最高級の食を堪能!世界のプロが選んだレストランランキングTOP10

シェフ、レストラン経営者、ケータリング経営者等のレストラン業界向けに発行されているイギリスの月刊専門誌”Restaurant(レストラン)”。
そのレストラン誌が、過去10年に渡って毎年発表している世界のベスト・レストラン。今回は、そんなグルメのプロ800名が選んだ、最高級のグルメを味わえるレストランをランキング形式でご紹介いたします。

TOP10 Eleven Madison Park(イレブン・マディソン・パーク)/ニューヨーク

ニューヨークのマディソンアヴェニューにあるレストラン「Eleven Madison Park(イレブン・マディソン・パーク)」。

このレストランのシェフ”ダニエル・ハム”氏は、レストラン界で最高の名誉である”アウトスタンディング・シェフ”を受賞している強者。

メニューは、コースのみで、ピンセットを用いて芸術的に盛り付けられる美しい料理は、見た目、味ともに評価が高い。

TOP9 Dinner by Heston Blumenthal(ディナー・バイ・ヘストン・ブルメンタル)/ロンドン

14世紀から伝わるイギリスの美食文化を再現したロンドンにあるレストラン「Dinner by Heston Blumenthal(ディナー・バイ・ヘストン・ブルメンタル)」。最も人気のあるメニューは、”マンダリン・ミート。フルーツ”というチキン・レバーをマンダリン・オレンジのゼリーに包まれたもので、中世のイギリスの代表的な料理。イギリスのごはんはまずい!!という固定概念を覆すほどの味が魅力。

TOP8 Arzak(アルザック)/スペイン

創業1989年とスペインの老舗レストランとして知られている「Arzak(アルザック)」。

革新的な料理クリエイターとして世界的に有名な”フアン・マリ・アルザック”氏がオーナー兼シェフを務めている。

ミシュランで3ツ星を獲得。

TOP7 Alinea(アリネア)/シカゴ

シカゴで唯一ミシュラン3ツ星を獲得しているレストラン「Alinea(アリネア)」。

ユニークで来店客を驚かせるプレゼンテ―ションで有名で、見た目の芸術性と味にこだわった料理が魅力の一つ。

食材の可能性を最大限に広げた取り組みは、レストラン誌から”未来のレストランのブループリント”と評されている。

TOP6 Per Se(パー・セ)/ニューヨーク

ニューヨーク・マンハッタンのタイム・ワーナー・センター内にあるレストラン「Per Se(パー・セ)」。

店内には16テーブルしかなく、1晩1回転しかさせないポリシーが特徴的。

フード、ワイン、サービス全てにおいてハイ・スタンダードを追究しており、北米No.1のレストランに選ばれている。

TOP5 Osteria Francescana(オステリア・フランチェスカーナ)/イタリア

世界的に知名度はあるレストランだが、実際は小さなカジュアルレストランで、軽装で訪れ、シェフやスタッフとコミュニケーションを楽しみながら料理を味わえる「Osteria Francescana(オステリア・フランチェスカーナ)」。クラシックとコンテンポラリーが微妙なバランスを見せる料理が特徴的で、シンプルで斬新、それでいて複雑なテイストを併せ持った料理は評価が高い。

TOP4 D.O.M.(ディー・オー・エム)/サンパウロ

レストラン誌で”南米No.1のレストラン”と称されているブラジル・サンパウロにある「D.O.M.(ディー・オー・エム)」。

シェフの”アレックス・アターラ”氏は、フランス料理の背景がありながらも、このレストランで見られるのはアマゾン地方で採れる変わった食材を生かしたブラジル料理。アマゾンとヨーロッパの高級料理が融合した”ミラクル・キュジーヌ”とまで言われています。

イギリスの記事を見る

イギリスの絶景・秘境はここにあった!「スカイ島」で見たい断崖絶壁に妖精のプール
映画「ハリーポッター」のロケ地・撮影場所はここ!
ロンドンの中心にそびえ立つ司法の殿堂「王立裁判所」
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
ファンなら訪れたい!往年の歴史をまとめた聖地「ビートルズ・ストーリー」
カリブ海の美しいビーチ『タークスカイコス諸島』の魅力
ロンドンから日帰りで楽しむ!おすすめ観光スポット7選
本当に人が埋葬されているの?イギリスの世界遺産「ウェストミンスター寺院」まとめ
ここは夢の中?!コッツウォルズ地方の可愛らしい町・村を訪ねて
イギリス観光なら次はここ!「チェスター」で行きたい観光スポット10選
伝説の巨人が歩いた六角形の柱が連なる奇岩『ジャイアンツ・コーズウェイ』
本当は凄い「ロンドン塔」イギリスの世界遺産の歴史、見どころまとめ

おすすめ記事を見る