聞いたことあるけど知らない…「ボスニア・フェルツェゴビナ」のサラエボってどんな街なの?

サラエボは、東ヨーロッパの共和制国家ボスニア・フェルツェゴビナの首都です。深い森林におおわれた丘と山に囲まれているサラエボの街。急な斜面の通りや、高い丘に立ち並ぶ建物などにその特徴を見ることが出来ます。サラエボは、オスマン帝国とオーストリア=ハンガリー帝国の交易の拠点だったため、東西それぞれの帝国の影響を強く受けています。イスラム圏とヨーロッパ文化が入り混じる、ヨーロッパ一エキゾチックな街サラエボで見るべき観光スポットをご紹介しましょう。

赤レンガの街並み

赤レンガの街並み
サラエボは、多民族国家ボスニア・フェルツェゴビナで最も人口が多い都市。
大聖堂、モスクなど、異なる宗教が共存しているエキゾチックな街並みが魅力です。
多くの文化施設が残る赤レンガの街並みが特徴的で、丘陵地に家々が並ぶ景観は、ひときわ目を引くものでしょう。






トルコを思わせる旧市街、バシュチャルシア

トルコを思わせる旧市街、バシュチャルシア
バシュチャルシアは、サラエボの旧市街のメインストリート。
古い街並みの中にモスク、教会などが立ち並び、レストランや土産物屋が軒を連ねています。
有名な場所は、中心部にあるセビリと呼ばれる水飲み場で、いつもたくさんの鳩がいるサラエボのシンボル。
また、ガジ・フスレフ・ベイ・モスクは最も格式があり、重要な礼拝所となっています。
エキゾチックな多民族国家ボスニア・フェルツェゴビナを象徴する景観と言えるでしょう。
次のページでは『サラエボ事件の舞台、ラテン橋』を掲載!
次のページを読む >>