式を挙げた場所としても有名で、大聖堂の最奥部には2人が眠る墓もあります。

1875年に建てられたロマネスク・ビザンチン様式のカトリック教会です。
モナコ旧市街の海側に位置し、グレースケリーが挙式をした場所としても知られています。
外観は大きく立派な白い建物で、中は厳粛な雰囲気です。
奥の方にはモナコ大公レーニエ三世とグレース妃のお墓もあり、花で飾られています。
祭壇の逆サイドには豪華なパイプオルガンもあります。
KAUMOより

Cathedrale De Monacoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Cathedrale De Monaco
住所 AVE. SAINT-MARTIN, 98000 MONACO
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.cathedrale.mc/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Cathedrale De Monacoのスポットページ

街並みが美しい・モナコヴィル散歩道

街並みが美しい・モナコヴィル散歩道
モナコヴィル散歩道はかつてのモナコ市街地であり、複雑に入り組んだ道が特徴。
散歩道には中世(5~15世紀頃)に建てられた建築物が並んでおり、昔ながらの街並みを楽しめます。
平日には観光案内所で記念スタンプを押してもらえるので、思い出を残したい方はぜひ訪れてみては。

散歩道にはお土産を取り扱う店もあるので、旅行の記念品が欲しい方は立ち寄ってみると良いでしょう。

ニースから電車で訪れました。
駅から坂を登ったところにあるコンパクトな旧市街です。
坂を上る途中に港側を見下ろすとマンションが所せましと建っていて驚きました。
途中、とても可愛い観光列車を見かけました。
旧市街の至る所から海と街並みを眺めることができます。
街自体もきれいに整えられていて安心して気持ちよく散策できました。
tripadvisorより







モナコヴィル散歩道の住所・アクセスや営業時間など

名称 モナコヴィル散歩道
住所 Monaco-Ville, Monaco
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://monacoinfo.free.fr/tourisme/point.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

モナコヴィル散歩道のスポットページ

来ただけでセレブ気分・モンテカルロハーバー

来ただけでセレブ気分・モンテカルロハーバー
モナコ湾に設けられたモンテカルロハーバーは、来ただけでセレブ気分を味わえるスポット。
ここには何十台もの高級クルーザーやヨットが並んでおり、クルーザーの中でゆったり過ごす人々の様子を見ることができます。

普段は静かな場所ですが、F1(自動車レース)モナコグランプリ開催時は熱狂的ファンが集まる賑やかな場所に変わります。

豪華クルーザーが並び、毎朝デッキでオーナーらしき人々が朝食を楽しんでいる様子が散策中の目に飛び込んで来ました。
映画で見るセレブリティそのままの風景が現実に見られます。
散策も良し、港に面したレストランでの食事も良し、ゆったりと過ごせば、プチセレブ感が味わえます。
tripadvisorより

Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

アイディア
ヨーロッパ
建築
絶景
自然・絶景
街・都市

関連記事を見る

アイディアの記事を見る

なぜ信長を裏切った?近江の戦国勇将・浅井長政の生涯
吉川広家の歴史。「主のために主を欺く!」関ヶ原の戦いのもう一人の重要人物
太田道灌って何をした人?文武両道・江戸城を築いた名将の生涯とは
女性関係の事件にびっくりの奇行。わずか2年の天皇「花山天皇」の生涯とは?
母も妻も師も殺めた、ローマ史を代表する暴君ネロ
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
広島の子連れで遊べる公園、施設20選
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
【期間限定】あのナポレオンパイも!キハチカフェの新作春色スイーツ
絶賛限定オープン中!渋谷で楽しむ『ハイボール横丁』の限定セット
ローストビーフが様々な姿で三越に登場!五感で楽しむ“自遊庵”
タイ観光なら次はここ!「パタヤ」を味わい尽くす人気スポット10選