絶景はここにもあった!スペイン・コルドバで見るべき観光スポット7選

スペインの南部、アンダルシア州に位置する街コルドバ。756年から1031年まで後ウマイヤ朝(756年~1031年に存在したスペインの王国)の首都であったことから、当時の建築物が現在でも数多く残っています。今回は古代の香りが残る街スペイン・コルドバの観光スポットを7つ紹介します。

城の中にある絶景・アルカサル庭園

城の中にある絶景・アルカサル庭園
アルカサル庭園は、14世紀ごろ建設された城「キリスト教徒の王たちのアルカサル」内にある美しい庭園。
城内を進み中庭に入ると、長方形に広がる池やきれいに整った緑の木々が目に入ってきます。
夜の時間帯には噴水ショーが行われることもあり、ライトアップされた噴水が庭園の美しさをより引き立ててくれます。

ちょうど訪れた時は、夜にライトアップショーが行われていて、昼間の入ったチケットでもう1度は入れるとのことだったので行ってみました。
ツアー形式で、みんなで庭園を回りながら、いろいろ光の演出があります。
特に噴水ショーはイスラム風の音楽に合わせてダイナミックに変化し、みんな楽しんでました。
4travel.jpより

アルカサル庭園の住所・アクセスや営業時間など

名称 アルカサル庭園
住所 Calle Campo Santo de los Mártiles s/n, Cordoba, Espana
営業時間・開場時間 9/16-6/15は月曜8:30-20:30、火-金曜8:30-20:45、土・日・祝日8:30-20:00、6/16-9/15は月曜8:30-20:30、火-土曜8:30-20:00、日・祝日8:30-20:00(すべて現地時間)
利用料金や入場料 大人:4.5ユーロ、 子供:14歳以下無料、 学生26歳まで2.25ユーロ
参考サイト http://cultura.cordoba.es/es/equipamientos/alcazar-de-los-reyes-cristianos-1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アルカサル庭園のスポットページ

街を守った要塞・カラオーラの塔

街を守った要塞・カラオーラの塔
カラオーラの塔は12世紀末に建設された塔で、1931年にはスペインの歴史芸術記念物に指定されています。
コルドバの安全を守るための要塞として建設されたこともあり、目の前に立つと威圧感がひしひしと伝わってくることでしょう。
現在は「アル‐アンダルス博物館」として生まれ変わり、コルドバの歩んできた歴史を知ることができる資料館となっています。






ローマ橋の出丸というか最前線基地、流れの激しい川に丈夫な橋を架けた以上、戦闘時破壊して籠城するわけにはいきません。
スペインというのはフランスのようにゆったりとした田園地帯が広がる感じではなく荒涼としたどこかアラブ的な要素があるのかもしれません。
4travel.jpより

カラオーラの塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 カラオーラの塔
住所 Puente Romano s/n, Cordoba, Espana
営業時間・開場時間 現地時間10:00-18:00(5月は10:00-20:30、6-9月は10:00-14:00、16:30-20:30)
利用料金や入場料 大人:4.50ユーロ、 子供:3ユーロ、 シニア:3ユーロ、 団体:3ユーロ
参考サイト http://www.torrecalahorra.es/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カラオーラの塔のスポットページ

カラオーラの塔とつながる橋・ローマ橋

カラオーラの塔とつながる橋・ローマ橋
カラオーラの塔を出ると長い橋が目に入ってきますが、この橋は「ローマ橋」と呼ばれるコルドバの名所。
アンダルシア州最長の川・グアダルキビール川にかかる橋で、この橋を渡ると歴史的建造物「メスキータ」にたどり着くことができます。
夜のライトアップでは暖かみのある光が橋を包み、重厚感ある外観がより引き立って見えます。

古くからこの街に存在する大きな橋です。
メスキータの目の前にあるのですぐに分かると思います。
この橋は左右非対称で、上流側の橋脚は三角形、下流側のそれは丸みを帯びており、川の水を三角形の橋脚で切って抵抗を少なくして浸食を抑える構造になっています。
メスキータの全景はこの橋からでないと撮れないので、非常に多くの人であふれています。
Tripadvisorより

次のページでは『イスラム教の大聖堂・メスキータ』を掲載!
次のページを読む >>