悲劇のロシア皇帝の舞台「血の上の救世主教会」

世界一大きな国であるロシアには、自然や歴史ある建物が数え切れないほど点在しますが、その中でも観光客に大人気の都市としてサンクトペテルブルクが挙げられます。もちろんこの都市にはエルミタージュ美術館といった多くの観光スポットがありますが、今回は恐ろしい名前である「血の上の救世主教会」について紹介します。

正式名称は「ハリストス復活大聖堂」

正式名称は「ハリストス復活大聖堂」
建物名からしてとても興味をそそられる「血の上の救世主教会」は1907年に完成したサンクトペテルブルクの教会であり、正式名称は「ハリストス復活大聖堂」と名付けられています。

Спас-на-Кровиの住所・アクセスや営業時間など

名称 Спас-на-Крови
住所 St. Petersburg, Griboedov emb, 2, Russia
営業時間・開場時間 5月1日-9月15日10:00-18:00、18:15-23:00、9月16日-4月30日11:00-19:00 休業日水曜日
利用料金や入場料 大人250ルーブル 7歳-15歳50ルーブル
参考サイト http://www.cathedral.ru/spasa_na_krovi
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Спас-на-Кровиのスポットページ

全ては皇帝の悲劇から

全ては皇帝の悲劇から
では何故「血の上の救世主教会」という別名が付けられたのでしょうか。
それは、1881年に皇帝であったアレクサンドル2世がテロリストが投げた手榴弾によって爆殺されるという悲劇が起き、次の皇帝が2世を追悼する意味を込めて事件現場に教会を立てたからです。

ロシアらしいカラフルな外観

ロシアらしいカラフルな外観
ロシアといった東欧の教会はフランスやスペインといった西欧の教会と比べて、形が個性的でカラフルな外観となっています。
理由としてはキリスト教における派閥が異なっているためであり、写真のような外壁の絵画も貴重に保護されています。

天井に広がる宗教画

天井に広がる宗教画
内部に入ると、天井や壁にぎっしりと新約と旧約の聖書における話の宗教画が描かれています。
キリスト教について知らない人であっても、圧巻の内部は言葉で言い合わすことができないでしょう。







豪華絢爛な祭壇

豪華絢爛な祭壇
内部をさらに進むと、豪華絢爛な輝く祭壇を見ることができます。
天井と同じガラスを埋め込んで描くモザイク画や祭壇中法の細かな装飾や彫刻は目を見張る芸術の高さがうかがえます。

非常に多いサンクトペテルブルクの世界遺産

非常に多いサンクトペテルブルクの世界遺産
血の上の救世主教会はサンクトペテルブルク歴史地区の1つとして世界遺産に認定されています。
元々サンクトペテルブルク歴史地区の世界遺産は非常に多く、是非周辺の教会も回って比較してみるのもおすすめです。

船に乗って眺めるのもおすすめ

船に乗って眺めるのもおすすめ
教会の横には川が流れており、この教会も含めたサンクトペテルブルクの名所を観光するクルーズツアーは多くの観光客に大人気です。
足で訪れるのもいいですが、船に乗って眺めるのも新たな発見があって楽しめるでしょう。
次のページでは『落ち着いて見るなら夜を狙え』を掲載!
次のページを読む >>
Manila

Writer:

大学生。音楽と美味しいものが好き。いつかは世界一周のグルメ一人旅をしてみたいと思っています。

この記事のカテゴリ

ヨーロッパ
ロシア
建築
絶景

関連記事を見る

ヨーロッパの記事を見る

神戸・三宮デートでイタリアンならここ!予約推奨&記念日対応OKなイタ飯レストランランキングTOP7
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコース3選【ローマ在住15年超の筆者が伝授!】
絶対行きたい!「麗しきヨーロッパの古城・宮殿」選りすぐり9選!
どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
北欧の大国スウェーデンで出会う歴史ある重厚な建造物たち
スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」