スペインで知る人ぞ知る観光地。イスラム王朝による栄光の建築「アルハンブラ宮殿」

日本においてスペインという国を知らない人はいないですが、観光名所を尋ねると意外に多く思いつかない方がいるのではないでしょうか。もちろん未完成ながら多くの観光客が訪れるサグラダ・ファミリアが1番代表されますが、今回は知る人ぞ知るスペインの巨大な宮殿であるアルハンブラ宮殿について紹介します。


レンガ造りの壮大な宮殿

レンガ造りの壮大な宮殿
ヨーロッパの宮殿と聞くと、やはりフランスのヴェルサイユ宮殿やイギリスのバッキンガム宮殿などの豪華なイメージが思い浮かぶかもしれませんが、この宮殿はレンガ造りの壮大な外観となっています。

一度だけでは楽しめない沢山の見どころ

一度だけでは楽しめない沢山の見どころ
アルハンブラ宮殿の内部は自然豊かな庭園やお洒落な噴水といった見どころがたくさんあります。
そのため、一度だけで見どころを全て制覇することはできず、何度訪れても観光客を楽しませてくれます。

宮殿が物語るイスラム王朝の栄光

宮殿が物語るイスラム王朝の栄光
そもそもこの宮殿が建てられた頃、ナスル朝と呼ばれるイスラム王朝の国が現在のスペインの領土を治めていました。
この宮殿はその王朝によって建てられており、当時の繁栄ぶりをうかがい知ることができます。

イスラム教伝統の美術

イスラム教伝統の美術
アルハンブラ宮殿の壁面をよく見ると、とても不思議な幾何学模様が彫刻されています。
これはアラベスクと呼ばれるイスラム教伝統の美術であり、様々なイスラム教のモスクで見ることができます。

不思議な顔のライオン

不思議な顔のライオン
アルハンブラ宮殿に中でも特に有名な場所がライオンの噴水です。
現代人にとっては不思議な顔をしていますが、当時この場所は王しか入ることが許されない場所であったといわれています。

訪れないと分からない天井

訪れないと分からない天井
ライオンの噴水のすぐ近くにある二姉妹の間には、鍾乳石による天井があります。
写真ではご覧のとおり非常に分かりづらく、訪れないとその美しさや繊細さを感じることができません。

緑豊かな夏の離宮

緑豊かな夏の離宮
アルハンブラ宮殿から少し歩いた場所に、ヘネラリーフェという当時の王朝が夏に利用していた離宮があります。
ここは様々な植物が植えられた緑が豊かな場所であり、季節に寄って綺麗な花々が咲きます。

関連記事を見る

スペインの記事を見る

神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
新大陸発見以前のスペインを知っていますか?レコンキスタの足跡を巡るスペイン7つの街
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
【スペインの世界遺産】歴史的な教会群から自然まで揃う。スペインの世界遺産を紹介!
スペイン観光なら次はここ!「マヨルカ島」で見たい絶景10選
コスタリカ観光なら次はここ!「サンホセ」で見たい絶景10選
スペイン観光なら次はここ!「レオン」で見たい絶景10選
地中海を望む美しい街並み。スペイン「ネルハ」で見たい絶景10選
西へ西へと航海し世界一周を達成!世界周航初の達成者マゼラン艦隊の軌跡を追う
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ
スペイン観光なら次はここ!「ビルバオ」で見ておきたい博物館・美術スポット7選