イタリアで異色を放つ奇跡の聖堂「サン・ヴィターレ聖堂」

ヨーロッパ観光において、一度は聖堂や教会は訪れたことある方は多いのでは無いでしょうか。例えば豪華絢爛な内装のサン・ピエトロ大聖堂や鋭く尖った屋根が特徴的なケルン大聖堂が日本では特に有名です。今回は、そのようなヨーロッパの聖堂の中でも少し変わった聖堂であるイタリア「サン・ヴィターレ聖堂」について紹介します。


古代都市の首都ラヴェンナ

古代都市の首都ラヴェンナ
サン・ヴィターレ聖堂はイタリアのラヴェンナという小さな町にあります。
古代において、ラヴェンナはイタリアを治めていた王国の首都であり、その頃に建てられた初期キリストの建築群は世界遺産となっています。

Basilica di San Vitaleの住所・アクセスや営業時間など

名称 Basilica di San Vitale
住所 Via San Vitale, Ravenna RA, イタリア
営業時間・開場時間 9:00-17:30(3/1~3/31)、9:00-19:00(4/1~9/30)、9:00-17:00(11/1~2/28)
利用料金や入場料 大人:9.50ユーロ
参考サイト http://www.ravennamosaici.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Basilica di San Vitaleのスポットページ

これまでのイメージを覆す外観

これまでのイメージを覆す外観
サン・ヴィターレ聖堂はラヴェンナの初期キリストの建築群を代表する聖堂ですが、その外観は非常に地味で、繊細な彫刻や大きな門といった一般的な教会や聖堂のイメージとは全く異なります。

誰もが見上げる予想外内部

誰もが見上げる予想外内部
この聖堂の内部は、地味な外観からは想像もできないほどの美しさで装飾されています。
特に天井はモザイクと呼ばれる古代の技法によってキリスト教を表現しており、誰もが見上げて感動しています。

謎多き聖堂の秘密

謎多き聖堂の秘密
この聖堂においては、未だに解明されていない点がいくつもあります。
例えば、建設された理由。
もちろんキリスト教を崇拝するためだとは思われますが、建設するほどまで当時の王が信仰していたのかといった未解明の部分があります。

守られ続けた奇跡の聖堂

守られ続けた奇跡の聖堂
この聖堂は6世紀に建設されており、後に異民族の襲来や描かれたキリストを禁止し、破壊した聖像破壊運動といった多くの苦難が聖堂を襲いましたが、無事に今の時代にまで大切に守られてきた奇跡を持つ聖堂でもあります。

アヤソフィアとの深い関係

アヤソフィアとの深い関係
トルコの一番有名な観光名所として名高いアヤソフィア。
実はサン・ヴィターレ聖堂と同じモザイクという技法による内部であり、当時地中海を治めていたビザンツ帝国によって建設されました。
しかし、アヤソフィアは後にイスラム教徒によって破壊され、当時の証拠は一部しか残っていません。

古代の技法「モザイク」

古代の技法「モザイク」
先程から何度も登場している「モザイク」という技法ですが、これは細かく砕いたガラスや石に色を塗り、隙間なく貼り付けていくという方法です。
ビザンツ帝国によって建設された聖堂や教会では多く使われており、その起源は紀元前といわれています。

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

ユニークな税を導入したものからを持つものから暴君まで・個性的な歴代ローマ皇帝まとめ
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコースならこれ!3選
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
イタリアの観光名所が目白押し?!夫婦の離れた心の変化を描いた映画『イタリア旅行』をご紹介
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選