負の世界遺産…10枚の写真から学ぶ「アウシュヴィッツ強制収容所」

2016年現在、世界遺産の数は1000件以上もあり、どの遺産も多くの観光客を楽しませています。しかし、一方で悲惨な現実を伝え続ける「負の世界遺産」と呼ばれる遺産もあります。今回は負の世界遺産を代表するアウシュヴィッツ強制収容所についてご紹介します。

アウシュヴィッツ強制収容所はどこにあるのか

アウシュヴィッツ強制収容所はどこにあるのか
正式名称はアウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所と呼ばれ、多くの方が一度は名前を聞いたことがある世界遺産だと思います。
ポーランド南部に位置しており、バスや列車で訪れることが出来ます。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の住所・アクセスや営業時間など

名称アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所
住所Ofiar Faszyzmu 12 32-600 Brzezinka, Poland
営業時間・開場時間現地時間08:00-18:00
利用料金や入場料無料
参考サイトhttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84%EF%BC%9D%E3%83%93%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%8A%E3%82%A6%E5%BC%B7%E5%88%B6%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所のスポットページ

ナチスによる最大級の強制収容所

ナチスによる最大級の強制収容所
第二次世界大戦の中、ドイツを独裁していたヒトラーは国内のユダヤ人を次々と強制収容所へ連行しました。
ドイツやフランスにも建設されましたが、その中でもアウシュヴィッツ強制収容所は最大級の収容人数でした。

人類史における史上最悪の実験場

人類史における史上最悪の実験場
強制収容所では、連行したユダヤ人を利用した様々な人体実験が行われました。
内容はあまりにも残酷なため述べませんが、今でも検索すると信じられない実験の内容を知ることが出来ます。

ユダヤ人を苦しめる過酷な冬

ユダヤ人を苦しめる過酷な冬
強制収容所において、ユダヤ人を苦しめることは多くありました。
その中でも、ポーランドの冬は非常にユダヤ人を苦しめました。
もちろん十分な防寒具は与えらておらず、毎日凍えながら耐えていました。

博物館で強制収容所の現実を学ぶ

博物館で強制収容所の現実を学ぶ
強制収容所の敷地内には博物館が建てられており、そこでは実際にユダヤ人が身につけていた衣類が積み上げられた山や上記でも述べた当時の実験内容について学ぶことが出来ます。

ユダヤ人が詰め込められた列車

ユダヤ人が詰め込められた列車
ユダヤ人が各地から連行される際に用いられた列車も展示されています。
写真を見る通り窓はなく、真っ暗な列車の中に無理やり詰め込められて強制収容所へ連行されていきました。

関連記事を見る

ポーランドの記事を見る

ポーランド観光なら次はここ!「トルン」で見たい絶景10選
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
ポーランド観光なら次はここ! 「ワルシャワ」で見ておきたい博物館8選
中世の大国、ド根性な不死鳥の国!ポーランド不屈の歴史
中世の佇まい残す・緑豊かな地方都市「ポーランド・ルブリン」の観光スポット4選
ポーランドのカラフルな都市「グダンスク」で見られる魅力的な観光スポット8選
戦争が造ったポーランドの負の遺産「アウシュヴィッツ-ビルケナウ」の歴史
大貴族が愛したイタリア・ルネサンスの美しい町並みを誇るポーランドの理想都市ザモシチの歴史
偉大な天文学者コペルニクスの生まれ故郷!ポーランドトルンの歴史
行くチャンスは無さそうだけどひと目みたい世界の町、ポーランド「グダニスク」の魅力
ドイツ騎士団の息吹を感じる世界遺産の巨大な城!ポーランドマルボルク城の歴史