マニアックなドイツ旅行に憧れる…「マインツ」で見るべき観光スポット5選

ドイツ南西部・ラインラント=プファルツ州に属する人口約20万7000人の街マインツ。周辺に川が多く河川交通の中心地となっている街であり、最近では日本人選手が所属するサッカークラブ「1.FSVマインツ05」の存在でも有名となっています。今回はそんなのどかな地方都市・マインツで見ておきたい観光スポットを紹介します。

マインツ最大の観光スポット・マインツ大聖堂

マインツ最大の観光スポット・マインツ大聖堂
マインツの旧市街・マルクト広場にあるロマネスク様式の大聖堂。
975年に着工しましたが1009年の火災により建設が一時中断、1036年に完成しました。
ドイツ国内ではケルン、トリーアと並ぶ3大大聖堂に数えられ、赤レンガ調の外観が存在感を出しています。
内部は白壁を基調とするシンプルな造りですが、彫刻やステンドグラスなどの装飾品は揃っており、見ごたえは十分にあるでしょう。

一般的なツアーで訪れることはないかと思いますが、この大司教がいたカトリックの重要な大聖堂は個人旅行でじっくりと訪れていただきたいですね。
ここでのお勧めはブルーグレイのシックなステンドグラスです。
ステンドグラスというと中世のガラス製法の技術のためか結構どぎつい原色を使っているイメージですが、こちらのステンドグラスは本当にシックで見とれてしまいました。
おすすめです。
4travel.jpより







マインツ大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 マインツ大聖堂
住所 Markt 10, 55116 Mainz
営業時間・開場時間 現地時間9:00-18:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.mainz-dom.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マインツ大聖堂のスポットページ

印刷の歴史がここに・グーテンベルク博物館

印刷の歴史がここに・グーテンベルク博物館
印刷技術の発明者として知られるヨハネス・グーテンベルクの博物館で、世界最古の印刷博物館の1つ。
館内には印刷物の歴史など文字や本に関する展示がされていますが、最大の見所は「グーテンベルク聖書」。
大半のページが42行の行組みで構成される「四十二行聖書」とも言われている貴重な資料です。
また管内ではグーテンベルクが活躍した時代の印刷技術の実演もあり、現代の技術と比較してみれば面白いでしょう。

マインツはルネサンスの3大発明の1つである活版印刷を発明したグーテンベルクの生誕地である。
グーテンベルク博物館では、グーテンベルク自らが印刷した世界最古の活版印刷である聖書など、また興味深いことに日本の浮世絵のコレクションや浮世絵の作り方などが解説され展示されている。
確かに浮世絵は「印刷技術」の作り出した芸術である、と言うことか。
4travel.jpより

Gutenberg Museum Mainzの住所・アクセスや営業時間など

名称 Gutenberg Museum Mainz
住所 Liebfrauenplatz 5、55116 Mainz
営業時間・開場時間 現地時間9:00-17:00
利用料金や入場料 大人:5.00ユーロ、 子供:2.00ユーロ、 シニア:3.00ユーロ、 団体:3.50ユーロ こども:18歳以下(7歳以下無料)。シニア:63歳以上。団体:10名以上。
参考サイト http://www.gutenberg-museum.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Gutenberg Museum Mainzのスポットページ

シャガールのステンドグラスは必見・聖シュテファン教会

シャガールのステンドグラスは必見・聖シュテファン教会
マインツ中央駅から徒歩15分の場所にあるカトリック教会。
990年に建設された歴史ある教会で、神聖ローマ皇帝・オットー2世皇后のために建設されたと伝えられています。
見どころはフランスの画家マルク・シャガールが手掛けたステンドグラスで、直線を使わない柔らかなデザインが特徴的。
ドイツの教会で彼のステンドグラスを見られるのはここだけであり、国内外の観光客が多く訪れているようです。
次のページでは『現在は州議会本会議場・ドイツハウス・マインツ』を掲載!
次のページを読む >>