絶景はここにもあった!イギリス・エジンバラで見るべき観光スポット8選

グレートブリテインおよび北アイルランド連合王国(通称イギリス)を構成する4国の1つであるスコットランドの首都エジンバラ。17世紀以降に発展したニュータウンとそれ以前の市街地・オールドタウンがあり、それぞれで雰囲気の違いを感じることができます。今回は新しさと懐かしさが共存する街・エジンバラで見ておきたい観光スポット8選を紹介します。


スコットランドの象徴・エジンバラ城

スコットランドの象徴・エジンバラ城
エジンバラの定番観光スポットに選ばれ、 スコットランドの象徴とも呼ばれる名城です。
スコットランド軍の要塞として使用されたこの城は、イングランド軍との戦闘による破壊と修復を繰り返し、現在の形になったのは1574年に3年間の籠城戦が終わったあと。
城内には王室のお宝が保管されている「クラウン・ルーム」があり、スコットランド独立の象徴である「運命の石」を見ることができます。

旧市街中心部にそびえるキャッスルロックという岩山の上に建つお城です。
城の奥には暗く細い地下があり、拷問や刑執行に使われていたと言う事で、幽霊が出るお城と言う事でも有名みたいです。
歴史的な展示物も多く、半日位をかけてゆっくり見学する事をお勧めします。
tripadvisorより

Edinburgh Castleの住所・アクセスや営業時間など

名称 Edinburgh Castle
住所 Edinburgh EH12NG, Scotland
営業時間・開場時間 4月-9月は現地時間9:30-18:00(最終入場は17:00) 10月-3月は現地時間9:30-17:00(最終入場は16:00)
利用料金や入場料 16.5ポンド
参考サイト http://www.edinburghcastle.gov.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Edinburgh Castleのスポットページ

エジンバラの街を一望する・カールトンヒル

エジンバラの街を一望する・カールトンヒル
ニュータウンの市街地であるプリンセスストリートを東に向かった場所にそびえる海抜110mの丘。
頂上には戦争関連の記念碑が2つあり、1つはナポレオン戦争で犠牲になった兵士を弔うもの、もう1つはトラファルガーの海戦(1805年にスペイン・トラファルガー沖で発生した戦争)で提督を務めたホレーショ・ネルソンのものです。
頂上から望む絶景も見もので、ホールリード宮殿やオールドタウンを一度に見渡すことができます。

ウェバリー駅からバルモラルホテルへまっすぐ15~20分歩くと看板があるので、階段を上っていくと目の前にネルソン・モニュメントやナショナル・モニュメントが見え、エジンバラの街並みやアーサーズシートなど1周まわってみると景色がよいので、ゆっくり時間をかけているのをすすめます4travelより

カールトンヒル Calton Hillの住所・アクセスや営業時間など

名称 カールトンヒル Calton Hill
住所 Edinburgh EH7 5AA イギリス
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.edinburgh.gov.uk/directory_record/164053/calton_hill
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カールトンヒル Calton Hillのスポットページ

かつては処刑場・グラスマーケット

かつては処刑場・グラスマーケット
オールドタウンの中心部にある通り。
広い道を歩いていくとおしゃれなカフェやパブ、カラフルな建築物を目にすることができます。
かつて囚人の公開処刑が行われた場所でもあるため、処刑時に使われたと思われる処刑台が残っていたり「last drop(処刑時に流れる血の最後の一滴の意味)」と名付けられたパブがあったりと、処刑場であった頃の名残があることも特徴。

このグラスマーケットにもたくさんパブが集中しており、歴史てきな由緒あるものがいくつかある。
たとえば” last drop”という名前のパブはここでよく処刑があった名残の名前で、”最後のしたたる血の一滴”だったり、”white hart”は18世紀のスコットランドを代表する詩人のロバートバーンズがエジンバラに来たときにはここに泊まっていたというのが今はパブです。
Itsuko Aslton Tour Guideより

グラスマーケット Grass Marketの住所・アクセスや営業時間など

名称 グラスマーケット Grass Market
住所 Old Town, Edinburgh, Scotland
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.greatergrassmarket.co.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グラスマーケット Grass Marketのスポットページ

名作家の功績を讃えて・スコット記念塔

名作家の功績を讃えて・スコット記念塔
1844年建設の記念塔で、塔の高さ60mを誇ります。
長編詩「湖上の美人」などの名作を残したエジンバラ出身の作家ウォルター・スコットを讃えて建設されたもので、経年による本体の黒ずみは見られますが、細かく作られた彫刻の存在感は建設当時から変わりません。
287段の階段を登ると頂上にたどり着き、そこからはニュータウンの街全体を見渡すことができます。
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

アイディア
スコットランド
ヨーロッパ
建築
絶景
街・都市

関連記事を見る

アイディアの記事を見る

吉川広家の歴史。「主のために主を欺く!」関ヶ原の戦いのもう一人の重要人物
太田道灌って何をした人?文武両道・江戸城を築いた名将の生涯とは
女性関係の事件にびっくりの奇行。わずか2年の天皇「花山天皇」の生涯とは?
母も妻も師も殺めた、ローマ史を代表する暴君ネロ
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
広島の子連れで遊べる公園、施設20選
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
【期間限定】あのナポレオンパイも!キハチカフェの新作春色スイーツ
絶賛限定オープン中!渋谷で楽しむ『ハイボール横丁』の限定セット
ローストビーフが様々な姿で三越に登場!五感で楽しむ“自遊庵”
タイ観光なら次はここ!「パタヤ」を味わい尽くす人気スポット10選
藤江氏魚楽園、深耶馬溪…九州旅行で見る紅葉スポットならここ!福岡&大分編